インフルエンザ患者数かんじゃすう 統計とうけい開始かいし以降いこう最多さいた前週比ぜんしゅうひ112万人まんにんぞう

2018ねん01がつ26にち 1726ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

全国ぜんこくのインフルエンザの患者数かんじゃすう今月こんげつ21にちまでの1週間しゅうかんで、推計すいけいで283万人まんにんと、まえしゅうより100まん人以上にんいじょう増加ぞうかしたことがわかりました。1医療いりょう機関きかんたりの人数にんずうは、統計とうけいはじめた平成へいせい11年以降ねんいこうもっとおおくなっています。

国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょによりますと、今月こんげつ21にちまでの1週間しゅうかん全国ぜんこく医療いりょう機関きかんから報告ほうこくされたインフルエンザの患者数かんじゃすうは、1医療いりょう機関きかんたり51.93ひととなりました。まえしゅうより2ばいちかくに増加ぞうかし(前週ぜんしゅう26.44)、くに統計とうけいはじめた平成へいせい11年以降ねんいこうでは、平成へいせい17ねんがつの50.07にんえてもっとおおくなりました。

推計すいけい患者数かんじゃすう全国ぜんこくでおよそ283万人まんにんとなり、まえしゅうより112万人まんにんえました。

医療いりょう機関きかんたりの患者数かんじゃすう都道府県とどうふけんべつますと、鹿児島県かごしまけんが86.53にんもっとおおく、いで宮崎県みやざきけんが84.97にんなどと、九州地方きゅうしゅうちほうとくおおくなっています。

北海道ほっかいどう秋田県あきたけん石川県いしかわけんのぞく44の都府県とふけんで、くに警報けいほうレベルとしめしている1医療いりょう機関きかんたり30にんえています。

また、推計すいけい患者数かんじゃすう年齢別ねんれいべつると、0さいから9さいがおよそ86万人まんにんと、全体ぜんたいの30%をめていて、わか世代せだい流行りゅうこう中心ちゅうしんとなっています。

国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょによりますと、検出けんしゅつされたウイルスを分析ぶんせきした結果けっか、9年前ねんまえ新型しんがたとして流行りゅうこうしたA型えーがたのH1N1がたウイルスと、B型びーがたのウイルスがほぼおな割合わりあい検出けんしゅつされたということで、2つのかた同時どうじ流行りゅうこうしていることが患者数かんじゃすう増加ぞうかにつながっているとられています。

国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょは「患者かんじゃ増加ぞうかはまだつづ可能性かのうせいがあり、警戒けいかい必要ひつようだ」として感染かんせん予防よぼうびかけています。

外出後がいしゅつご手洗てあら徹底てってい

インフルエンザの患者数かんじゃすう急増きゅうぞうしていることについて、加藤かとう厚生労働大臣こうせいろうどうだいじん閣議後かくぎご会見かいけんで、「外出後がいしゅつご手洗てあらいなど予防よぼう対策たいさく徹底てっていし、からだ調子ちょうしわる場合ばあいにはすみやかに医療いりょう機関きかん受診じゅしんしてほしい」とべました。

休校きゅうこう学級がっきゅう閉鎖へいさ急増きゅうぞう

インフルエンザの流行りゅうこうともない、休校きゅうこう学級がっきゅう閉鎖へいさとなった学校がっこう急激きゅうげき増加ぞうかしています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうによりますと、今月こんげつ21にちまでの1週間しゅうかんに、休校きゅうこう学級がっきゅう閉鎖へいさなどの措置そちった小中学校しょうちゅうがっこう高校こうこう、それに保育所ほいくじょ幼稚園ようちえんは、全国ぜんこくで7536施設しせつのぼり、まえしゅうくらべて47ばい増加ぞうかしました。

このうち、休校きゅうこう措置そちったのは108施設しせつ学年がくねん閉鎖へいさは1691施設しせつ学級がっきゅう閉鎖へいさは5737施設しせつで、欠席者けっせきしゃは1週間しゅうかんで9まん4392にんのぼりました。

都道府県とどうふけんべつでは東京都とうきょうともっとおおく522施設しせついで千葉県ちばけんが382施設しせつ大阪府おおさかふが362施設しせつ愛知県あいちけんが306施設しせつ埼玉県さいたまけんが291施設しせつなどとなっています。

専門家せんもんかA型えーがたB型びーがた混合こんごう流行りゅうこう増加ぞうかか」

インフルエンザの患者数かんじゃすう統計とうけいはじめた平成へいせい11年以降ねんいこうもっとおおくなったことについて、国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょ砂川すながわ富正とみまさ室長しつちょうは「例年れいねんだとA型えーがたのインフルエンザがさき流行りゅうこうして、2がつごろからB型びーがた流行りゅうこうするが、ことしはB型びーがた流行りゅうこうするのがはやく、A型えーがたB型びーがた流行りゅうこうなみかさなる『混合こんごう流行りゅうこう』となっている。これが患者数かんじゃすう増加ぞうかにつながった可能性かのうせいがある」とはなしています。

砂川すながわ室長しつちょうによりますと、平成へいせい16ねんから平成へいせい17ねんにかけてのシーズンでもA型えーがたB型びーがた混合こんごう流行りゅうこうとなり、1病院びょういんたりの患者数かんじゃすうが50.07にんと、今回こんかい流行りゅうこう規模きぼ匹敵ひってきするおおきな流行りゅうこうになったことがあるということです。

砂川すながわ室長しつちょうはワクチンを接種せっしゅしていても感染かんせんかならふせげるわけではないとしたうえで、「高齢者こうれいしゃ受験生じゅけんせいなどは手洗てあらいなどの予防よぼうくわえて、人混ひとごみをけるなどの対策たいさく重要じゅうようだ。また、周囲しゅういにインフルエンザにかかったひとがいて、自分じぶんものどがいたいなど体調たいちょう異変いへんかんじたときには感染かんせんうたがって、はやめに医療いりょう機関きかん受診じゅしんするなど、勤務先きんむさき学校がっこう感染かんせんひろげないようにしてほしい」とびかけています。

また、「今回こんかい流行りゅうこうでは例年れいねんくらべ、B型びーがたのウイルスの流行りゅうこう規模きぼおおきくなっているとられる。A型えーがた感染かんせんしたあと、B型びーがた感染かんせんするリスクがたか状況じょうきょうにあるともえるので、1かかったからといって安心あんしんせず、シーズンちゅう予防よぼうつとめてほしい」とはなしています。

その一方いっぽうで、「これまでのところ今回こんかいのインフルエンザで死亡率しぼうりつたかかったり、入院にゅういん割合わりあいおおかったりといった情報じょうほうはなく、流行りゅうこうしているウイルスに重症じゅうしょうばかしやすいといった傾向けいこうられない」とはなしています。

そのうえで、今後こんご見通みとおしについては「流行りゅうこうのピークはまださきだとられ、今後こんご数週間すうしゅうかん患者かんじゃおお状態じょうたいつづ可能性かのうせいがある。つづ警戒けいかい必要ひつようだ」とはなしています。

砂川すながわ室長しつちょうは「いまシーズンはアメリカや中国ちゅうごくなど世界的せかいてきてもインフルエンザの患者かんじゃおお傾向けいこうにある。海外かいがいっても注意ちゅういしてほしい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。