あなたの母校がなくなる…2050年~小中学校3分の1に大幅減

「2050ねん全国ぜんこく小中学校しょうちゅうがっこうは、3ふんの1しかのこらない」ーーーこんなおどろきの推計すいけい専門家せんもんかがまとめました。「学校がっこうがなくなる?でも、都会とかい関係かんけいないんじゃないの?」。そんなこえこえてきそうですがたして。あなたの母校ぼこう、あなたのどもやまごかよ学校がっこう将来しょうらいどうなるのでしょうか?(社会部しゃかいぶ記者きしゃ 森野もりのしゅう


東京とうきょうでも“じる”学校がっこう

みなみの<ruby>小学校<rt data-ruby-level=しょうがっこう" />

みなみの小学校しょうがっこう

東京とうきょう中野区なかのくの「みなみの小学校しょうがっこう」。JR新宿駅しんじゅくえきから3キロほどの中心部ちゅうしんぶにあり、去年きょねん、2つの小学校しょうがっこう統廃合とうはいごうしてつくられました。閉校へいこうした中野なかの神明しんめい小学校しょうがっこうは、大正たいしょう12ねん開校かいこう一方いっぽう新山小学校にいやましょうがっこう昭和しょうわ30ねん開校かいこう。いずれも60年以上ねんいじょう伝統校でんとうこうでした。

東京都とうきょうといまどものかずえていますが将来しょうらい減少げんしょう見越みこして統廃合とうはいごうすすんでいます。小学校しょうがっこうかず平成へいせい元年がんねんから去年きょねんまでに146こう減少げんしょうしています。


将来しょうらい学校がっこうは3ふんの1に

東京とうきょうでもつづける学校がっこう全国ぜんこくにおよそ3まんある公立こうりつ小中学校しょうちゅうがっこう将来しょうらいどうなるのか?今回こんかいあらたな推計すいけいをまとめたのが東洋大学とうようだいがく根本ねもと祐二ゆうじ教授きょうじゅです。
人口じんこう減少げんしょう時代じだい全国ぜんこく各地かくち公共こうきょう施設しせつをどう持続じぞくさせるか調査ちょうさしている研究者けんきゅうしゃです。

<ruby>根本<rt data-ruby-level=ねもと祐二ゆうじ教授きょうじゅ" />

根本ねもと祐二ゆうじ教授きょうじゅ


根本ねもと教授きょうじゅは、くにしめ小中学校しょうちゅうがっこう適正てきせい規模きぼ基準きじゅん統廃合とうはいごうすすんだ場合ばあい全国ぜんこく小中学校しょうちゅうがっこういまから30年後ねんごの2050年頃ねんごろにどのくらいのこるかを推計すいけいしました。(くにしめ適正てきせい規模きぼは、小学校しょうがっこうで1学年がくねん2クラス~3クラス、中学校ちゅうがっこうで1学年がくねん4クラス~6クラス)

その結果けっか小学校しょうがっこうはおととしの1まん9800こうが2050年頃ねんごろにおよそ6500こう中学校ちゅうがっこうがおととしの9500こうがおよそ3100こうでした。いずれも3ふんの1程度ていど減少げんしょうするという衝撃的しょうげきてき数字すうじです。


地域ちいきごとにると?

