アメリカのトランプ大統領だいとうりょうは20にち就任しゅうにんから1ねんとなりました。大統領だいとうりょうはこの1ねんかえり、株価かぶか上昇じょうしょうひく失業率しつぎょうりつなど好調こうちょう経済けいざい状況じょうきょうをみずからの実績じっせきだと強調きょうちょうしていますが議会ぎかい与野党よやとう対立たいりつ予算よさんをまとめることができず政府せいふ機関きかん一部いちぶ閉鎖へいさまれたほか、いわゆるロシア疑惑ぎわく捜査そうさ政権せいけん足元あしもとさぶられており、今後こんご政権せいけん運営うんえい一段いちだんむずかしいものとなりそうです。


20にち就任しゅうにんねんまえにトランプ大統領だいとうりょうは19にち、ホワイトハウスでった演説えんぜつでこの1ねんかえり、「経済けいざいはかつてないほど好調こうちょうだ。株価かぶか一貫いっかんしてたかく、失業率しつぎょうりつは17年間ねんかんもっとひくい」とべ、好調こうちょう経済けいざい状況じょうきょうはみずからの実績じっせきだと強調きょうちょうしました。

トランプ大統領だいとうりょう就任後しゅうにんごはつ政権せいけんたいする国民こくみん審判しんぱんともなることし11がつ中間ちゅうかん選挙せんきょけて官民かんみんわせて100兆円ちょうえんえるインフラへの大規模だいきぼ投資とうしなど公約こうやく実現じつげんすすめていくことで、支持率しじりつ底上そこあげにつなげたいかんがえです。

しかし、今年度こんねんど予算よさん議会ぎかい与野党よやとう対立たいりつでアメリカの会計年度かいけいねんどはじまる去年きょねん10がつから4かげつちかくたったいま成立せいりつしておらず短期間たんきかん暫定ざんてい予算よさんでしのいでいるのが現状げんじょうで、就任しゅうにんから1ねん節目ふしめたる20にちにはあらたな予算よさんをまとめることができず政府せいふ機関きかん一部いちぶ閉鎖へいさという事態じたいまれました。

また、選挙戦せんきょせん最中さいちゅう大々的だいだいてきしたメキシコとの国境こっきょう沿いのかべ建設けんせつ公約こうやく予算よさん確保かくほのめどがたたないなど公約こうやくおおくが実現じつげんできていない状態じょうたいです。

こうしたなか大統領だいとうりょう選挙せんきょさいにトランプ陣営じんえいとロシアとのあいだ共謀きょうぼうがあったのではないかといういわゆるロシア疑惑ぎわくをめぐっては捜査そうさたるモラー特別とくべつ検察官けんさつかん追及ついきゅう政権せいけん中枢ちゅうすうまでおよぶという見方みかた依然いぜんとして根強ねづよく、政権せいけん足元あしもとさぶりつづけています。

さらに、今月こんげつ出版しゅっぱんされた政権せいけん内幕うちまくえがいたとされるほんで「大統領だいとうりょう幼稚ようちで、歴史れきし国際こくさい情勢じょうせいうとい」と指摘してきされたほか、今月こんげつおこなわれた会合かいごうでアフリカの国々くにぐにカリブかりぶかい島国しまぐにのハイチを侮辱ぶじょくするような発言はつげんをしたとほうじられました。

トランプ大統領だいとうりょうは、ほん内容ないようはうそだらけだとして抗議こうぎするとともに会合かいごうでの発言はつげんについても否定ひていしていますが、大統領だいとうりょうとしての適性てきせい疑問視ぎもんしする見方みかたひろがっており、今後こんご政権せいけん運営うんえい一段いちだんむずかしいものとなりそうです。


ホワイトハウス 政権せいけん成果せいか発表はっぴょう

ホワイトハウスは、先月せんげつ去年きょねん年間ねんかんのトランプ政権せいけん成果せいか発表はっぴょうし、経済けいざい外交がいこうおおきな進展しんてんがあったと強調きょうちょうしています。

それによりますと、経済けいざいでは、トランプ大統領だいとうりょう指導力しどうりょく歴史的れきしてき減税げんぜいんだ税制ぜいせい改革かいかく実現じつげんしたとしているほか、ダウだう平均へいきん株価かぶかは60回以上かいいじょう最高値さいたかね更新こうしんしたとしています。

