南極点なんきょくてんへの補給ほきゅうでの単独たんどく歩行ほこう挑戦ちょうせんしていた冒険家ぼうけんか荻田おぎたたいえいさん(40)が、日本にっぽん時間じかんの6にち未明みめい南極点なんきょくてん到達とうたつすることに成功せいこうしました。支援者しえんしゃによりますと、南極点なんきょくてんへの補給ほきゅうでの単独たんどく踏破とうは日本人にほんじんでははじめてだということです。


北海道ほっかいどう鷹栖町たかすちょう在住ざいじゅう冒険家ぼうけんか荻田おぎたたいえいさんは、これまでに2食料しょくりょうみずなどの補給ほきゅうけない補給ほきゅうでの単独たんどく歩行ほこうによる北極点ほっきょくてんへの到達とうたついどみましたが断念だんねんしています。

今回こんかい目標もくひょう地点ちてん南極点なんきょくてん変更へんこうして、去年きょねん11がつ17にち南極なんきょく大陸たいりく海岸線かいがんせん単独たんどく出発しゅっぱつし、南極点なんきょくてんまでのおよそ1130キロを補給ほきゅう踏破とうはしようと挑戦ちょうせんしていました。

荻田おぎたさんは食料しょくりょうやテントなどをんだおもさ100キロあまりのそりを1にんきながらあるき、気温きおん氷点下ひょうてんか20下回したまわることもあるなか標高ひょうこうがおよそ2800メートルの南極点なんきょくてん目指めざしていました。

そして、出発しゅっぱつから50日目にちめとなる6日午前にちごぜん時半じはんすぎ、荻田おぎたさんから「日本にっぽん時間じかんのきょう午前ごぜん45ふん南極点なんきょくてん到達とうたつ成功せいこうした」と、支援者しえんしゃのいる東京とうきょう事務所じむしょ衛星えいせい電話でんわ連絡れんらくはいりました。

荻田おぎたさんからは、南極点なんきょくてん設置せっちされているモニュメントのまえ笑顔えがお日本にっぽん国旗こっきかかげる様子ようすうつした写真しゃしんと、南極点なんきょくてん到達とうたつしめすGPS受信機じゅしんき写真しゃしんおくられました。

支援者しえんしゃによりますと、補給ほきゅうでの単独たんどく踏破とうは日本人にほんじんでははじめてだということです。

荻田おぎたさんは「ちいさな一歩いっぽかさねればどんな困難こんなんみちでもすすめることや、挑戦ちょうせんつづけることのすばらしさをあらためてまなんだ」とはなし、よろこびをかたっていました。

荻田おぎたさんは今月こんげつ22にち帰国きこくするということです。


荻田おぎたさんとは

荻田おぎたたいえいさんは神奈川県かながわけん出身しゅっしんの40さい大学だいがく中退ちゅうたいした直後ちょくごにテレビ番組ばんぐみ冒険家ぼうけんか大場おおば満郎みつろうさんの活動かつどうり、22さいのときに大場おおばさんが主催しゅさいする企画きかくはじめてカナダの北極圏ほっきょくけんはいり、700キロをあるきました。

翌年よくねんは1にん北極圏ほっきょくけんおとずれたほか、アルバイトをして資金しきんをためては毎年まいとしのようにかようようになり、これまでの18年間ねんかんで15かい北極圏ほっきょくけんおとずれ、わせて9000キロ以上いじょうあるいていました。

年前ねんまえと4年前ねんまえにはカナダ北部ほくぶしま出発しゅっぱつし、途中とちゅう物資ぶっし補給ほきゅうけずに800キロさき北極点ほっきょくてん目指めざ補給ほきゅう単独たんどく踏破とうはいどみましたが、いずれも天候てんこう悪化あっか断念だんねんしていました。

また、荻田おぎたさんは冒険ぼうけん経験けいけんかして、夏休なつやすみに小学生しょうがくせいどもたちと国内こくないで160キロをキャンプしながらある企画きかくなどを主催しゅさいしています。


南極点なんきょくてんまでのきびしい環境かんきょう

荻田おぎたさんの支援者しえんしゃによりますと、物資ぶっし補給ほきゅうけずに南極点なんきょくてんへの単独たんどく踏破とうは達成たっせいしたのは世界せかいでも30にんたないということです。

南極点なんきょくてんへの到達とうたつ海岸線かいがんせんから出発しゅっぱつするという世界せかい共通きょうつうのルールがあり、今回こんかい荻田おぎたさんが挑戦ちょうせんした出発しゅっぱつ地点ちてんまで航空機こうくうきけるルートでは、およそ1130キロの距離きょりがあります。

