ハリセンボンが海岸で大量死  寒さで活動鈍ったか

福岡市ふくおかしとなり糸島いとしまにかけての海岸かいがんで、フグの仲間なかまのハリセンボンが大量たいりょうげられているのがつかりました。専門家せんもんかは「きのうまでのさむさで活動かつどうにぶり、げられたのではないか」とはなしています。


大量たいりょうのハリセンボンがつかったのは、福岡市ふくおかし西区にしくからとなり糸島いとしま二見ふたみうらにかけての海岸かいがんで、砂浜すなはまうえ点々てんてんげられてんでいるのが確認かくにんされました。

福岡県ふくおかけん水産すいさん海洋かいよう技術ぎじゅつセンターによりますと、ハリセンボンは温暖おんだんうみ生息せいそくしていて、これまでもふゆ大量たいりょうげられたことがあるということです。

センターの濱田はまだ弘之ひろゆき研究部けんきゅうぶちょうは「福岡市ふくおかしおき玄界灘げんかいなだではすうねんに1ふゆ、ハリセンボンの大群たいぐんあつまることがあり、きのうまでのさむさで活動かつどうにぶげられたのではないか」とはなしています。

関連かんれんニュース

イプシロン3号機ごうき 成功せいこう

世界せかい最小さいしょうクラス ミニロケット成功せいこう

スペースX 現存げんぞん最大さいだい能力のうりょくのロケットげに成功せいこう

金井かない宣茂のりしげさん搭乗とうじょうの「ソユーズ」成功せいこう

イージー・ニュース

福岡県ふくおかけん海岸かいがんさかながたくさんんでいた さむさが原因げんいん