また、170万人まんにん雇用こようあらたにし、失業率しつぎょうりつは4.1%と過去かこおよそ17年間ねんかんもっとひくくなっているほか、雇用こようおどかすさまざまな規制きせい撤廃てっぱいしたとアピールしていて、具体例ぐたいれいの1つとして地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさく国際的こくさいてき枠組わくぐみパリ協定きょうていからの脱退だったい表明ひょうめいげています。

さらに、トヨタとよた自動車じどうしゃとマツダがアメリカに新工場しんこうじょう建設けんせつで16おくドルを投資とうしし、およそ4000にん雇用こようにつながる見通みとおしだとするなどトランプ大統領だいとうりょうはたらきかけで外国がいこく企業きぎょう相次あいついでアメリカに投資とうししていると主張しゅちょうしています。

また、貿易ぼうえきでも、アメリカだい主義しゅき追求ついきゅうしてTPP=環太平洋かんたいへいようパートナーシップ協定きょうていから離脱りだつしアメリカの雇用こようまもったと主張しゅちょうしているほか、アメリカの貿易ぼうえき赤字あかじ削減さくげんするためNAFTA=北米ほくべい自由貿易協定じゆうぼうえききょうてい見直みなおしをすすめているとしています。

一方いっぽう外交がいこうでも、アメリカの利益りえき拡大かくだいするためにアメリカだい主義しゅき追求ついきゅうしているとしています。

具体的ぐたいてき成果せいかとしては、エルサレムをイスラエルの首都しゅとみと選挙せんきょ公約こうやくまもったとしているほか、12にちかんにわたるはじめてのアジア歴訪れきほうおこない、日本にっぽん韓国かんこくでは大統領だいとうりょう先進的せんしんてき軍事ぐんじ装備品そうびひん売却ばいきゃく約束やくそく強調きょうちょうしたとしています。

また、トランプ大統領だいとうりょう外国がいこく拘束こうそくされているアメリカあめりかじん解放かいほう尽力じんりょくしたとして、中国ちゅうごく逮捕たいほされたカリフォルニア大学だいがく学生がくせいにん釈放しゃくほうやタリバンに拘束こうそくされたアメリカあめりかじん家族かぞく救出きゅうしゅつなどをげています。

さらに、安全保障あんぜんほしょうめんでは、「ちからによる平和へいわ」の実現じつげんけて国防費こくぼうひ増額ぞうがく指示しじしたとしているほか、具体的ぐたいてき成果せいかとして、過激派かげきは組織そしきIS=イスラミックステートがイラクとシリアでほとんどの拠点きょてんうしなったことや、かくとミサイルの開発かいはつつづける北朝鮮きたちょうせんたいして圧力あつりょくつよめ、トランプ政権せいけん北朝鮮きたちょうせん政権せいけん支援しえんしている中国ちゅうごく金融きんゆう機関きかん制裁せいさいしたことなどをげています。


選挙せんきょ公約こうやく実現じつげんには議会ぎかい協力きょうりょく重要じゅうよう

政治家せいじか発言はつげんなどを検証けんしょうしている団体だんたい「ポリティファクト」は、トランプ大統領だいとうりょう選挙せんきょ期間中きかんちゅうかかげた公約こうやくについて大半たいはん現在げんざいんでいる最中さいちゅう保留ほりゅう状態じょうたいだとしたうえで、公約こうやく実現じつげんけては議会ぎかい協力きょうりょく重要じゅうようだと指摘してきしています。

「ポリティファクト」はトランプ大統領だいとうりょう選挙せんきょ期間中きかんちゅうかかげた公約こうやく実現じつげんしたかどうか評価ひょうかおこなっていて、それによりますと、9%が実現じつげん、6%が一部いちぶ妥協だきょうしながらも実現じつげんしたとしています。

このなかには法人税ほうじんぜい減税げんぜいなどをんだ税制ぜいせい改革かいかく実現じつげんや、地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさく国際的こくさいてき枠組わくぐみ「パリ協定きょうてい」からの脱退だったい、それにTPP=環太平洋かんたいへいようパートナーシップ協定きょうていからの離脱りだつなどがふくまれています。

一方いっぽうで、全体ぜんたいの7%については公約こうやくやぶったと位置いちづけていて、中国ちゅうごく為替かわせ操作そうさくに認定にんていするという公約こうやくや、監査かんさ終了しゅうりょうすれば収入しゅうにゅう納税額のうぜいがくしるした確定申告かくていしんこくしょ公表こうひょうすると主張しゅちょうしたことなどをげています。

