14さい張本ちょうほん最年少さいねんしょう優勝ゆうしょう 17さい伊藤いとう初優勝はつゆうしょう 卓球たっきゅう全日本ぜんにほん選手権せんしゅけん

2018ねん01がつ21にち 1943ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

卓球たっきゅう全日本ぜんにほん選手権せんしゅけん最終日さいしゅうびの21にち男子だんし女子じょしのシングルス決勝けっしょうおこなわれ、男子だんしは14さい張本はりもと智和ともかず選手せんしゅが、男女だんじょつうじて史上しじょう最年少さいねんしょうでの優勝ゆうしょうたし、女子じょしは17さい伊藤いとう美誠みま選手せんしゅ初優勝はつゆうしょうしました。

東京とうきょう体育館たいいくかんおこなわれている卓球たっきゅう全日本ぜんにほん選手権せんしゅけんは、最終日さいしゅうびの21にち男子だんし女子じょしのシングルスの準決勝じゅんけっしょう決勝けっしょうおこなわれました。

このうち、男子だんし決勝けっしょう去年きょねん史上しじょう最年少さいねんしょうでワールドツアーの大会たいかいせいした14さい張本ちょうほん選手せんしゅと5ねん連続れんぞく10回目かいめ優勝ゆうしょう目指めざ水谷みずたに選手せんしゅ対戦たいせんしました。

試合しあいたがいにゲームをうば展開てんかいとなり、張本はりもと選手せんしゅは3たい2と王手おうてをかけただい6ゲームで、大会たいかいけてきたえてきたフォアハンドのドライブショットがまり、優位ゆういちました。

さらに、水谷みずたに選手せんしゅあじ多彩たさいなサーブをしっかりみ、レシーブでポイントをうばうなどして、このゲームを11たい5でうばい、ゲームカウント4たい2でちました。

14さい張本ちょうほん選手せんしゅ男子だんし平成へいせい18ねん水谷みずたに選手せんしゅ記録きろくした17さい女子じょしふくめると去年きょねん平野ひらの美宇みう選手せんしゅ記録きろくした16さい更新こうしんする史上しじょう最年少さいねんしょうでの優勝ゆうしょうとなります。

一方いっぽう女子じょし決勝けっしょうは17さいでリオデジャネイロオリンピック女子じょし団体だんたいどうメダリストの伊藤いとう選手せんしゅと、おなどし大会たいかい連覇れんぱねらった平野へいや選手せんしゅ対戦たいせんしました。

伊藤いとう選手せんしゅきたえてきたフットワークで平野へいや選手せんしゅあじ高速こうそくラリーに対応たいおうし、フォアハンドやバックハンドのドライブショットを次々つぎつぎめて3ゲーム連続れんぞくうばいました。だい4ゲームは平野ひらの選手せんしゅ得意とくいのバックドライブをめてうばかえしましたが、だい5ゲームは伊藤いとう選手せんしゅがスマッシュや緩急かんきゅうをつけたショットで次々つぎつぎとポイントをうばい、11たい6でりました。

伊藤いとう選手せんしゅはゲームカウント4たい1でち、初優勝はつゆうしょうしました。この大会たいかいはミックスダブルスと女子じょしダブルスをくわえた3種目しゅもく優勝ゆうしょうし、女子じょし史上しじょう人目にんめの3かん達成たっせいしました。

張本ちょうほんおもいどんだ」

最年少さいねんしょう優勝ゆうしょうたした張本はりもと智和ともかず選手せんしゅは「うしなうものはなにもないとおもい、経験けいけんまさ相手あいておもいどんだ。優勝ゆうしょうできていままででいちばんうれしいし、1、2をあらそうよいプレーができた」と試合しあいかえりました。そのうえで「この優勝ゆうしょう経験けいけんかして成長せいちょうのスピードをさらにはやくして、東京とうきょうオリンピックではきんメダルめだるりたい」と意気込いきごみをはなしていました。

さいから競技きょうぎ 1~6年生ねんせいまで6連覇れんぱ

張本はりもと智和ともかず選手せんしゅ仙台市せんだいし出身しゅっしんの14さいで、再来年さらいねん東京とうきょうオリンピックで活躍かつやく期待きたいされる卓球たっきゅう男子だんしのホープです。

中国ちゅうごく出身しゅっしん元選手もとせんしゅだった両親りょうしんがコーチをつとめる仙台市せんだいし卓球たっきゅうじょう拠点きょてんに2さいから競技きょうぎはじめ、小学生しょうがくせい以下いか全日本ぜんにほん選手権せんしゅけんでは男子だんし史上初しじょうはつとなる1年生ねんせいから6年生ねんせいまで6連覇れんぱ達成たっせいして注目ちゅうもくあつめました。

おととし、中学ちゅうがく進学しんがく上京じょうきょうし、日本にっぽんオリンピック委員会いいんかいもうけた「エリートアカデミー」に所属しょぞくしてからは、得意とくいのバックハンドを中心ちゅうしんとした攻撃的こうげきてきなスタイルにみがきがかかり、12がつ世界せかいジュニア選手権せんしゅけん男子だんしシングルスで大会たいかい最年少さいねんしょう優勝ゆうしょうたしました。

去年きょねんは6がつ世界選手権せかいせんしゅけんで、史上しじょう最年少さいねんしょうとなる13さいでのベスト8進出しんしゅつたすなど、国際こくさい舞台ぶたいでも活躍かつやくし、国際こくさい卓球たっきゅう連盟れんめいもっと躍進やくしんした若手わかて選手せんしゅおくる「ブレークスルー・スター」にえらばれました。

