対戦たいせんがたゲーム競技きょうぎ「eスポーツ」 プロ資格しかく獲得かくとくけたはつ大会たいかい

2018ねん02がつ10にち 1923ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

対戦たいせんがたのコンピューターゲームを競技きょうぎとしておこなう「eスポーツ」で、10にちからプロ選手せんしゅのライセンス制度せいどはじまり、プロ資格しかく獲得かくとくけたはじめての大会たいかいひらかれました。

「eスポーツ」は、欧米おうべい韓国かんこく中国ちゅうごくなど世界せかい各地かくちさかんで、高額こうがく賞金しょうきんけた大会たいかいひらかれています。

日本にっぽんでも「eスポーツ」を普及ふきゅうしていこうと、10にちからプロ選手せんしゅのライセンス制度せいどはじまりました。千葉市ちばし会場かいじょうにはプロを目指めざ若者わかものなどが大勢おおぜいあつまり、家庭用かていようゲームげーむでの格闘かくとうゲームや、スマートフォンようのパズルゲームでうできそいました。

プロのライセンスは、大会たいかい優秀ゆうしゅう成績せいせきげたひと発行はっこうされることになっていて、優勝ゆうしょうした大学生だいがくせい男性だんせいは「プロぷろでeスポーツの認知にんちひろがり、イメージがわればうれしい。きなゲームをもっと練習れんしゅうしてうでをあげたい」とはなしていました。

会場かいじょうでは、過去かこ実績じっせきからすでにプロの資格しかくち、10にち正式せいしきにライセンスが発行はっこうされたプロ選手せんしゅどうしの大会たいかいひらかれ、総額そうがく1000まんえん賞金しょうきんをかけたシューティングゲームで熱戦ねっせんひろげていました。

プロライセンス制度せいど運営うんえい管理かんりする「日本にっぽんeスポーツ連合れんごう」の浜村はまむら弘一こういち副会長ふくかいちょうは「eスポーツでおくれていた日本にっぽんもプロライセンスの制度せいどがようやくうごきだした。選手せんしゅ育成いくせいする環境かんきょうととのい、アジアあじあ大会たいかいなどの国際こくさい大会たいかいてる選手せんしゅれば、認知にんちひろがり、ソフト販売はんばいだけに依存いぞんしていたゲーム産業さんぎょう構造こうぞうわっていく」とはなしていました。

eスポーツとは

「eスポーツ」は、「エレクトロニック・スポーツ」のりゃくで、対戦たいせんがたのコンピューターゲームをスポーツの競技きょうぎとしておこないます。

欧米おうべい韓国かんこく中国ちゅうごくでは、高額こうがく賞金しょうきんがかかった大会たいかいひらかれ、プロの選手せんしゅ対戦たいせんを、おおきなスクリーンがもうけられた会場かいじょう応援おうえんしたり、インターネットをつうじて観戦かんせんしたりしてたのしむことができ、大会たいかい運営うんえいする会社かいしゃ入場料にゅうじょうりょう放映権ほうえいけんりょうなどの収入しゅうにゅうられます。

また、4ねんに1ひらかれるアジア最大さいだい規模きぼのスポーツの祭典さいてんアジアあじあ大会たいかい」では、ことしひらかれるインドネシア大会たいかい公開こうかい競技きょうぎに、2022ねん中国ちゅうごく杭州こうしゅう大会たいかいでは正式せいしき競技きょうぎ採用さいようされることがまっています。

オランダの調査会社ちょうさがいしゃ「ニューズー」は、eスポーツの世界せかい全体ぜんたいでの市場しじょう規模きぼがおととしはおよそ537億円おくえんのぼり、2020ねんにはおよそ1621億円おくえん拡大かくだいすると予測よそくしています。
さらに、ネットによる視聴者しちょうしゃふくめた観客かんきゃくかずは、2020ねんには、おととしの1.8ばいたる6億人おくにんちかくにびると予測よそくしています。

家庭用かていようゲームげーむはやくから普及ふきゅうした日本にっぽんのユーザーにとって、ゲームは、オンラインで不特定ふとくてい第三者だいさんしゃ対戦たいせんしてうでみがくというより、身近みぢか友達ともだち家族かぞくたのしむものととらえるひとおおいのが実情じつじょうです。