そのうえで、公約こうやくの47%は現在げんざいんでいる最中さいちゅうだとしていて、メキシコ国境こっきょう沿いでのかべ建設けんせつ医療いりょう保険ほけん制度せいど=オバマケアの撤廃てっぱい、NAFTA=北米ほくべい自由貿易協定じゆうぼうえききょうてい再交渉さいこうしょうなどをげています。

また、公約こうやくの32%は保留ほりゅう状況じょうきょうだとして、クリントンもと国務長官こくむちょうかん捜査そうさするための特別とくべつ検察官けんさつかん指名しめいやアメリカでらすシリア難民なんみん国外こくがい退去たいきょなどをげています。

「ポリティファクト」のアンジー・ホラン編集長へんしゅうちょうは、NHKのインタビューで、「トランプ大統領だいとうりょうは、議会ぎかい協力きょうりょく必要ひつよう公約こうやくおおかかげた。議会ぎかい支援しえんがなければ公約こうやく実現じつげんむずかしい」とべ、議会ぎかい協力きょうりょく重要じゅうようだと強調きょうちょうするとともに11がつ中間ちゅうかん選挙せんきょ与党よとう共和党きょうわとう勝利しょうりしなければ、公約こうやく実現じつげん一層いっそうとおのくと指摘してきしました。


トランプ大統領だいとうりょう支持率しじりつ評価ひょうか

アメリカの政治せいじ情報じょうほうサイト「リアル・クリア・ポリティクス」によりますと、各種かくしゅ世論調査よろんちょうさのトランプ大統領だいとうりょう支持率しじりつ平均値へいきんち就任しゅうにん当初とうしょ去年きょねんがつには歴代れきだい大統領だいとうりょうくらべてひくいおよそ44%でした。

そのすこがったあとは、がったりがったりをかえしながら、30%台ぱーせんとだい後半こうはんから40%台ぱーせんとだい前半ぜんはん推移すいいし、低迷ていめいした状態じょうたいつづいています。

しかし、30%台ぱーせんとだいなかばをむことはほとんどなく、底堅そこがたさもせています。

各種かくしゅ世論調査よろんちょうさによりますと共和党きょうわとう支持層しじそうではおよそ80%が、トランプ大統領だいとうりょう支持しじするとこたえていて、共和党きょうわとう支持層しじそうでは根強ねづよ支持しじ維持いじしています。

一方いっぽう、アメリカの政治せいじ専門せんもんサイト「ポリティコ」などが今月こんげつおこなった世論調査よろんちょうさで、アメリカの学校がっこう評価ひょうかするさい一般的いっぱんてき採用さいようされているABCDFの5段階だんかい評価ひょうか有権者ゆうけんしゃにトランプ大統領だいとうりょうの1年間ねんかん成績せいせきたずねたところ、もっとたかい「A」は18%、2番目ばんめの「B」は17%、3番目ばんめの「C」は14%、4番目ばんめの「D」は11%でした。

そして、もっとひくい「落第らくだい」にあたる「F」は35%ともっとおおく、トランプ大統領だいとうりょうにとっては、きびしい「成績表せいせきひょう」となっています。


歴代れきだい大統領だいとうりょう 就任しゅうにんねん支持率しじりつ

1938ねんからアメリカの大統領だいとうりょう支持率しじりつ調査ちょうさしている世論調査よろんちょうさ会社がいしゃギャラップがまとめた、就任しゅうにんから1ねんがたった1がつ時点じてん歴代れきだい大統領だいとうりょう支持率しじりつです。

この調査ちょうさで、トランプ大統領だいとうりょうは、だい世界せかい大戦後たいせんご歴代れきだい大統領だいとうりょうなかでもっともひくい38%という結果けっかとなりました。

もっとたかかったのは2001ねん就任しゅうにんしたブッシュ大統領だいとうりょうの84%で、2001ねんがつ11にちきた同時どうじ多発たはつテロ事件じけんのあと、愛国心あいこくしんたかまっていたアメリカの世論せろん反映はんえいされたものとられます。

番目ばんめたかかったのは、1989ねん就任しゅうにんした父親ちちおやのブッシュ大統領だいとうりょうの80%で、ソビエト連邦れんぽう冷戦れいせん終結しゅうけつ宣言せんげんした直後ちょくごでした。

そのほか、年代ねんだいってますと、アイゼンハワー大統領だいとうりょうは71%、ケネディ大統領だいとうりょうは79%、ニクソン大統領だいとうりょうは63%、カーター大統領だいとうりょうは54%、レーガン大統領だいとうりょうは48%、クリントン大統領だいとうりょうは55%、オバマ大統領だいとうりょうは49%となっています。