今回こんかい全日本ぜんにほん選手権せんしゅけんけては、苦手にがてだったフォアハンドの強化きょうかにもみ、高校こうこう年生ねんせい以下いかあらそうジュニア男子だんし初戦しょせんから6試合しあいすべてストレートちの圧倒的あっとうてきつよさで初優勝はつゆうしょうし、男子だんしシングルスでも史上しじょう最年少さいねんしょうの14さいでの優勝ゆうしょうたしました。

男子だんし日本にっぽん代表だいひょう監督かんとく卓球たっきゅうかいにとってすばらしい」

卓球たっきゅう男子だんし日本にっぽん代表だいひょう倉嶋くらしま洋介ようすけ監督かんとくは21にち決勝けっしょうについて、「張本はりもと選手せんしゅはテンポがつね一歩いっぽばやく、水谷みずたに選手せんしゅはそれにいつけてなかった。かれ成長せいちょう曲線きょくせんわたし予想よそう上回うわまわっていて、『張本はりもと時代じだい』に片足かたあし以上いじょうんでいるといってもいいかもしれない」とはなしていました。そのうえで、「張本はりもと選手せんしゅのような若手わかて日本にっぽんあらわれたのは卓球たっきゅうかいにとってはすばらしいことで、日本にっぽん全体ぜんたい競争力きょうそうりょくたかまって、日本にっぽん代表だいひょうチームのしつたかまっていくことを期待きたいしたい」とはなしました。

日本にっぽん卓球たっきゅうかい 新時代しんじだい到来とうらい

卓球たっきゅう全日本ぜんにほん選手権せんしゅけんは、男子だんしシングルスで14さい張本はりもと智和ともかず選手せんしゅ驚異的きょういてき技術力ぎじゅつりょくせて史上しじょう最年少さいねんしょう優勝ゆうしょうたすなど10だい選手せんしゅ躍動やくどうし、2020ねん東京とうきょうオリンピックにけて新時代しんじだい到来とうらいげる大会たいかいとなりました。

張本はりもと選手せんしゅ男子だんしシングルスの決勝けっしょうで10回目かいめ優勝ゆうしょう目指めざ日本にっぽんのエース、水谷みずたにじゅん選手せんしゅ対戦たいせんしました。去年きょねんがつ世界選手権せかいせんしゅけんの2回戦かいせん直接ちょくせつ対決たいけつった経験けいけんはありましたが、日本一にっぽんいちめる緊迫きんぱくした舞台ぶたいでも世界せかいトップレベルとわれる得意とくいのバックハンドにくわえて去年きょねんからきたえてきたフォアハンドも威力いりょく発揮はっきし、ゲームカウント4たい2で勝利しょうりをおさめ、男女だんじょつうじてシングルスでの史上しじょう最年少さいねんしょう優勝ゆうしょうたしました。

試合後しあいご記者会見きしゃかいけん水谷みずたに選手せんしゅは、張本はりもと選手せんしゅについて「世界選手権せかいせんしゅけんときより数倍すうばいつよくなっていた。決勝けっしょうのプレーが100%のちからだとしたらこれから何度なんど対戦たいせんしてもつことはできない」とはなし、その成長せいちょうはやさにしたいていました。

また、日本にっぽん卓球たっきゅう協会きょうかい強化きょうかのトップ、宮崎みやざき義仁よしひと強化きょうか本部長ほんぶちょうも「張本はりもと選手せんしゅは100ねんに1にん選手せんしゅだ。技術ぎじゅつでは完全かんぜん水谷みずたに選手せんしゅえた。2020ねん東京とうきょうオリンピックでは張本はりもと選手せんしゅ団体だんたいチームのエースとしてがんばってもらいたい」などとおおきな期待きたいせました。

張本はりもと選手せんしゅは、ことし4がつ開幕かいまくし、団体戦だんたいせんおこなわれる世界選手権せかいせんしゅけん代表だいひょうにもまっています。今回こんかい優勝ゆうしょうで、2020ねん東京とうきょうオリンピック期待きたいほしとしてるぎない存在そんざいとなった14さい世界せかい舞台ぶたいでどんな成長せいちょうせるのか期待きたいたかまるばかりです。

一方いっぽう女子じょしシングルスは、リオデジャネイロオリンピック団体だんたいどうメダリストの伊藤いとう美誠みま選手せんしゅ連覇れんぱねらった平野ひらの美宇みう選手せんしゅとの17さいどうしの対決たいけつせいして初優勝はつゆうしょうしました。

優勝ゆうしょうした伊藤いとう選手せんしゅは、記者会見きしゃかいけんで、平野へいや選手せんしゅ去年きょねん、アジア選手権せんしゅけん中国ちゅうごくのトップ選手せんしゅ次々つぎつぎやぶって優勝ゆうしょう世界選手権せかいせんしゅけんでもどうメダルめだる獲得かくとくしたことをまえ「彼女かのじょのおかげで自分じぶん頑張がんばろうとおもえた。感謝かんしゃしている」とはなしました。

伊藤いとう選手せんしゅは、女子じょしダブルスとミックスダブルスでも頂点ちょうてん女子じょし史上しじょう人目にんめとなる3種目しゅもくでの優勝ゆうしょうたしましたが、軽快けいかいなフットワークや素早すばやいリターンなどに進化しんかかんじさせました。同世代どうせだい強力きょうりょくなライバルの存在そんざい選手せんしゅのレベルアップに相乗そうじょう効果こうかしているとえます。

また、この大会たいかいでは女子じょしダブルスの決勝けっしょうも2000ねんまれの10だい選手せんしゅどうしの対戦たいせんとなりました。まさに10だい選手せんしゅ躍動やくどうし、2020ねん東京とうきょうオリンピックにけて日本にっぽん卓球たっきゅうかい新時代しんじだい到来とうらいげる大会たいかいとなりました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。