さらに、標高ひょうこうおよそ2800メートルの南極点なんきょくてん目指めざさいには、えた空気くうきがみずからのおもみでりる「カタバふう」とばれるかいかぜにさらされることになります。

今回こんかい挑戦ちょうせんでも、風速ふうそく10メートルのかいかぜ一日中いちにちじゅうさらされながらおよそ15キロあまりをあるいたもあったということです。

また、途中とちゅう物資ぶっし補給ほきゅうけないことから、そりに食料しょくりょうみずなどのりょうおおくする必要ひつようがありますが、いてあるけるおもさにも限界げんかいがあるため挑戦ちょうせん可能かのう期間きかんかぎられます。

今回こんかいはおよそ60日分にちぶん荷物にもつ100キロあまりをそりにんで、氷点下ひょうてんか20下回したまわることもあるきびしい自然しぜん環境かんきょうなか南極点なんきょくてん目指めざしていました。


50日間にちかん軌跡きせき

荻田おぎたさんは南極点なんきょくてん到達とうたつするまでのあいだ日々ひび生活せいかつ様子ようす文章ぶんしょう写真しゃしん記録きろくし、メールをった支援者しえんしゃらが荻田おぎたさんのツイッターに投稿とうこうしていました。

(11がつ14にち投稿とうこう
荻田おぎたさんは、経由地けいゆちのチリのホテルで荷物にもつ整理せいりおこなったさい写真しゃしんをツイッターに投稿とうこうしています。チリでは、極地きょくち冒険ぼうけんにはかせないとしてこうカロリーかろりーのバターをおよそ5キロ購入こうにゅうしたと紹介しょうかいしていました。

(11がつ18にち投稿とうこう
荻田おぎたさんはチリから航空機こうくうき南極なんきょく大陸たいりく出発地しゅっぱつちはいり、11がつ17にち冒険ぼうけんをスタートさせました。

(11がつ24にち投稿とうこう
出発しゅっぱつから7日目にちめには、気温きおん氷点下ひょうてんか15風速ふうそく10メートルのかいかぜなか、15.3キロをあるいたということで、電話でんわ連絡れんらくけた支援者しえんしゃは「かなりつかれた様子ようすだった」とかえっています。

(11がつ25にち投稿とうこう
日目にちめには夕食ゆうしょく写真しゃしん投稿とうこうし、「べい、チキンライスあじにバター100グラム、しお、チーズ100グラムを投入とうにゅう。うまいよ!」とえていました。

(12がつ16にち投稿とうこう
29日目にちめには、「撮影さつえいした写真しゃしん拡大かくだいすると、進行しんこう方向ほうこう右側みぎがわ巨大きょだいなクレバスが数本すうほんはしっていることがわかった」として、氷河ひょうがなどのふかの「クレバス」にちないように注意深ちゅういぶかすすんできたとつづっています。

(12がつ17にち投稿とうこう
スタートから30日目にちめには、中間ちゅうかん地点ちてんのティール山脈さんみゃく到着とうちゃくしたことを報告ほうこくしています。ここには研究者けんきゅうしゃおとずれるために氷床ひょうしょうをならした滑走路かっそうろなどがあり、荻田おぎたさんは尊敬そんけいするイギリスいぎりすじん冒険家ぼうけんか出会であうことができたと興奮こうふんした様子ようす写真しゃしん投稿とうこうしています。

(12がつ25にち/1がつにち投稿とうこう
クリスマスをむかえた38日目にちめには夕食ゆうしょく乾燥かんそうした鶏肉とりにくべたほか、元日がんじつの45日目にちめには鏡餅かがみもちをゆでてお汁粉しるこにしてべたことを報告ほうこくしています。

(1がつにち投稿とうこう
そして、出発しゅっぱつから50日目にちめ、1126キロの距離きょり踏破とうは南極点なんきょくてん到着とうちゃくしました。荻田おぎたさんは南極点なんきょくてん到達とうたつしたときの気持きもちについて、「純粋じゅんすいにうれしかったほか、もうあるかなくていいとあんどしたとかんじた」と衛星えいせい電話でんわはなしました。

関連かんれんニュース

戌年いぬどしイヤーで愛犬家あいけんか大忙おおいそが

イージー・ニュース

北海道ほっかいどう荻田おぎたたいえいさんが1にんあるいて南極点なんきょくてんまで