子どもの運動能力 女子は4年連続上昇 男子は横ばい

スポーツちょう全国ぜんこく小中学生しょうちゅうがくせい対象たいしょうおこなっている体力たいりょく運動うんどう能力のうりょく調査ちょうさで、女子じょしは50メートルばしり反復はんぷく横跳よことびなど各種目かくしゅもく合計点ごうけいてんが4ねん連続れんぞく上昇じょうしょうしこれまででもっとたかくなりました。


この調査ちょうさは、全国ぜんこく小学しょうがく年生ねんせい中学ちゅうがく年生ねんせい対象たいしょう平成へいせい20年度ねんどからおこなわれていて、今年度こんねんど平成へいせい29年度ねんどは、221万人まんにんあまりが参加さんかしました。

調査ちょうさは8つの項目こうもくおこなわれ、男子だんし平均値へいきんちでは、中学生ちゅうがくせいの50メートルばしりで8びょう00と、これまででもっとはやかったものの、中学生ちゅうがくせいのハンドボールげは20メートル50センチでもっとみじかくなり、全種目ぜんしゅもく合計点ごうけいてんると小中学生しょうちゅうがくせいともによこばいでした。

一方いっぽう女子じょし小中学生しょうちゅうがくせいともに合計点ごうけいてんが4ねん連続れんぞく上昇じょうしょうし、これまででもっとたかくなりました。
このうち、められた時間内じかんないに20メートルばしり何本なんぼんはしれるかを調しらべる「20メートルシャトルラン」では、小学生しょうがくせい平成へいせい20年度ねんどより2.9かいえ41.6かい中学生ちゅうがくせいでは2.5かいえ58.8かいでした。このほか反復はんぷく横跳よことびや50メートルばしりなどの種目しゅもくでも、もっとたか数値すうちになりました。

また、1週間しゅうかん授業じゅぎょう以外いがいでの運動うんどう時間じかん調しらべたところ、1時間じかん未満みまん女子じょし割合わりあいは、平成へいせい20年度ねんどくらべて小中学生しょうちゅうがくせいともに10ポイントあまり、小学生しょうがくせいは11.6%、中学生ちゅうがくせいで19.4%でした。

一方いっぽうで、ボールげや握力あくりょくなどの数値すうちをピークだったころの昭和しょうわ60年度ねんどくらべると、小中学生しょうちゅうがくせい半数はんすう以上いじょう下回したまわっており、スポーツちょうは、「学校がっこう現場げんばでは、運動うんどうたのしむ気持きもちをはぐくむことを大前提だいぜんていに、1にんにん着目ちゃくもくした対応たいおうおこない、体力たいりょく向上こうじょう運動うんどう習慣しゅうかんにつなげたい」としています。

イージー・ニュース

どもの運動うんどう能力のうりょく おんなは4ねんつづけてがる