東京とうきょう神奈川かながわ震度しんど津波つなみ心配しんぱいなし

2018ねん01がつ06にち 0119ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

日午前にちごぜん54ふんごろ、東京都とうきょうと神奈川県かながわけん震度しんど4のれを観測かんそくする地震じしんがありました。この地震じしんによる津波つなみ心配しんぱいはありません。

各地かくち震度しんどは、震度しんど4が東京とうきょう中央区ちゅうおうく品川区しながわく港区みなとく渋谷区しぶやく葛飾区かつしかく調布市ちょうふし町田市まちだし横浜市よこはまし鶴見区つるみく神奈川区かながわく港北区こうほくく戸塚区とつかく緑区みどりく青葉区あおばく川崎市かわさきし宮前区みやまえく大和市やまとし、それに相模原市さがみはらし南区みなみくでした。

震度しんど3が東京とうきょう千代田区ちよだく新宿区しんじゅくく文京区ぶんきょうくなど、神奈川県かながわけん横浜市よこはまし金沢区かなざわく港南区こうなんく藤沢市ふじさわしなど、茨城県いばらきけん土浦市つちうらしやつくばなど、栃木県とちぎけん鹿沼市かぬまし真岡市もおかしなど、埼玉県さいたまけんがさいたま浦和区うらわく大宮区おおみやく川口市かわぐちしなど、群馬県ぐんまけん邑楽町おうらまち観測かんそくされました。

このほか東北とうほくから関東かんとう甲信越こうしんえつ、それに静岡県しずおかけんひろ範囲はんい震度しんど2と1のれを観測かんそくしました。

気象庁きしょうちょう観測かんそくによりますと、震源しんげん千葉県ちばけん北西部ほくせいぶ震源しんげんふかさは80キロ、地震じしん規模きぼしめすマグニチュードは4.8と推定すいていされています。

警視庁けいしちょうによりますと午前ごぜん10ふん現在げんざい、この地震じしんによるけがにんなどの情報じょうほうはいっていないということです。

千葉県ちばけん警察けいさつ本部ほんぶによりますと、千葉ちば県内けんないでは午前ごぜん15ふん現在げんざい地震じしんによる被害ひがい情報じょうほうはいっていないということです。

神奈川県かながわけん警察けいさつ本部ほんぶによりますと、午前ごぜん17ふん現在げんざい神奈川かながわ県内けんないでは地震じしんともな被害ひがい情報じょうほうはいっていないということです。

専門家せんもんか関東かんとう真下ました発生はっせい たん周期しゅうきげるようなれに」

今回こんかい地震じしんについて、東京大学とうきょうだいがく地震じしん研究所けんきゅうじょ古村こむら孝志たかし教授きょうじゅは「関東地方かんとうちほうしたしずんでいる太平洋たいへいようプレートとフィリピンかいプレートの境界きょうかい付近ふきんか、太平洋たいへいようプレートの内部ないぶ発生はっせいした地震じしんられる。比較的ひかくてきぶか場所ばしょ発生はっせいした地震じしんだったが、東京とうきょうなど関東かんとう真下ました発生はっせいしたため、ガタガタとみじか周期しゅうきげるようなれになった」と分析ぶんせきしています。

そのうえで「今回こんかい地震じしん今後こんご、よりおおきな地震じしんにつながるかはわからないが、関東地方かんとうちほうはもともと地震じしん活動かつどう活発かっぱつ地域ちいきで、今回こんかいよりはるかに規模きぼおおきいマグニチュード7クラスの首都しゅと直下ちょっか地震じしん想定そうていされている。今回こんかい地震じしんをきっかけに、あらためて地震じしんへのそなえを確認かくにんしてほしい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。