高木たかぎ美帆みほぎんメダルめだる スピードスケート女子じょし1500m

2018ねん02がつ12にち 2251ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

ピョンチャンオリンピック、スピードスケートの女子じょし1500メートルがおこなわれ、高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅぎんメダルめだる獲得かくとくしました。オリンピックのスピードスケートの個人こじん種目しゅもく日本にっぽん女子じょし選手せんしゅぎんメダルめだる獲得かくとくするのははじめてです。

女子じょし1500メートルをもっと得意とくいとしている高木たかぎ選手せんしゅは、いまシーズン、ワールドカップでけなしの4連勝れんしょう日本にっぽん記録きろくも2かい更新こうしんするなど結果けっかのこして大会たいかいのぞみました。

高木たかぎ選手せんしゅはレース序盤じょばんおな最終組さいしゅうくみ滑走かっそうしたこの種目しゅもく世界せかい記録きろく保持者ほじしゃ、アメリカのヘザー・ベルフスマ選手せんしゅからおくれてはいったものの、つかれが後半こうはんあじねばづよさを発揮はっきしました。終盤しゅうばん、ペースをおおきくとさなかった高木たかぎ選手せんしゅはラスト1しゅうまえにベルフスマ選手せんしゅ逆転ぎゃくてんして1ふん54びょう55のタイムでフィニッシュしました。

この結果けっか高木たかぎ選手せんしゅはトップの選手せんしゅに、0びょうおよばなかったものの、オリンピックのスピードスケートの個人こじん種目しゅもくでは日本にっぽん女子じょしとしてははつとなるぎんメダルめだる獲得かくとくしました。

このほかの日本勢にほんぜいでは、500メートルと1000メートルできんメダルめだる獲得かくとく期待きたいされている小平こだいら奈緒なお選手せんしゅが6入賞にゅうしょう菊池きくち彩花あやか選手せんしゅが16でした。

この種目しゅもくきんメダルめだるはオランダのイレーン・ビュスト選手せんしゅが2大会たいかいぶりの獲得かくとくどうメダルめだるおなじくオランダのマリット・レーンストラ選手せんしゅでした。

高木たかぎぎんメダルめだるほこりにおもう」

高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅはレース直後ちょくごにガッツポーズをせたあと、コーチとってなみだせていました。

高木たかぎ選手せんしゅはインタビューで、「きんメダルめだるのがしたけど、ここでさなきゃどこですという気持きもちでガッツポーズをしました。もうすこしのところできんメダルめだるれなかったことはくやしい。ただ、4年前ねんまえはここまでることを想像そうぞうできていなかったし、これまでいろいろなほうささえていただいたので、こみげてくる気持きもちがあった」とかえりました。

そのうえで、「ぎんメダルめだるほこりにおもう。ここまでることができた自分じぶん自信じしんちたいし、大会たいかいわっていないので1000メートルと団体だんたいパシュートではこれ以上いじょうのレースができるように準備じゅんびしたい」と意気込いきごみました。

ソチ大会たいかい代表だいひょうれず「覚悟かくごめた」

高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅ北海道ほっかいどう出身しゅっしんの23さい日本にっぽん女子じょしなか長距離ちょうきょりのエースです。

はじめてオリンピックに出場しゅつじょうした2010ねんのバンクーバー大会たいかいでは1000メートルで35、1500メートルは23でしたが、日本にっぽんのスピードスケート史上しじょう最年少さいねんしょうの15さい中学生ちゅうがくせいでの出場しゅつじょう注目ちゅうもくあつめました。
そのなやみ、前回ぜんかいのソチ大会たいかい代表だいひょうえらばれませんでしたが、そのときくやしさから「覚悟かくごめた」とスケートに集中しゅうちゅうして意識いしきわり、日本にっぽんスケート連盟れんめい国内こくないのトップ選手せんしゅあつめて年間ねんかん300にち以上いじょう強化きょうかトレーニングをおこなうナショナルチームで、本場ほんばオランダおらんだじんコーチのもと、すべりに必要ひつよう体力たいりょく技術ぎじゅつ向上こうじょうはかってきました。

いまシーズンは、ワールドカップで、オリンピックで出場しゅつじょう予定よていの1000メートル、1500メートル、3000メートル、それに女子じょし団体だんたいパシュートの4種目しゅもくでいずれも世界せかいトップレベルの成績せいせきのこしていて、このうち、もっと得意とくいとする1500メートルでは、いまシーズン、4せん全勝ぜんしょうで、日本にっぽん記録きろくを2かい更新こうしんしています。

中学生ちゅうがくせいときからやわらかいひざうごきでちから効率的こうりつてきこおりつたえる技術ぎじゅつ定評ていひょうがありましたが、さらにナショナルチームで筋力きんりょくなどをきたえた結果けっか、スピードと持久力じきゅうりょく双方そうほうもとめられる1500メートルで最後さいごまで安定あんていしたラップをきざめるすべりで世界せかいたたかってきました。