根本ねもと教授きょうじゅ地図ちずうえに、存続そんぞくする学校がっこうあか存続そんぞくしない学校がっこうみどり色分いろわけしています。

東京とうきょう名古屋なごや大阪おおさかなど、大都市だいとし中心ちゅうしんあか目立めだち、地方ちほうではみどり目立めだつのがかります。

<ruby>左<rt data-ruby-level=ひだりがおととし みぎが2050ねんくにしめ適正てきせい規模きぼ基準きじゅん推計すいけい)" />

ひだりがおととし みぎが2050ねんくにしめ適正てきせい規模きぼ基準きじゅん推計すいけい


<ruby>東京<rt data-ruby-level=とうきょう周辺しゅうへん" />

東京とうきょう周辺しゅうへん


<ruby>大阪<rt data-ruby-level=おおさか周辺しゅうへん" />

大阪おおさか周辺しゅうへん


<ruby>東海地方<rt data-ruby-level=とうかいちほう" />

東海地方とうかいちほう


いま小学校しょうがっこう存続そんぞくする割合わりあいを、都道府県とどうふけんべつしめします。島根県しまねけんで10.7%、和歌山県わかやまけん高知県こうちけんで11.3%、岩手県いわてけんが11.7%などとなりました。人口じんこうすくないけんでは、10ふんの1の学校がっこうしかのこらないとされています。


島根県しまねけん地図ちずると、松江市まつえし浜田市はまだしなど、沿岸えんがん地方ちほう都市とし鉄道てつどう沿いはあかくなっていますが、山沿やまぞいの学校がっこうみどり地方ちほうでは、県庁けんちょう所在地しょざいちなど人口じんこうおお都市とし以外いがい存続そんぞくきびしいことがわかります。推計すいけいでは、小中学校しょうちゅうがっこうがなくなる自治体じちたいが、全国ぜんこく自治体じちたいすう半分はんぶんちかい800ちかくにのぼ結果けっかました。

<ruby>中国地方<rt data-ruby-level=ちゅうごくちほう" />

中国地方ちゅうごくちほう


大都市だいとしでは意外いがい傾向けいこうが…

では、大都市圏だいとしけん安泰あんたいかというとけっしてそうではありません。

もっとたか神奈川県かながわけんでも68.2%、東京都とうきょうとが52.7%、大阪府おおさかふで52%、愛知県あいちけんで48.4%と大都市だいとしでも半数はんすうほどしか存続そんぞくしない結果けっかとなったのです。

東京都とうきょうと地図ちずてみます。山手線やまてせんかこまれた都心としん付近ふきんると、みどり学校がっこうあか学校がっこうよりおおくなっています。このように大都市だいとしでは、中心部ちゅうしんぶ学校がっこう存続そんぞくむずかしいという意外いがい傾向けいこうえてきました。

<ruby>東京<rt data-ruby-level=とうきょうの都心としん付近ふきん" />

東京とうきょう都心としん付近ふきん


この理由りゆうなんなのか?根本ねもと教授きょうじゅいてみると、東京都内とうきょうとないでは戦後せんご人口じんこう急増きゅうぞうし、23区内くないおおくの小学校しょうがっこう新設しんせつされましたが、その人口じんこう郊外こうがいうつり、都心部としんぶには小規模しょうきぼ学校がっこうおおくあることが背景はいけいにあるということです。


統廃合とうはいごう活気かっきが しかし課題かだい

学校がっこう統廃合とうはいごうには、メリットもデメリットもあるようです。

冒頭ぼうとう紹介しょうかいした、みなみの小学校しょうがっこうは、おな地区ちくにある2つの学校がっこう統合とうごうされ全校ぜんこう児童じどうが580にんになりました。

統廃合とうはいごうされるまえ児童数じどうすうすくなかった小学校しょうがっこうはおよそ180にん各学年かくがくねん1クラスしかなく、運動会うんどうかい遠足えんそくなども、2つの学年がくねんっていました。いまはどの学年がくねんも3クラスにえ、運動会うんどうかいでは6年生ねんせいだけで体操たいそうができるようになりました。

みなみの<ruby>小学校<rt data-ruby-level=しょうがっこうの運動会うんどうかい" />

みなみの小学校しょうがっこう運動会うんどうかい


6ねん女子じょし児童じどういてみると、「運動会うんどうかい練習れんしゅうおおくのひととやることでほかのひとはし様子ようすてどうはしったらいいかわかるようになりました。去年きょねんより、すこはやはしれるようになったとおもいます」とはなしていました。

