17年後ねんごの2035ねん世界せかい販売はんばいされる新車しんしゃのおよそ4だいに1だいかん全自動ぜんじどう運転うんてんくるまになるとする試算しさん民間みんかんのコンサルティング会社がいしゃがまとめました。


大手おおてコンサルティング会社がいしゃ「ボストンコンサルティング」の試算しさんによりますと、ドライバーの運転うんてん必要ひつようとしない完全かんぜん自動じどう運転うんてんくるま今後こんご10ねんのうちに一般道いっぱんどうはしるようになり、17年後ねんごの2035ねんには世界せかい販売はんばいされる新車しんしゃの23%、およそ4だいに1だいめるとしています。

また、運転手うんてんしゅがいない自動じどう走行そうこうのタクシーのほか、「カーシェア」や「ライドシェア」など、くるま個人こじん所有しょゆうせずに利用りようするサービスが一段いちだん普及ふきゅうし、乗用車じょうようしゃ移動いどうする距離きょりめる割合わりあいが18%にのぼるということです。

さらに、乗用車じょうようしゃのうち電気でんき自動車じどうしゃめる割合わりあい現在げんざいの1%から30%に増加ぞうかし、ガソリンがそりんしゃディーゼルでぃーぜるしゃ割合わりあいおおきくると予測よそくしています。

コンサルティング会社がいしゃは、「自動車じどうしゃメーカーにとってはくるま販売はんばいするという従来じゅうらい事業じぎょう縮小しゅくしょうし、あたらしい領域りょういきへの投資とうし必要ひつようになる一方いっぽう新規しんき参入さんにゅう事業者じぎょうしゃのチャンスがえそうだ」と分析ぶんせきしています。

関連かんれんニュース

日本にっぽん電機でんきメーカー 自動じどう運転うんてん自社じしゃ技術ぎじゅつ事業じぎょう強化きょうか

メーカーへの信頼しんらいらぐなか 東京とうきょうモーターショーもーたーしょー内容ないよう

自動車じどうしゃメーカー カーシェアリング事業じぎょうへの参入さんにゅう相次あいつ

べい家電かでんショー開幕かいまく コンセプトカーやロボットなどに注目ちゅうもく

中国ちゅうごく 広州こうしゅうモーターショー開幕かいまく EVモデルきそ

イージー・ニュース

「2035ねんにはあたらしいくるまの23%が自動じどう運転うんてんくるまになる」