ウナギの供給に影響か 稚魚のシラスウナギ 極端に減少

ウナギの稚魚ちぎょの「シラスウナギ」は、漁獲量ぎょかくりょう極端きょくたん減少げんしょうしていて、消費しょうひがピークをむかえる夏場なつば以降いこうのウナギの供給きょうきゅう影響えいきょうないか、懸念けねんされています。


国内こくない消費しょうひされるウナギの大半たいはん養殖物ようしょくもので、例年れいねん、12がつから翌年春よくねんはるまでのシーズンに漁獲ぎょかくされたシラスウナギが、養殖用ようしょくよう稚魚ちぎょとして使つかわれます。

水産庁すいさんちょうのまとめによりますと、国内こくない養殖池ようしょくいけ去年きょねん12がつれられたシラスウナギは0.2トンと、まえとしおな時期じきのわずか3%にとどまることがわかりました。これは、いまシーズンに漁獲ぎょかくされたシラスウナギのりょう極端きょくたんすくなくなっているためです。

NHKが例年れいねん漁獲量ぎょかくりょうおおけんわせたところ、宮崎県みやざきけんまえのシーズンのおな時期じきのおよそ2%、鹿児島県かごしまけんがおよそ1%にとどまっているほか、静岡県しずおかけんでは0.04%、愛知県あいちけんでは0.02%にとどまっています。

また、水産庁すいさんちょうによりますと、中国ちゅうごく台湾たいわんでも漁獲量ぎょかくりょうすくなくなっていて、ほとんど輸入ゆにゅうできない状態じょうたいだということです。ウナギの生態せいたい解明かいめいされていない部分ぶぶんおおく、極度きょくど不漁ふりょうおちいっている原因げんいんはわかっていませんが、海流かいりゅう変化へんか影響えいきょうしているのではないかという見方みかたもあります。

水産庁すいさんちょうは「漁獲量ぎょかくりょう急激きゅうげき回復かいふくする可能性かのうせいもあるが、今後こんごすくないままだと需要期じゅようきとなる夏以降なついこうのウナギの供給きょうきゅう影響えいきょう可能性かのうせい否定ひていできない」とはなしています。

関連かんれんニュース

大西洋たいせいようクロマグロ 漁獲枠ぎょかくわくねん連続れんぞく拡大かくだい合意ごうい

歳暮せいぼ・おせちに値上ねあげのなみ 背景はいけい

みかん 去年きょねんより30%ちか高値たかね

イージー・ニュース

今年ことしなつはうなぎがりなくなるかもしれない