古都こと奈良ならふゆ伝統行事でんとうぎょうじ若草山わかくさやまの「山焼やまやき」が27にちよるおこなわれ、大勢おおぜい観光客かんこうきゃくが、幻想的げんそうてき光景こうけいたのしみました。


奈良市ならし若草山わかくさやま山焼やまやきは、毎年まいとしがつおこなわれる伝統行事でんとうぎょうじで、山頂さんちょう古墳こふん埋葬まいそうされた人物じんぶつれいしずめるためにはじまったとするせつなど、さまざまな由来ゆらいつたえられています。

27にちは、午後ごご時半じはんをすぎてあたりがくらくなると、ふもとの神社じんじゃ春日大社かすがたいしゃから聖火せいかとどけられ、神職しんしょく山焼やまやきの無事ぶじ成功せいこういのりました。そして、大勢おおぜい観光客かんこうきゃくがふもとから見守みまもなか山焼やまやきの開始かいしいわって、およそ600ぱつ花火はなび次々つぎつぎげられました。

その聖火せいかがともるたいまつをにした消防団しょうぼうだん団員だんいん300にんれつになりやま斜面しゃめんくさ一斉いっせいはなつと、次第しだいおおきなほのおとなって山頂さんちょうかってひろがりました。おとずれたひとたちは、一面いちめんえさかるほのお古都こと奈良なら夜空よぞら赤々あかあかめる幻想的げんそうてき光景こうけいをカメラにおさめるなどしてたのしんでいました。

東京とうきょうから夫婦ふうふおとずれたという50だい男性だんせいは「これを目当めあてに奈良ならました。すごい迫力はくりょく感動かんどうしました」とはなしていました。
奈良市ならしの20だい女性じょせいは「毎年まいとしています。ことしは社会人しゃかいじんになるのでよい1ねんにしたいとおもいながらていました」とはなしていました。

関連かんれんニュース

幻想的げんそうてきなダイヤモンド富士ふじ大勢おおぜい観光客かんこうきゃく 山梨やまなし

イージー・ニュース

奈良なら若草山わかくさやまで「山焼やまやき」 あかよるそらあかるくなる