ジャマイカのボブスレー代表だいひょうチームに開発かいはつしたそり「下町したまちボブスレー」を提供ていきょうしている東京とうきょう 大田区おおたく町工場まちこうばのグループは、ジャマイカがわからピョンチャンオリンピックではこの「そり」を使つかわないという内容ないよう連絡れんらくがあったと発表はっぴょうしました。


下町したまちボブスレー」は、東京とうきょう 大田区おおたく中小ちゅうしょう零細れいさい企業きぎょうなどのグループが物作ものづくりの技術ぎじゅつ世界せかいにアピールしようと開発かいはつしたそりで、ジャマイカがわと、ピョンチャンオリンピックのボブスレーの代表だいひょうチームが採用さいようするという契約けいやくわしていました。

しかし、町工場まちこうばのグループは5にち記者会見きしゃかいけんし、ジャマイカがわからオリンピックで「下町したまちボブスレー」を使つかわないという内容ないよう連絡れんらくがあったと発表はっぴょうしました。

下町したまちボブスレー」のプロジェクトは、平成へいせい23ねんがり、これまでに日本にっぽん代表だいひょうチームから2不採用ふさいよう通知つうちけていて、オリンピックの大舞台だいぶたい悲願ひがんでした。

町工場まちこうばのグループでは、きゅうきょ使つかわれる可能性かのうせいまえて現地げんちでそりの調整ちょうせいつづけるということですが、そりが使つかわれない場合ばあいは、ジャマイカがわたいし、契約けいやくもとづいてそりの開発費かいはつひ輸送費ゆそうひ請求せいきゅうすることも検討けんとうしているとしています。

会見かいけんで、グループの責任者せきにんしゃつとめる細貝ほそがい淳一じゅんいちさんは「まだあきらめてはいないが率直そっちょく気持きもちでえば、かなしいという言葉ことばきる。オリンピックのゆめはこんなにむずかしいものなのだと実感じっかんしている」とべました。

関連かんれんニュース

国連こくれん ピョンチャン五輪ごりん停戦ていせん決議けつぎ採択さいたく

北朝鮮きたちょうせん ピョンチャン五輪ごりんに22にん選手せんしゅ派遣はけん

2022ねん北京ぺきん五輪ごりん・パラのエンブレム発表はっぴょう

IOC ロシア選手団せんしゅだん五輪ごりん出場しゅつじょうみとめず 個人こじん条件じょうけんつきで容認ようにん

ピョンチャン五輪ごりん選手村せんしゅむら開村かいそんしき 北朝鮮きたちょうせん国旗こっきかかげられる

イージー・ニュース

ジャマイカ「下町したまちボブスレーをオリンピックで使つかわない」