ジャンプ 葛西かさい韓国かんこくり「きんメダルめだるとりたい」

2018ねん02がつ05にち 1552ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

開幕かいまくまで4にちとなったピョンチャンオリンピックのまえに、スキージャンプ男子だんしの45さい葛西かさい紀明のりあき選手せんしゅが5にち韓国かんこくはいり、史上しじょう最多さいた回目かいめ出場しゅつじょうとなるふゆのオリンピックにけて「しっかり調整ちょうせいしてきんメダルめだるをとりたい」と意気込いきごみをはなしました。

葛西かさい選手せんしゅは、オリンピック初出場はつしゅつじょうだった1992ねんのアルベールビル大会たいかいから7大会たいかい連続れんぞく出場しゅつじょうし、今回こんかいふゆのオリンピックで史上しじょう最多さいたとなる8回目かいめ出場しゅつじょうとなります。

葛西かさい選手せんしゅは、ジャンプ男子だんしの4にん代表だいひょう選手せんしゅたちとともに5にちあさ北海道ほっかいどう出発しゅっぱつし、午後ごご韓国かんこくのインチョン(仁川いんちょん空港くうこう到着とうちゃくして報道陣ほうどうじん取材しゅざいおうじました。

このなかで、葛西かさい選手せんしゅは「とてもわくわくしている。8回目かいめのオリンピックはすごい記録きろくだとおもうが、試合しあいなくてははじまらない。しっかり調整ちょうせいしてきんメダルめだるをとりたい」と、意気込いきごみをはなしました。

開会式かいかいしき日本にっぽん選手団せんしゅだん旗手きしゅつとめることについては、「大役たいやくまかされたので、選手せんしゅたちが、試合しあい最高さいこうのパフォーマンスをせるよう、しっかりはたをふりたい」とはなし、きびしいさむさへの対策たいさくについては、「試合しあいではジャンプのあいだ一瞬いっしゅんなので、そんなににならないが、開会式かいかいしきがいちばんだとおもうので、ってきたカイロを体中からだじゅうってのぞみたい」とユーモアをまじえながらはなしていました。

葛西かさい選手せんしゅは、今大会こんたいかいまず、開会式かいかいしき前日ぜんじつおこなわれる男子だんしノーマルヒルの予選よせん出場しゅつじょうする予定よていです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。