手荷物の中が立体映像に 成田空港で最新保安検査の実験

航空機こうくうきまえおこなわれる保安ほあん検査けんさで、機内きない手荷物てにもつ中身なかみ立体的りったいてきうつして危険物きけんぶつがないかを確認かくにんできる最新さいしん機器きき実証じっしょう実験じっけんが、国内こくないでははじめて成田空港なりたくうこうはじまりました。


手荷物の中が立体映像に 成田空港で最新保安検査の実験

実証じっしょう実験じっけんは、東京とうきょうオリンピック・パラリンピックにけて保安ほあん検査けんさ強化きょうかしようと、成田空港なりたくうこう会社がいしゃなどがおこなうものです。

15にちは、検査けんさじょう設置せっちされたあたらしい機器きき使つかって実際じっさい国際線こくさいせん利用者りようしゃ手荷物てにもつ調しらべ、空港くうこう会社がいしゃ関係者かんけいしゃなどが映像えいぞう鮮明せんめいかどうかやトラブルがないかをたしかめていました。

空港くうこう会社がいしゃによりますとこの機器きき手荷物てにもつ中身なかみ立体的りったいてきうつすことができるため、以前いぜんより刃物はものなどの危険物きけんぶつつけやすくなるほか、爆発物ばくはつぶつなどがあれば自動的じどうてき検知けんちすることもできるということです。

また、この機器ききに、再検査さいけんさ必要ひつようもの自動的じどうてきけるレーンをわせて、保安ほあん検査けんさにかかる時間じかん短縮たんしゅくできるかも確認かくにんするとしています。

こうした機器きき実証じっしょう実験じっけんおこなわれるのは国内こくないでははじめてだということで、成田空港なりたくうこう会社がいしゃ保安ほあん警備けいび阿知波あちわ剛司たかしマネージャーは「航空機こうくうき安全あんぜんまもれるよう保安ほあん検査けんさ高度化こうどか効率化こうりつかすすめていきたい」とはなしていました。

成田空港なりたくうこうではことし4月下旬がつげじゅんまでに同様どうよう性能せいのうがあるべつの2つの機器ききについても実証じっしょう実験じっけんおこなわれ、本格的ほんかくてき導入どうにゅうけた検討けんとうすすめられることになっています。

関連かんれんニュース

成田空港なりたくうこう 出国しゅっこく今月こんげつ29にち 入国にゅうこく来月らいげつにちがピークに

年末ねんまつ年始ねんし 成田なりた国際線こくさいせん利用者りようしゃ114万人まんにん 前年比ぜんねんひ5%ぞう

妊婦にんぷ乗客じょうきゃくをLINEでむす地下鉄ちかてつ座席ざせきゆず実験じっけん

小型こがたドローンで地下ちかのインフラ点検てんけん実験じっけん

イージー・ニュース

成田空港なりたくうこう きゃく荷物にもつなか立体的りったいてき機械きかい実験じっけん