訪日ほうにち外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費しょうひ はつの4兆円ちょうえん

2018ねん01がつ16にち 1700ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

去年きょねん年間ねんかん日本にっぽんおとずれた外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃもの宿泊しゅくはくなどで消費しょうひした金額きんがく推計すいけいはじめて4兆円ちょうえんえ、過去かこ最高さいこう更新こうしんしました。一方いっぽうで、1にんたりの消費しょうひ金額きんがくは2ねん連続れんぞく減少げんしょうしました。

観光庁かんこうちょうによりますと日本にっぽんおとずれた外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ去年きょねん年間ねんかんもの宿泊しゅくはくなどで消費しょうひした金額きんがく推計すいけいで4ちょう4161億円おくえんまえとしより17.8%えました。

兆円ちょうえんえたのははじめてで、5ねん連続れんぞく過去かこ最高さいこう更新こうしんしました。これは、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃかず推計すいけいで2869万人まんにんまえとしより19%えたことによるものです。

消費額しょうひがくくに地域別ちいきべつますと中国ちゅうごくからの旅行者りょこうしゃが14.9%えて1ちょう6946億円おくえん全体ぜんたいのおよそ4わりめ、1にんたりの消費額しょうひがくも23万円まんえんあまりともっとたかくなっています。

いで、台湾たいわんからの旅行者りょこうしゃが9.5%えて5744億円おくえん韓国かんこくからの旅行者りょこうしゃが43.3%えて5126億円おくえんなどとなっています。

一方いっぽうで、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃにんたりの平均へいきん消費額しょうひがくは、15まん3921えんまえとしを1.3%下回したまわり、2ねん連続れんぞく減少げんしょうしました。

政府せいふは、2020ねんまでに外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費額しょうひがくをほぼ2ばい年間ねんかん兆円ちょうえんやす目標もくひょうかかげています。いわゆる“ばくい”がかつてのいきおいをうしななかでこの目標もくひょう達成たっせいするには、観光地かんこうちとしての地方ちほう魅力みりょくたかめて宿泊日しゅくはくびすうをのばすことや、滞在たいざい期間きかんなが消費額しょうひがくおおきい傾向けいこうがある欧米おうべいからの旅行者りょこうしゃやすことが課題かだいとなっています。

観光庁かんこうちょう長官ちょうかんよる活性化かっせいか 積極的せっきょくてきに」

観光庁かんこうちょう田村たむら明比古あきひこ長官ちょうかん記者会見きしゃかいけんで「外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ娯楽ごらくサービスに支出ししゅつする割合わりあい日本にっぽん旅行りょこうでは3%程度ていどだが、海外かいがいでは10%にたっするくにもある。東京とうきょうよる大人おとな健全けんぜんたのしめる娯楽ごらくすくないという不満ふまんがあがっているのも実情じつじょうだ。ナイトタイムの活性化かっせいか役所やくしょだけでむのはむずかしいので、民間みんかん企業きぎょう協力きょうりょくして積極的せっきょくてきんでいきたい」とはなしていました。

官房長官かんぼうちょうかん資源しげん各地かくちすこしずつはなひらいた」

かん官房長官かんぼうちょうかんは、午後ごご記者会見きしゃかいけんで、「観光かんこうによる外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ拡大かくだいは、安倍あべ政権せいけんすすめる改革かいかくもっともわかりやすい成功例せいこうれいだ。もともと日本にっぽんは、自然しぜん気候きこう文化ぶんかしょくという、観光かんこう必要ひつような4要素ようそめぐまれ、全国ぜんこくゆたかな観光かんこう資源しげんねむっており、これまでのみの結果けっか、こうした資源しげん各地かくちすこしずつはなびらき、今回こんかい数字すうじになったのだとおもう」とべました。

そのうえで、かん官房長官かんぼうちょうかんは、「しん観光かんこう先進国せんしんこく実現じつげんして、2020ねん外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ年間ねんかん4000万人まんにんにし、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費額しょうひがく年間ねんかん兆円ちょうえんやすという目標もくひょうかってすすんでいきたい」とべました。

よる観光かんこう強化きょうかうご

外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費額しょうひがくやす一環いっかんとして、日中にっちゅうだけでなく、よる観光かんこうたのしみたいというニーズをもうといううごきがひろがっています。

このうち、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃけのツアーを販売はんばいしている東京とうきょう会社かいしゃでは、庶民的しょみんてき日本にっぽんよるまち体験たいけんしたいというニーズにこたえようと、居酒屋いざかやなどをめぐるツアーをおこなっています。

このは、アメリカからの観光客かんこうきゃくにん東京とうきょうのJR恵比寿えびす駅周辺えきしゅうへん鳥屋とりや居酒屋いざかやを「はしご」するツアーに参加さんかしました。

