巨大きょだい鏡餅かがみもちでお汁粉しるこ 2000にんがほっこり 北九州きたきゅうしゅう

2018ねん01がつ08にち 1841ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

北九州市きたきゅうしゅうし小倉城こくらじょう正月しょうがつあいだ天守閣てんしゅかくかざられていた巨大きょだい鏡餅かがみもち使つかって2000人分にんぶんのお汁粉しるこ市民しみんにふるまうもよおしがひらかれました。

このもよおしは、半世紀はんせいき以上いじょうまえから無病むびょう息災そくさいねがって毎年まいとし、この時期じき小倉城こくらじょうおこなわれているもので、北九州市きたきゅうしゅうしふゆ風物詩ふうぶつしの1つとなっています。

汁粉しるこには、正月用しょうがつようとして今月こんげつにちまで天守閣てんしゅかくかざられていたおもさおよそ370キロの巨大きょだい鏡餅かがみもち使つかわれ、およそ150にんのボランティアが、8日午前にちごぜんから仕込しこみをおこないました。

天守閣てんしゅかくまえ広場ひろばには、先着せんちゃく2000にんにふるまわれる縁起物えんぎもののお汁粉しるこにあやかろうとながれつができていました。おとずれたひとたちは、こんがりとのついたもちはいった熱々あつあつのお汁粉しるこをおいしそうにべていました。

毎年まいとし家族かぞくおとずれているという北九州市きたきゅうしゅうし八幡西区やはたにしくの38さい女性じょせいは、「あまくておいしいです。ことし1ねん元気げんきごしていきたいとおもいます」とはなしていました。もよおしの実行じっこう委員会いいんかいによりますと、用意よういした2000人分にんぶんのお汁粉しるこはおよそ2時間じかんですべてなくなったということです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。