地球ちきゅう最後さいごまでののこ時間じかん象徴的しょうちょうてきしめす「終末しゅうまつ時計とけい」の時刻じこく発表はっぴょうしてきたアメリカの科学かがく雑誌ざっしは、北朝鮮きたちょうせんかく・ミサイル開発かいはつ加速かそくしていることや、トランプ大統領だいとうりょう核政策かくせいさく予測よそくできないことなどから、時計とけいはりを30びょうすすめ、冷戦期れいせんきの1953ねんならんで、過去かこ最短さいたんの「のこり2ふん」になったとして、つよ危機感ききかんしめしました。


アメリカの科学かがく雑誌ざっし、「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は、25にち首都しゅとワシントンで記者会見きしゃかいけんひらき、地球ちきゅう最後さいごまでののこ時間じかん象徴的しょうちょうてきしめす「終末しゅうまつ時計とけい」のはりを30びょうすすめ、「のこり2ふん」になったと発表はっぴょうしました。

のこり2ふん」は、冷戦期れいせんきにアメリカときゅうソビエトそびえと水爆すいばく実験じっけんった1953ねんならんで、過去かこ最短さいたんです。

理由りゆうについては、北朝鮮きたちょうせんかく・ミサイル開発かいはつ加速かそくしていることや、トランプ大統領だいとうりょう核政策かくせいさく予測よそくできないことなどから、核戦争かくせんそう危険性きけんせいたかまっているとしており、つよ危機感ききかんしめしています。

また、トランプ大統領だいとうりょうがパリ協定きょうていからの脱退だったい表明ひょうめいするなど、地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさく停滞ていたいしていることや、トランプ政権せいけん登場とうじょうでこれまでの国際こくさい秩序ちつじょくずれ、外交がいこう交渉こうしょうすすまないことなども理由りゆうげました。

そのうえでこの科学かがく雑誌ざっしは、北朝鮮きたちょうせんとのあいだで、非核化ひかくかけた対話たいわ目指めざし、トランプ大統領だいとうりょう非難ひなん応酬おうしゅうをやめることや、各国かっこく地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさく強化きょうかすることなどで、危機ききとおざけることができると指摘してきし、迅速じんそく行動こうどうびかけています。


終末しゅうまつ時計とけい」これまでの一進一退いっしんいったい

終末しゅうまつ時計とけい」は、核戦争かくせんそう脅威きょういについて警告けいこくしようと、冷戦れいせん初期しょきの1947ねん科学かがく雑誌ざっし表紙ひょうし登場とうじょうし、地球ちきゅう滅亡めつぼうまで「のこり7ふん」とされました。

当時とうじ核兵器かくへいき保有ほゆうしていたのはアメリカだけでしたが、1949ねんきゅうソビエトそびえと核実験かくじっけんおこない、核兵器かくへいき保有ほゆうするにいたったさいには「のこり3ふん」に、1953ねんには、べい水爆すいばく実験じっけんったのをけて、これまででもっと地球ちきゅう滅亡めつぼうちかい「のこり2ふん」まですすめられました。

1960年代ねんだいから70年代ねんだいにかけては、フランスと中国ちゅうごくあらたに核保有国かくほゆうこくとなったり、ベトナム戦争せんそうなど地域的ちいきてき衝突しょうとつはげしさをしたりしたさいはりすすめられた一方いっぽうで、部分的ぶぶんてき核実験かくじっけん禁止きんし条約じょうやくやNPT=核拡散かくかくさん防止ぼうし条約じょうやく発効はっこうするなど、核軍縮かくぐんしゅくべい対立たいりつ回避かいひけたうごきがられると、はりは「のこり12ふん」にもどされました。

しかし、1980年代ねんだいにかけて、はりふたたすすめられます。世界せかい全体ぜんたい核兵器かくへいきかずが6まんはつえるなど、核軍縮かくぐんしゅくすすまなかったうえ、きゅうソビエトそびえとがアフガニスタンに侵攻しんこうするなどべい対立たいりつふかまったことから、1981ねんには「のこり4ふん」に、そして、1984ねんには「のこり3ふん」にまですすめられました。

そのきゅうソビエトそびえとのゴルバチョフ書記長しょきちょう登場とうじょうべい対立たいりつやわらぎ、冷戦れいせん終結しゅうけつして核軍縮かくぐんしゅく機運きうんたかまったことをけ、1991ねん時計とけいはり地球ちきゅう滅亡めつぼうからもっととおい「17分前ふんまえ」にまでもどされました。

ところが、1998ねんにインドとパキスタンが相次あいついで核実験かくじっけんったことや、アメリカなど核保有国かくほゆうこく核兵器かくへいき近代化きんだいかすすめるなど、核軍縮かくぐんしゅくのペースがちたことにくわえ、21世紀せいきはいってからは、地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさくすすまないことも考慮こうりょされ、はりすすめられました。

さらに去年きょねんには、北朝鮮きたちょうせんによるかく・ミサイル開発かいはつや、アメリカ・トランプ政権せいけん核兵器かくへいき地球ちきゅう温暖化おんだんかをめるぐ政策せいさくへの懸念けねんなどから、はりが「のこり2分半ふんはん」まですすめられていました。


科学かがく雑誌ざっし中心ちゅうしんメンバーが警告けいこく

科学かがく雑誌ざっし中心ちゅうしんメンバーで、アリゾナありぞなしゅうりつ大学だいがくのローレンス・クラウス教授きょうじゅは、25にち記者会見きしゃかいけんで、「現在げんざいべい冷戦期れいせんき同様どうよう核戦争かくせんそうによる破滅はめつ危機ききせまっているが、政府せいふやメディア、それに科学かがく事実じじつそのものに信頼しんらいかれなくなり、世界せかい直面ちょくめんする問題もんだい対応たいおうするのがむずかしくなっている」と警告けいこくしました。

そのうえで、「わたしたちは、これまでの危機ききでも時計とけいはりもどすことができた。政府せいふなどにたいし、ただしい行動こうどうをとるよううながしていかなければならない」とべました。

関連かんれんニュース

トランプ大統領だいとうりょう最大限さいだいげん圧力あつりょく各国かっこくびかけ

トランプ大統領だいとうりょう就任しゅうにんねん 経済けいざい好調こうちょう政権せいけん運営うんえいさらに困難こんなん

ダボス会議かいぎ閉幕へいまく

トランプ大統領だいとうりょう中国ちゅうごく到着とうちゃく 故宮こきゅうしゅう国家こっか主席しゅせき交流こうりゅう

トランプ大統領だいとうりょうきょう訪日ほうにち 首脳しゅのう会談かいだんやゴルフ