立春りっしゅんの4にち、できあがったばかりの新酒しんしゅはるおとずれを実感じっかんしてもらおうと、埼玉県さいたまけん飯能市はんのうし酒造会社しゅぞうがいしゃ新酒しんしゅ出荷しゅっか作業さぎょうおこなわれました。


埼玉県さいたまけん飯能市はんのうし酒造会社しゅぞうがいしゃでは、立春りっしゅんには特別とくべつにできたてのさけをそののうちにきゃくとどけようと、午前ごぜん零時れいじから、新酒しんしゅびんれる作業さぎょうはじめました。

できたての日本酒にほんしゅびんには、「立春りっしゅんあさしぼり」とかれたラベルがられ、酒蔵さかぐらおとずれた地元じもと神社じんじゃ宮司ぐうじが、1年間ねんかん無病むびょう息災そくさい商売しょうばい繁盛はんじょうなどを祈願きがんしました。そして、箱詰はこづめされたおよそ7300ほん日本酒にほんしゅが、さっそくくるままれて店舗てんぽへとはこばれていきました。

できたての日本酒にほんしゅはフルーティーなかおりがつよく、はるおもわせるさわやかなあじわいだということです。酒造会社しゅぞうがいしゃ五十嵐いがらし智勇ちゆうさんは「ぜひきょうのうちにあじわってもらい、はるがきたと実感じっかんしてもらえるとうれしいです」とはなしていました。

関連かんれんニュース

酒造さかづくりのおまもり「だい杉玉すぎだま」の奈良なら 桜井さくらい