選挙せんきょず、副大統領ふくだいとうりょうから昇格しょうかくしたトルーマン大統領だいとうりょうとジョンソン大統領だいとうりょう、それにフォード大統領だいとうりょう比較ひかく対象たいしょうになっていませんが、就任しゅうにんから1ねん時点じてん支持率しじりつはいずれも40%をえています。


分断ぶんだんふかまるも根強ねづよ支持者しじしゃ

アメリカのトランプ大統領だいとうりょう就任しゅうにん以降いこう物議ぶつぎかも政策せいさく社会しゃかい分断ぶんだんふかめる一方いっぽう支援者しえんしゃからは根強ねづよ支持しじけてきました。

先月せんげつ議会ぎかい法律ほうりつ成立せいりつさせた重要じゅうよう公約こうやくの1つ税制ぜいせい改革かいかくをめぐっても「企業きぎょう富裕層ふゆうそうのための減税げんぜい必要ひつようない」などとしてワシントンでは連日れんじつ抗議こうぎデモがおこなわれました。

デモに参加さんかした男性だんせいはNHKの取材しゅざいに「税制ぜいせい改革かいかく富裕層ふゆうそうとくをするだけで、ずべきことだ。トランプ大統領だいとうりょう辞任じにんすべきだ」とはなしていました。

一方いっぽうでトランプ大統領だいとうりょうは、おととしの大統領だいとうりょう選挙せんきょ勝利しょうりした「ラストベルト=さびついた工業こうぎょう地帯ちたい」とばれる地域ちいきなどでいま根強ねづよ支持しじけています。

その1つ、中西部ちゅうせいぶミシガンみしがんしゅうのデトロイト近郊きんこうで、自動車じどうしゃ生産用せいさんよう装置そうちなどを製造せいぞうする工場こうじょう経営けいえいするマーク・マセソンさんはトランプ大統領だいとうりょう評価ひょうかつづけています。

工場こうじょうでは税制ぜいせい改革かいかくによる法人税ほうじんぜい減税げんぜいによって、おさめる税金ぜいきんがく年間ねんかんおよそ4まんドル(日本円にほんえんで400まんえん以上いじょう見通みとおしで、あらたに従業員じゅうぎょういんやとい、設備投資せつびとうしやす予定よていです。

マセソンさんはNHKの取材しゅざいに「トランプ大統領だいとうりょうはわれわれの期待きたいどおりだ。将来しょうらい楽観らっかんさせてくれる。大統領だいとうりょう公約こうやくすべてを実現じつげんするのをたい」とはなし、トランプ大統領だいとうりょうがインフラ投資とうしなどほかの公約こうやく実現じつげんすることに期待きたいせていました。

現在げんざいいる25にん従業員じゅうぎょういんもトランプ大統領だいとうりょう支持しじしているといます。


判事はんじの90%以上いじょう白人はくじん懸念けねん

アメリカのトランプ大統領だいとうりょう就任しゅうにん以降いこう指名しめいした連邦れんぽう裁判所さいばんしょ判事はんじの90%以上いじょう白人はくじんであることをけて、野党やとう民主党みんしゅとう黒人こくじん市民しみん団体だんたいは、トランプ大統領だいとうりょう人種じんしゅ多様性たようせい軽視けいししていて、判事はんじ保守化ほしゅかすすんでいるとつよ懸念けねん表明ひょうめいしています。

人権じんけん団体だんたい民主党みんしゅとう議員ぎいんによりますと、トランプ大統領だいとうりょう就任しゅうにん以降いこう指名しめいした連邦れんぽう裁判所さいばんしょ判事はんじ72にんのうち66にん白人はくじんで、黒人こくじんは1にん、アジアけいが4にん、ヒスパニックけいが1にんだということです。

指名しめいした判事はんじ全体ぜんたいの91%が白人はくじんで、このうち77%は男性だんせい白人はくじん男性だんせい割合わりあいたかいとしています。

また、歴代れきだい大統領だいとうりょう指名しめいした判事はんじめる白人はくじん割合わりあいは、まえのオバマ大統領だいとうりょうが66%そのまえのブッシュ大統領だいとうりょうが82%、クリントン大統領だいとうりょうが76%となっていて、トランプ大統領だいとうりょうの91%は最近さいきんではたかく、80年代ねんだいから90年代ねんだいのレーガン大統領だいとうりょうやブッシュ大統領だいとうりょう時代じだい匹敵ひってきするたかさとなっています。

