東京大学とうきょうだいがく南米なんべいチリに建設けんせつしている世界せかいもっとたか場所ばしょにある天文台てんもんだい「アタカマ天文台てんもんだい」に設置せっちされる世界せかい最高さいこう水準すいじゅん大型おおがた赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょう完成かんせいし、28にち報道陣ほうどうじんらに公開こうかいされました。ここすうねん宇宙うちゅう発見はっけん相次あいつぐ、地球ちきゅう惑星わくせい観測かんそくし、生命せいめい存在そんざいなぞせまれると期待きたいされています。


東京大学とうきょうだいがくは、標高ひょうこう5640メートルという南米なんべいチリのアンデス山脈さんみゃく山頂さんちょう世界せかいもっとたか場所ばしょにある天文台てんもんだい「アタカマ天文台てんもんだい」を建設けんせつしていて、ギネス世界せかい記録きろくにも認定にんていされています。

今回こんかい完成かんせいしたのは、あらたに設置せっちする世界せかい最高さいこう水準すいじゅん大型おおがた赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょうで、28にち兵庫県ひょうごけん工場こうじょう報道陣ほうどうじんらに公開こうかいされました。

この赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょうは、全長ぜんちょうが15メートル、かがみ直径ちょっけいが6.5メートルあり、NASA=アメリカ航空こうくう宇宙うちゅうきょくげたスピッツァー宇宙うちゅう望遠鏡ぼうえんきょうなどを上回うわまわ世界せかい最高さいこう水準すいじゅん解像度かいぞうどっています。

赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょうは、可視光かしこうばれる人間にんげんえるひかりとらえる望遠鏡ぼうえんきょうが、太陽たいようなど温度おんどたか天体てんたい観測かんそくするのが得意とくいなのにくらべ、比較的ひかくてき温度おんどひく惑星わくせいなどを観測かんそくするうえおおきな威力いりょく発揮はっきします。

地球ちきゅうのような惑星わくせいは、宇宙うちゅうただよ無数むすうのチリがあつまってできるとかんがえられていますが、チリがたがいに衝突しょうとつして、惑星わくせいができていく過程かていくわしく調しらべたり、ここすうねん太陽系たいようけいそと発見はっけん相次あいつ地球ちきゅう惑星わくせい観測かんそくし、大気たいき存在そんざいするのかや生命せいめいはぐく成分せいぶんがあるのかなどをあきらかにして生命せいめい存在そんざいなぞせまれると期待きたいされています。

望遠鏡ぼうえんきょうはことしのなつにチリにはこばれて標高ひょうこう5640メートルの山頂さんちょうてられたあと、来年らいねんはじめにも観測かんそくがスタートするということです。

東京大学とうきょうだいがく天文学てんもんがく教育きょういく研究けんきゅうセンターの宮田みやた隆志たかし教授きょうじゅは「この望遠鏡ぼうえんきょう惑星わくせいができていく過程かてい直接ちょくせつ観測かんそくすることができるようになる。われわれがどうやってまれてきたのか一歩いっぽずつなぞけていくと期待きたいしている」とはなしています。


アタカマ天文台てんもんだいとは

東京大学とうきょうだいがくのアタカマ天文台てんもんだいは、1998ねん計画けいかくがスタートし、南米なんべいチリのアタカマ高地こうちにある標高ひょうこう5640メートルのチャナントールやま山頂さんちょう建設けんせつすすめられてきました。

2009ねんには、大型おおがた望遠鏡ぼうえんきょう建設けんせつ先立さきだって、口径こうけい1メートルのミニ望遠鏡ぼうえんきょう建設けんせつされ、世界せかいもっとたか場所ばしょ天文台てんもんだいとして、ギネス世界せかい記録きろくにも認定にんていされています。

アタカマ高地こうちには、東京大学とうきょうだいがくのほかにも欧米おうべい日本にっぽん国立こくりつ天文台てんもんだい建設けんせつした世界せかい最高さいこう電波でんぱ望遠鏡ぼうえんきょうALMAをはじめ、おおくの観測かんそく施設しせつてられています。

たか標高ひょうこうくわえ、乾燥かんそうした砂漠さばくひろがることから観測かんそく邪魔じゃまする大気たいき水蒸気すいじょうきすくなく、れのおおいなど、すぐれた観測かんそく条件じょうけんがそろっているためです。

一方いっぽうで、酸素さんそ濃度のうど平地ひらち半分はんぶんと、研究者けんきゅうしゃにとっては過酷かこく環境かんきょうで、建設けんせつ作業さぎょう研究けんきゅうにも酸素さんそボンベがかせません。

このため、本格的ほんかくてき観測かんそくにあたっては、山頂さんちょう天文台てんもんだい山麓さんろく(さんろく)の施設しせつ通信つうしん回線かいせんでつないで遠隔えんかくによる観測かんそくおこなうことを目指めざすとしています。

大型おおがた赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょうはことしのなつにチリにはこばれて標高ひょうこう5640メートルの山頂さんちょうてられたあと来年らいねんはじめにも観測かんそくがスタートするということです。


生命せいめい存在そんざいせま

東京大学とうきょうだいがくのアタカマ天文台てんもんだい目指めざ目標もくひょうの1つは、赤外線せきがいせん使つかって宇宙うちゅう暗闇くらやみなかから生命せいめい存在そんざいできるような惑星わくせいさがすことです。

宇宙うちゅう観測かんそくする望遠鏡ぼうえんきょうには、ひとることができる可視光かしこうをとらえるもののほかに、X線えっくすせんや、今回こんかい設置せっちされる望遠鏡ぼうえんきょうのように赤外線せきがいせんをとらえるものなどがあります。

可視光かしこうとらえる望遠鏡ぼうえんきょう得意とくいとするのは、おも太陽たいようのようなすう千度せんど温度おんどえている恒星こうせい観測かんそくです。

その周囲しゅうい宇宙うちゅうは、可視光かしこうとらえるわたしたちのでみるとくらなにもないようにえますが、赤外線せきがいせんてみると、宇宙うちゅう空間くうかんただよ無数むすうの「チリ」がくものようにただよ姿すがたとらえることができます。

こうした「チリ」はたがいに衝突しょうとつしながら成長せいちょうし、地球ちきゅうのような惑星わくせいになるとかんがえられています。

赤外線せきがいせん恒星こうせいくらべて温度おんどひくい「チリ」や惑星わくせいといった天体てんたいからも活発かっぱつ放射ほうしゃされていて、それらをとらえることで、可視光かしこうではえない宇宙うちゅう姿すがたることができるのです。

ここすうねん宇宙うちゅう観測かんそく技術ぎじゅつすすみ、わたしたちの太陽系たいようけいそとでも地球ちきゅう惑星わくせい数多かずおおつかっています。

アタカマ天文台てんもんだいでは、赤外線せきがいせん望遠鏡ぼうえんきょう特徴とくちょうかしてこうした惑星わくせいがどのようにつくられているのかや、惑星わくせい大気たいきがあるのかどうか調しらべて地球ちきゅうのように生命せいめい存在そんざいできるほしがほかにも存在そんざいするのかというおおきななぞせまれると期待きたいされています。

関連かんれんニュース

NASA グーグルのAIで未知みち惑星わくせい発見はっけん

ふたご流星群りゅうせいぐん 今夜こんやながぼしのピーク

イージー・ニュース

宇宙うちゅうほし調しらべる日本にっぽんあたらしい望遠鏡ぼうえんきょうができる