みなみの小学校しょうがっこう吉羽よしばしげる校長こうちょうは、「学校がっこうとして活気かっきて、どもたちがたのしく、毎日まいにちいきいきと活動かつどうしている。統合とうごうによって学級がっきゅう規模きぼ確保かくほできたのはおおきなメリットだとかんじる」とはなしていました。

一方いっぽうで、課題かだいもあります。2つの学校がっこう統合とうごうしたことで校区こうくひろくなりました。そのため、通学路つうがくろ安全あんぜん点検てんけんをする負担ふたんえたほか、これまでながくて10ふん程度ていどだった通学つうがく時間じかんが、3ばいえた児童じどうもいるということです。


地域ちいき避難所ひなんじょが…

さらに、この学校がっこうがある地域ちいき住民じゅうみんべつ理由りゆう戸惑とまどいをくちにします。

大川おおかわ輝男てるおさん(76さい)は、町会長ちょうかいちょうつとめています。じついまのみなみの小学校しょうがっこうかり校舎こうしゃで、2年後ねんごに、べつ場所ばしょあたらしい校舎こうしゃができると地域ちいきから移転いてんしてしまいます。大川おおかわさんは自分じぶんどもやまごとおった小学校しょうがっこうがなくなることについて、「どものこえこえなくなることは地域ちいきにとってさびしいことです」とらしました。

<ruby>大川<rt data-ruby-level=おおかわ輝男てるおさん" />

大川おおかわ輝男てるおさん


そのうえで「跡地あとちがどうなるのかまっていないので不安ふあんです。小学校しょうがっこう災害時さいがいじ避難ひなん場所ばしょになっているので、今後こんごどこに避難ひなんすればいいのか心配しんぱいです」とはなしていました。


将来しょうらいきびしい現実げんじつ見据みすえる」

<ruby>根本<rt data-ruby-level=ねもと教授きょうじゅ" />

根本ねもと教授きょうじゅ

根本ねもと教授きょうじゅは、「学校がっこう統廃合とうはいごうすすまずに負担ふたんえれば適正てきせい教育きょういく環境かんきょうどもにあたえられなくなる」と警鐘けいしょうをならし、自治体じちたい地域ちいき努力どりょくで、学校がっこうのこすための2つの具体的ぐたいてき提言ていげんをしています。

1つが、単独たんどく市町村しちょうそん学校がっこう存続そんぞくむずかしい場合ばあいは、自治体じちたいをまたいで学校がっこう運営うんえいする協同組合きょうどうくみあい設立せつりつする。もう1つが、統廃合とうはいごうした学校がっこうにほかの公共こうきょう施設しせつ集約しゅうやくし、地域ちいき拠点きょてんにする。そのうえで、根本ねもと教授きょうじゅはこうげかけました。

都市としふくめ、すべての国民こくみん関係かんけいがあることなので、将来しょうらい姿すがた一人一人ひとりひとりかんがえてほしい」


将来しょうらい議論ぎろん

日本にっぽん創成そうせい会議かいぎが4年前ねんまえに、「消滅しょうめつ可能性かのうせい都市とし」を発表はっぴょうして、話題わだいになりました。今回こんかい学校がっこう推計すいけいは、いわば「消滅しょうめつ可能性かのうせい学校がっこう」とべるかもしれません。今回こんかい推計すいけいわたしもショックをけた1にんですが、根本ねもと教授きょうじゅはなすように、人口じんこう減少げんしょうけられない現実げんじつです。どもたちやまごたち、さらに、学校がっこうふくめた「将来しょうらいのまち」を、どうかんがえるべきか。いまから議論ぎろんふかめるきっかけになればいいとおもいます。

関連かんれんニュース

日本語にほんご学校がっこう急増きゅうぞうねんで200こう以上いじょう新設しんせつ 背景はいけい人手ひとで不足ぶそく

不登校ふとうこう13まん4000にんちょう 過去かこ10ねん最多さいた

あなたのおさんはどのくらいならごとをしていますか?