ハリセンボンが海岸かいがん大量死たいりょうし さむさで活動かつどうにぶったか

2018ねん02がつ14にち 1913ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

福岡市ふくおかしとなり糸島いとしまにかけての海岸かいがんで、フグの仲間なかまのハリセンボンが大量たいりょうげられているのがつかりました。専門家せんもんかは「きのうまでのさむさで活動かつどうにぶり、げられたのではないか」とはなしています。

大量たいりょうのハリセンボンがつかったのは、福岡市ふくおかし西区にしくからとなり糸島いとしま二見ふたみうらにかけての海岸かいがんで、砂浜すなはまうえ点々てんてんげられてんでいるのが確認かくにんされました。

福岡県ふくおかけん水産すいさん海洋かいよう技術ぎじゅつセンターによりますと、ハリセンボンは温暖おんだんうみ生息せいそくしていて、これまでもふゆ大量たいりょうげられたことがあるということです。

センターの濱田はまだ弘之ひろゆき研究部けんきゅうぶちょうは「福岡市ふくおかしおき玄界灘げんかいなだではすうねんに1ふゆ、ハリセンボンの大群たいぐんあつまることがあり、きのうまでのさむさで活動かつどうにぶげられたのではないか」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。