さらに、法律ほうりつ多額たがく賞金しょうきん大会たいかいひらきにくいこともあって、eスポーツは、なじみがうすいのが現状げんじょうです。

こうしたなか今月こんげつ、ゲームソフトメーカーなどでつくるあらたな団体だんたい日本にっぽんeスポーツ連合れんごう」が設立せつりつされ、プロの選手せんしゅとしての活動かつどうみとめられる基準きじゅんつくってライセンスを発行はっこうしたり、プロの選手せんしゅ参加さんかする大会たいかい開催かいさい公認こうにんしたりすることで、日本にっぽん本格的ほんかくてき普及ふきゅうさせる活動かつどうしました。

選手せんしゅにとっては、プロになれば、賞金しょうきんくわ企業きぎょうのサポートをけやすくなって、「eスポーツ」で生計せいけいてることも可能かのうになり、練習れんしゅう専念せんねんしさらにうでみがくことができるようになると期待きたいされています。

一方いっぽう、ゲーム業界ぎょうかいとしては「eスポーツ」のプロ選手せんしゅ誕生たんじょうして市場しじょう活性化かっせいかすれば、ソフト販売はんばいげだけでなく大会たいかい放映権ほうえいけんりょうやネット配信はいしん、グッズなどのげもめるとしています。

べい複数ふくすうのプロリーグ 五輪ごりん種目しゅもく検討けんとう

アメリカではeスポーツのプロリーグが複数ふくすうあり、調査会社ちょうさがいしゃによりますと、プロの選手せんしゅわせておよそ3000にんのぼります。eスポーツは有力ゆうりょく動画どうがコンテンツにもなりつつあります。アリーナにはインターネット中継ちゅうけいのため、放送局ほうそうきょく顔負かおまけの設備せつび用意よういされ、中継ちゅうけいよう解説者かいせつしゃせきまであります。

アメリカの調査会社ちょうさがいしゃ「アクティベート」は、インターネットなどをつうじた視聴者しちょうしゃすうがことし、NBA=プロバスケットボールにならび、2021ねんには野球やきゅうだいリーグりーぐくと予想よそうしています。IOC=国際こくさいオリンピック委員会いいんかいは、去年きょねん10がつ、「伝統的でんとうてきなスポーツ選手せんしゅ匹敵ひってきするくらいの準備じゅんびとトレーニングが必要ひつようだ」としてオリンピックの種目しゅもくにeスポーツの採用さいよう検討けんとうするかんがえをあきらかにしました。アメリカは、2028ねんにロサンゼルスでオリンピックをひかえており、関心かんしんたかまる一方いっぽうです。

eスポーツ選手せんしゅ入学にゅうがくうながすために奨学金しょうがくきん制度せいど用意よういしている大学だいがくえています。「全米ぜんべいeスポーツ大学だいがく連盟れんめい」によりますと、そのかず現在げんざい、50をえています。
このうち、カリフォルニア大学だいがくアーバインこうは、おととし、公立こうりつ大学だいがくとしてはじめて奨学金しょうがくきん制度せいどもうけました。eスポーツ所属しょぞくする14にん選手せんしゅ全員ぜんいん奨学金しょうがくきんっています。

ゲームの種類しゅるいによって5、6にんのチームでたたかうため、チームワークが重要じゅうよう全体ぜんたいでの練習れんしゅうおこないますが、じつは「きんトレとれ」もかせません。長時間ちょうじかん集中力しゅうちゅうりょくたもち、おもいどおりのゲーム操作そうさつづけるには体力たいりょくをつける必要ひつようがあるためで、きんトレとれ指導しどうする専門せんもんのトレーナーまで配属はいぞくされています。

大学だいがくのeスポーツ責任者せきにんしゃのマーク・デピさんは、「eスポーツに関心かんしんのあるひとをひきつけることができれば、将来しょうらいけてもっとも優秀ゆうしゅう学生がくせい有能ゆうのう選手せんしゅあつめて、他校たこうくら優位ゆうい立場たちばてる」とべ、eスポーツ重要性じゅうようせい強調きょうちょうしました。奨学金しょうがくきん原資げんし高速こうそく半導体はんどうたい画像がぞう処理しょり技術ぎじゅつ搭載とうさいした最新さいしんのパソコンを提供ていきょうしているのはアメリカのIT企業きぎょうです。アメリカでは、ゲーム開発かいはつ会社がいしゃ、スポンサー企業きぎょう大学だいがくまでもが一体いったいとなってeスポーツ人気にんきをもりてているのです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。