埼玉 長瀞町で天然氷の切り出し

さわみずれて自然しぜんさむさでこおらせた名物めいぶつ天然てんねんこおり作業さぎょうが、埼玉県さいたまけん長瀞町ながとろまちおこなわれました。


長瀞町ながとろまち宝登山ほどさんのふもとでは、明治時代めいじじだいから地元じもと製氷せいひょう業者ぎょうしゃさわみず人工じんこういけれて、自然しぜんさむさでこおらせる伝統でんとう方法ほうほう天然てんねんこおりつくっています。

この時期じき、2つあるいけ全面ぜんめんこおりり、16にち従業員じゅうぎょういんたちがのこぎりなどを使つかって、たて70センチ、よこ50センチのおおきさにこおりし、トラックにんでいました。

業者ぎょうしゃによりますと、このふゆきびしいみがつづいているため、ここ10ねんもっとはや先月末せんげつまつから作業さぎょうはじまり、した天然てんねんこおりは80トンにのぼるということです。

製氷せいひょう業者ぎょうしゃ阿左美あさみ哲男てつおさんは「時間じかんをかけてこお天然てんねんこおり実際じっさいあじわって、自然しぜんめぐみをかんじてもらえれば」とはなしていました。この天然てんねんこおりは、地元じもと名物めいぶつのかきごおりにして販売はんばいされるということです。

関連かんれんニュース

氷点下ひょうてんかなかで34くみ合同ごうどう結婚式けっこんしき 中国ちゅうごく

イージー・ニュース

埼玉県さいたまけん長瀞町ながとろまち 自然しぜんさむさでこおったこおりができる