「涙ながらに筆談」意識不明の自衛隊員が回復 草津白根山

23にち群馬県ぐんまけん草津くさつ白根山しらねさん噴火ふんかし、だいけがをした自衛隊員じえいたいいん治療ちりょうにあたっている病院びょういん記者会見きしゃかいけんひらき、担当たんとう医師いしは「意識いしき不明ふめい状態じょうたい搬送はんそうされ懸命けんめい治療ちりょう結果けっか、24にちあさ筆談ひつだんができるまで回復かいふくした」とべました。


草津くさつ白根山しらねさん噴火ふんかだいけがをした20だい自衛隊員じえいたいいん搬送はんそうされた前橋まえばし赤十字病院せきじゅうじびょういんは24にち記者会見きしゃかいけんひらき、治療ちりょうにあたっている小倉おぐらたかしおもんみ医師いし容体ようだいなどについて説明せつめいしました。

このなかで、小倉おぐら医師いしは「意識いしき不明ふめい状態じょうたい搬送はんそうされ心臓しんぞうまりそうな状態じょうたいだった」と23にち搬送はんそう当時とうじ状況じょうきょう説明せつめいしました。男性だんせいはろっこつ手足てあし骨折こっせつ、それにはい挫傷ざしょうなど全身ぜんしんおおけがをっていますが、緊急きんきゅう手術しゅじゅつ結果けっか意識いしきもどし、24にちあさつま筆談ひつだんできるまで回復かいふくしたということです。

男性だんせいつまと「たすかったよ」「頑張がんばったね」などとなみだながらに筆談ひつだんしたということで、小倉おぐら医師いしは「医師いしとしてすこ安心あんしんしたというのが正直しょうじき気持きもちです」とべていました。

関連かんれんニュース

草津くさつ白根山しらねさん噴火ふんか 警戒けいかいレベル3に 気象庁きしょうちょう

イージー・ニュース

噴火ふんかでけがをした男性だんせいが「たすかったよ」といてつま会話かいわ