オーストラリアの海岸かいがんで、沖合おきあいながされたおとこにんが、小型こがた無人機むじんき、ドローンではこばれた救命用きゅうめいようにつかまって救助きゅうじょされ、ドローンを活用かつようしたあらたな人命救助じんめいきゅうじょ方法ほうほう関心かんしんあつまっています。


オーストラリア東部とうぶニューサウスウェールズにゅーさうすうぇーるずしゅう海岸かいがんで18にち、10だいおとこにん沖合おきあいながされているのがつかりました。海岸かいがんちかくでは当時とうじ、ライフセーバーの団体だんたい州政府しゅうせいふ合同ごうどう人命救助じんめいきゅうじょようのドローンの操作そうさ訓練くんれんおこなっている最中さいちゅうで、通報つうほうけ、ドローンに救命用きゅうめいよう搭載とうさいして現場げんばかわせました。

ドローンのカメラの映像えいぞうには、たかさ3メートル以上いじょうなみにのまれるおとこたちの姿すがたとらえられ、ドローンを操作そうさしたライフセーバーはこの映像えいぞうたよりに、おとこたちのすぐちかくに、空気くうきふくらむ棒状ぼうじょう救命用きゅうめいよう投下とうかし、無事ぶじかどうか監視かんしつづけました。

地元じもとメディアによりますと、おとこたちは、救命用きゅうめいようにつかまって沖合おきあいおよそ700メートルの地点ちてんから海岸かいがんまでおよいでもどり、おおきなけがはなかったということです。

ドローンは現場げんばに70びょうほどで到着とうちゃくしたということで、州政府しゅうせいふ担当者たんとうしゃは、ライフセーバーがおよいでかうのにくらべて、6ふんの1の時間じかんで、到達とうたつできたとしています。

州政府しゅうせいふは、ドローンを活用かつようしたはじめての人命救助じんめいきゅうじょだとしていて、各国かっこくのメディアがこの救助きゅうじょげきげ、関心かんしんあつまっています。

関連かんれんニュース

ドローン落下らっか事故じこ 操縦そうじゅう男性だんせい「コントロールきかず」

イージー・ニュース

オーストラリア ドローンを使つかってうみおぼれたひとたすける