日本にっぽん各地かくちで「火球かきゅう」か 目撃もくげき相次あいつ

2018ねん01がつ13にち 2227ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

13日午後にちごご時前じまえ関東かんとうから四国しこくにかけてのひろ範囲はんいで、上空じょうくうながちる「たま」のようなひかりたという目撃もくげき情報じょうほう相次あいつぎました。専門家せんもんかは、小惑星しょうわくせいなどのかけらが大気圏たいきけん突入とつにゅうしてきるさいひかる「火球かきゅう」ではないかとはなしています。

13日午後にちごご53ふんごろ、神奈川県かながわけん藤沢市ふじさわし静岡県しずおかけん御前崎市おまえざきし設置せっちされたNHKのカメラに上空じょうくうながちる「たま」のようなひかりとらえられました。いずれの映像えいぞうでもみなみ上空じょうくうあかひかりはなちながらあらわれ、1秒後びょうごには膨張ぼうちょうするように緑色みどりいろつよひかり3びょうほどでえました。

ツイッターじょうでも、大阪府おおさかふ香川県かがわけんなどひろ範囲はんいから、「たまのようなものをた」などというみとともにひかり上空じょうくうながれる映像えいぞう複数ふくすう投稿とうこうされました。

国立こくりつ天文台てんもんだい山岡やまおかきん准教授じゅんきょうじゅによりますと、小惑星しょうわくせいなどのかけらが大気圏たいきけん突入とつにゅうしてえるつきるさいひかる「火球かきゅう」とられるということです。山岡やまおか准教授じゅんきょうじゅは「火球かきゅう大気たいきとの摩擦まさつ分裂ぶんれつすると表面積ひょうめんせきえ、あかるくひかときがある。日本にっぽんみなみ海上かいじょう方向ほうこう落下らっかかいにたどりまえきたのではないか」とはなしています。

博物館はくぶつかんのカメラでも確認かくにん

神奈川県かながわけんにある平塚市ひらつかし博物館はくぶつかん藤井ふじい大地だいち学芸員がくげいいんは、13日午後にちごご53ふんに、平塚市ひらつかし静岡県しずおかけん富士市ふじしの2かしょ設置せっちしたカメラにたまのようなひかりながれている様子ようすうつっているのを確認かくにんしたということです。藤井ふじいさんは、「映像えいぞうると、紀伊きい半島はんとう沖合おきあい南西なんせい方向ほうこう上空じょうくうひかりながれていた。発光はっこうつよさから判断はんだんすると、火球かきゅうだとかんがえられる」とはなしています。

ドライブレコーダーにも

大阪おおさか高槻市たかつきし枚方ひらかた大橋おおはし付近ふきん通行つうこうしたくるまのドライブレコーダーにも「火球かきゅう」のようなひかりうつっていました。くるま運転うんてんしていた女性じょせいは、「みなみそらたまのようなひかりえ、ながぼし隕石いんせき(いんせき)かなにかだろうとおもい、おどろきました」とはなしていました。

また、午後ごご時前じまえ香川県かがわけん善通寺市ぜんつうじしで、火球かきゅうのようなひかりをドライブレコーダーで撮影さつえいした男性だんせいは、「ふつうのながぼしくらべるとずいぶんながあいだひかってえた。もはっきりとしていてあかるかった」とはなしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。