スピードスケート個人こじん種目しゅもくでのぎん史上初しじょうはつ

スピードスケートの個人こじん種目しゅもく日本にっぽん女子じょしがメダルを獲得かくとくしたのは1998ねん長野ながの大会たいかい岡崎おかざき朋美ともみさん以来いらい、5大会たいかいぶりで、ぎんメダルめだる史上しじょうはじめてです。

スピードスケートの日本にっぽん女子じょし最初さいしょのメダルは1992ねんアルベールビル大会たいかいの1500メートルで橋本はしもと聖子せいこさんが獲得かくとくしたどうメダルめだるでした。つづく1994ねんリレハンメル大会たいかいでは5000メートルで山本やまもと宏美ひろみさんがどうメダルめだる、4年後ねんご長野ながの大会たいかいでは500メートルで岡崎おかざき朋美ともみさんがどうメダルめだる獲得かくとくしました。

スピードスケート女子じょし個人こじん種目しゅもくでの日本勢にほんぜいのメダルはこのとき以来いらい、5大会たいかいぶりで、ぎんメダルめだる今回こんかい高木たかぎ選手せんしゅはじめてです。女子じょし団体だんたいパシュートでは2010ねんのバンクーバー大会たいかいで、日本にっぽんぎんメダルめだる獲得かくとくしています。

小平こだいらいてすべること意識いしき

女子じょし1500メートルで6入賞にゅうしょうした小平こだいら奈緒なお選手せんしゅは「1500メートルのレース経験けいけんすくないが、こおり会話かいわして、こおりとけんかしないようにいてすべることを意識いしきした。初戦しょせんだったが低地ていちリンクでの自己じこベストをせた」とかえりました。そのうえで、「つづく1000メートルと500メートルはより自分じぶん得意とくいなスピードをかんじられるレースになるとおもう。しっかりと自分じぶんらしいレースをしたい」と意気込いきごんでいました。

菊池きくち「けがをえ もう一度いちどチャレンジできてよかった」

回目かいめのオリンピック出場しゅつじょうでスピードスケート、女子じょし1500メートルで16だった菊池きくち彩花あやか選手せんしゅはおととし、練習中れんしゅうちゅうにほかの選手せんしゅ接触せっしょくしてスケートの足首あしくび全治ぜんち3かげつのけがをってさくシーズンしーずんはレースに出場しゅつじょうすることができませんでした。

菊池きくち選手せんしゅは「メダルにはとどかなかったし目標もくひょうとしていた入賞にゅうしょうにもほどとおかったが、けがをえてオリンピックにもう一度いちどチャレンジできてよかった。たくさんのひとささえられて全力ぜんりょくすべることができた」とはなしました。そして、今後こんご女子じょし団体だんたいパシュートにけて「日本にっぽんチームが一丸いちがんとなってしっかり頂点ちょうてん目指めざして頑張がんばりたい」とはなしていました。

大学だいがく時代じだい恩師おんし「プレッシャーのなかでのぎんメダルめだる価値かち

高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅ大学だいがく時代じだい指導しどうした青柳あおやぎとおるさんは、「プレッシャーがかかるなかちからってぎんメダルめだる獲得かくとくしたことに価値かちがある。きんメダルめだる獲得かくとくできなかったが本当ほんとうによいレースだった」と高木たかぎ選手せんしゅをたたえました。

一方いっぽうきんメダルめだるをとれなかった理由りゆうについては「高木たかぎ選手せんしゅは1かいフライングしたあと、2回目かいめのスタートですこしこおりをうまくとらえられなかった。優勝ゆうしょうしたオランダのビュスト選手せんしゅとはラップタイムはほとんどおなじだったので、スタートでた」と分析ぶんせきしました。

そして14にちおこなわれる女子じょし1000メートルにけては「高木たかぎ選手せんしゅはレースきんメダルめだるれずくやしいとっていたがその気持きもちが大切たいせつで、期待きたいできる。小平こだいら奈緒なお選手せんしゅ一緒いっしょ表彰台ひょうしょうだいがってほしい」とエールをおくっていました。

日本にっぽんスケート連盟れんめい 橋本はしもと聖子せいこ会長かいちょうよろこびと感謝かんしゃ

1992ねんのアルベールビルオリンピックでおな種目しゅもくどうメダルめだる獲得かくとくした日本にっぽんスケート連盟れんめい橋本はしもと聖子せいこ会長かいちょうは「よろこびと感謝かんしゃ気持きもちでいっぱいです。きんメダルめだる獲得かくとくしになりましたが、つぎ期待きたいしています」とコメントしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。