アメリカ議会ぎかいでは、今月こんげつにち民主党みんしゅとう上下じょうげ両院りょういん黒人こくじん議員ぎいんたちが公聴会こうちょうかいひらいて、この問題もんだいげ、トランプ大統領だいとうりょう人種じんしゅ多様性たようせい軽視けいししていて判事はんじ保守化ほしゅかすすんでいるとつよ懸念けねん表明ひょうめいしました。

議員ぎいんの1にんは「この1ねんおどろくほど多様性たようせいうしなわれた。トランプ大統領だいとうりょう指名しめいした黒人こくじん判事はんじはたった1にんだ」と批判ひはんしました。

また、べつ議員ぎいんは「このままだと白人はくじん判事はんじだけになる。黒人こくじんどもたちは裁判所さいばんしょ自分じぶんたちの人種じんしゅ重要じゅうようでないと精神的せいしんてききずいかねない」とべました。

さらに、公聴会こうちょうかい証言しょうげんした黒人こくじん市民しみん団体だんたい全米ぜんべい黒人こくじん地位ちい向上こうじょう協会きょうかい」の法務ほうむ担当者たんとうしゃは、NHKの取材しゅざいたいして「トランプ大統領だいとうりょう目的もくてきは、かれ差別的さべつてき敵対的てきたいてき、そして問題もんだいのある政策せいさく承認しょうにんする法廷ほうていだ。われわれは非常ひじょう懸念けねんしている」とべ、判事はんじめる白人はくじん割合わりあいえていることにつよ懸念けねんしめしました。


べい専門家せんもんか「ひどい1ねんだった」

アメリカの首都しゅとワシントンのシンクタンク、ブルッキングス研究所けんきゅうじょのイレーン・カマルク上級じょうきゅう研究員けんきゅういんはNHKのインタビューにたいし、「トランプ大統領だいとうりょう支持率しじりつひくく、歴代れきだい大統領だいとうりょうくらべてひどい1ねんだった。おおきな成功せいこう税制ぜいせい改革かいかくだけで、医療いりょう保険ほけん制度せいど、いわゆるオバマケアの撤廃てっぱいには失敗しっぱいした」とべました。

また、「トランプ大統領だいとうりょう国内こくないでは分断ぶんだんふかめ、国際的こくさいてきには混乱こんらん不安ふあんまねき、安定あんていをもたらすという世界せかいにおけるアメリカの立場たちばよわめた。最初さいしょの1ねん大統領だいとうりょう仕事しごとになれるものだが、トランプ大統領だいとうりょうまったくその形跡けいせきがない」と指摘してきしました。

さらに、いわゆるロシア疑惑ぎわくについて「最初さいしょからトランプ大統領だいとうりょうまわりは疑惑ぎわくくもおおわれてきた。特別とくべつ検察官けんさつかん大統領だいとうりょう本人ほんにん事情じじょう聴取ちょうしゅおこないたいとおもっており、結論けつろんちかづいているのかもしれない」とべました。

一方いっぽうで、「トランプ大統領だいとうりょう支持層しじそうかれ好戦的こうせんてきで、既存きそん支配しはい勢力せいりょく対抗たいこうしているところがきだ。今後こんごもトランプ大統領だいとうりょうはその支持しじ維持いじするだろう」と指摘してきしました。

ただ、ことし11がつおこなわれる議会ぎかい中間ちゅうかん選挙せんきょについては「トランプ大統領だいとうりょうたいする国民こくみん投票とうひょうだ」とべ、トランプ大統領だいとうりょう支持率しじりつひくいことから野党やとう民主党みんしゅとう勝利しょうりする可能性かのうせいがあるという見方みかたしめしました。

関連かんれんニュース

トランプ大統領だいとうりょう中国ちゅうごく到着とうちゃく 故宮こきゅうしゅう国家こっか主席しゅせき交流こうりゅう

トランプ大統領だいとうりょうきょう訪日ほうにち 首脳しゅのう会談かいだんやゴルフ

トランプ大統領だいとうりょう 中国ちゅうごくでツイッター使つかえるかと関心かんしんあつまる

トランプ大統領だいとうりょう安倍あべ首相しゅしょう ゴルフで首脳しゅのう外交がいこう

かくのフットボール”か 横田基地よこたきちでカメラがとらえる