日本人にほんじんのガイドから枝豆えだまめかたやサワーのかたなどの説明せつめいけながら、よるまちたのしんでいました。

ツアーに参加さんかしたアメリカあめりかじん女性じょせいは、「とりもサワーもとてもおいしく、ガイドの説明せつめい丁寧ていねいたのしめました」とはなしていました。

このツアーをがけた会社かいしゃ、「オイシイ」の佐久間さくまめぐみさんは「外国人がいこくじんほうは、路地裏ろじうらにあるような普通ふつう居酒屋いざかやにはなかなかはいりづらいようで、今後こんごもサービスを強化きょうかしていきます」とはなしていました。

一方いっぽう東京とうきょう原宿はらじゅくにある日本にっぽんのポップカルチャーをコンセプトにしたカフェは、よる観光かんこうスポットとして人気にんきあつめています。

店内てんないには、ケーキのかたちとしたメリーゴーラウンドや色鮮いろあざやかなきのこなどの装飾そうしょくほどこされています。

店内てんないされるパスタやパフェなども、いろとりどりのメニューが用意よういされ、スマートフォンで撮影さつえいしながらたのしむ外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃおおられました。

営業時間えいぎょうじかん午後ごご10時半じはんまでで、日本にっぽん最先端さいせんたんのポップカルチャーをよるたのしめるとあって、去年きょねんはおよそ15万人まんにん来店者らいてんしゃのうち、4わり外国人がいこくじんだったということです。

オーストラリアからたカップルは、「とてもユニークな空間くうかん料理りょうりもかわいくてたのしいです」とはなしていました。

「カワイイモンスターカフェハラジュク」のスタッフの女性じょせいは「ほかにはない世界観せかいかんしめして、外国人がいこくじんほうにもたのしんでもらえることをやっていきたい」とはなしていました。

よる観光かんこうくに

よる観光かんこう充実じゅうじつさせてほしいという意見いけんは、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃからもおおせられていて、政府せいふも、よる経済けいざい=「ナイトタイムエコノミー」を活性化かっせいかするみをすすめることにしています。

政府せいふ外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ東京とうきょうオリンピック・パラリンピックがひらかれる2020ねんに4000万人まんにんやし、外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費額しょうひがく年間ねんかん兆円ちょうえんとする目標もくひょうかかげています。

このうち外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃ消費額しょうひがくは、去年きょねんはじめて4兆円ちょうえんえました。これは国内こくない家計かけい消費額しょうひがく全体ぜんたいのおよそ1.5%にたります。

これが8兆円ちょうえんになれば、おととしの全国ぜんこくのデパートのげの5.9兆円ちょうえんをも上回うわまわ規模きぼとなります。

観光庁かんこうちょうは、消費額しょうひがくやすため、観光地かんこうち日本にっぽんならではの体験たいけんたのしむ「コト消費しょうひ」、とく夜間やかん需要じゅようこせるかどうかが重要じゅうようだとしています。

このため、観光庁かんこうちょうは、来年度らいねんどから、夜間やかんあらたなイベントをひらくなどのみをすすめることにしています。

また、自民党じみんとう議員ぎいん連盟れんめいは、先月せんげつ劇場げきじょう美術館びじゅつかんなどの利用りよう時間じかん延長えんちょう鉄道てつどうやバスの深夜しんや運行うんこうなどを提言ていげんしています。

専門家せんもんかよる経済けいざい効果こうか期待きたい 課題かだいも」

観光かんこう対策たいさくとしてよる経済けいざい=「ナイトタイムエコノミー」を充実じゅうじつさせるみについてJTB総合そうごう研究所けんきゅうじょ熊田くまだ順一じゅんいち主席しゅせき研究員けんきゅういんは「ナイトタイムエコノミーはいままで空白くうはくになっていたよる時間帯じかんたいあたらしいサービスやひと交流こうりゅうすためおおきな経済けいざい効果こうか期待きたいされる」とはなしています。

ただ現状げんじょうについては「日本にっぽんはヨーロッパやアメリカにくらべ、十分じゅうぶん活用かつようできていない。都市部としぶのショーやバーだけでなく、地方ちほうでの星空ほしぞら鑑賞かんしょうなど日本にっぽん自然しぜんかしたナイトタイムエコノミーも注目ちゅうもくされていくだろう」とはなしています。

一方いっぽうで、熊田くまだ主席しゅせき研究員けんきゅういんは、「先進的せんしんてきんでいるヨーロッパなどでは騒音そうおん飲酒いんしゅによる泥酔者でいすいしゃへの対応たいおうなどおおくの課題かだいている。企業きぎょう政府せいふ地域ちいきなど各機関かくきかん連携れんけいして議論ぎろんし、対策たいさくんでいく必要ひつようがある」とはなし、夜間やかん観光かんこうならではの課題かだい指摘してきしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。