人気にんき漫画まんが雑誌ざっしなどをインターネットで無断むだん公開こうかいしている、「海賊版かいぞくばんサイト」の利用りようわか世代せだい中心ちゅうしんひろがっているとして、漫画家まんがかつく団体だんたいがこうしたサイトを利用りようしないようびかける異例いれい声明せいめいをまとめました。


国内こくない漫画家まんがかつく日本にっぽん漫画家まんがか協会きょうかいなどによりますと、漫画まんが雑誌ざっしをネットじょう無断むだん公開こうかいしている海賊版かいぞくばんサイトの利用りようわか世代せだい中心ちゅうしんに、去年きょねんあきごろから急増きゅうぞうしているということです。

協会きょうかい事態じたい深刻しんこくめ、そうした海賊版かいぞくばんサイトを利用りようしないよう読者どくしゃびかける異例いれい声明せいめいをまとめました。

声明せいめいでは、漫画まんが創作そうさくする過程かていくわわっていない海賊版かいぞくばんサイトの運営者うんえいしゃ利益りえきている現状げんじょうがあるとしたうえで、このままの状態じょうたいつづくと、作品さくひんつくつづけられなくなり、日本にっぽん文化ぶんかほろびてしまうとつよ危機感ききかんしめしています。

協会きょうかいでは、声明文せいめいぶんちかくホームページに掲載けいさいし、読者どくしゃへの啓発けいはつ活動かつどうすすめることにしています。

声明せいめいをまとめた日本にっぽん漫画家まんがか協会きょうかい理事長りじちょう漫画家まんがかのちばてつやさんは「漫画家まんがかは、自分じぶんたちの努力どりょくしてつくったものがたくさんのひとまれるのはとてもうれしいが、そこになに対価たいかまれないと生活せいかつができなくなってしまう。雑誌ざっし単行本たんこうぼんれないと、連載れんさいつづかなくなる。このままだとせっかくいい才能さいのうったわか作家さっかそだたないことにづいてほしい」とはなしていました。


被害ひがいひろがりの懸念けねん

漫画まんがをネットでむことができる電子でんしコミックをめぐっては、有料ゆうりょうサービスなどの正規せいき市場しじょうがここすうねん急速きゅうそく成長せいちょうしていて、出版しゅっぱん科学かがく研究所けんきゅうじょによりますと、去年きょねん国内こくないでのげが1711億円おくえんのぼっています。

その一方いっぽうで、経済産業省けいざいさんぎょうしょう平成へいせい26ねんにまとめた報告書ほうこくしょによりますと海賊版かいぞくばんによる被害ひがいは500億円おくえんのぼると推計すいけいされ、被害ひがい深刻化しんこくか懸念けねんされています。


専門家せんもんか悪質あくしつサイトは閲覧えつらんできない規制きせいを」

文化庁ぶんかちょう審議会しんぎかい委員いいんで、著作権ちょさくけんくわしい大阪大学おおさかだいがく大学院だいがくいん高等こうとう司法しほう研究科けんきゅうか茶園ちゃえん成樹しげき教授きょうじゅによりますと、漫画まんが無断むだんでコピーしてインターネットに投稿とうこうすることは著作権ちょさくけん侵害しんがい違法いほうだということですが、海外かいがいのサーバーに投稿とうこうされていると規制きせいむずかしいうえ削除さくじょもうれてもおうじないこともおおいということです。

これについて茶園ちゃえん教授きょうじゅは、「表現ひょうげん自由じゆう配慮はいりょする必要ひつようはあるが、海賊版かいぞくばんしか掲載けいさいしていないような悪質あくしつなサイトにかぎっては日本にっぽんから閲覧えつらんできないようにする『ブロッキング』を導入どうにゅうするなど規制きせいすべきではないか」と指摘してきしています。

そのうえで茶園ちゃえん教授きょうじゅは「海賊版かいぞくばんをなくす特効薬とっこうやくはないので、学校がっこうなどで海賊版かいぞくばんサイトを利用りようしないよう啓発けいはつする教育きょういくすすめる必要ひつようがある。また、出版社しゅっぱんしゃがわ利用者りようしゃ適正てきせい漫画まんがんでもらえるようにあらたなビジネスモデルを構築こうちくしていくことがもとめられる」とはなしています。

関連かんれんニュース

米国べいこくはつ“ユニコーン”上陸じょうりく