平成へいせい30ねんは“副業ふくぎょう元年がんねん”!?

2018ねん01がつ04にち 1116ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

新年しんねん最初さいしょのニュースアップは、ことし、おおきくうごきそうなテーマをげます。「もう1つの仕事しごとなんですか?」。そんなやりりがたりまえおこなわれるるかもしれません。はたらかた改革かいかく一環いっかんとして政府せいふが「原則げんそく副業ふくぎょう兼業けんぎょうみとめる方向ほうこう普及ふきゅう促進そくしんはかる」とはたなか平成へいせい30ねんは、「副業ふくぎょう元年がんねん」になるともわれています。その一方いっぽう昨年末さくねんまつには、「副業ふくぎょう」の推進すいしんに“った”をかけるかのような発言はつげん波紋はもんひろげています。副業ふくぎょう兼業けんぎょううごきはひろがるのか、さぐりました。(ネットワーク報道部ほうどうぶ記者きしゃ 佐藤さとうしげる

政府せいふ本腰ほんごし

はたらかた改革かいかく推進すいしんする政府せいふ副業ふくぎょう兼業けんぎょうは、おおきなはしらの1つとなっています。「柔軟じゅうなんはたらかた」をしやすくするためです。これをけて厚生労働省こうせいろうどうしょう有識者ゆうしきしゃによる検討会けんとうかい設置せっちさせ、議論ぎろん加速かそくさせてきました。こうしたうごきはことし、平成へいせい30ねん本格化ほんかくかします。年明としあ早々そうそうには副業ふくぎょう兼業けんぎょう促進そくしんについてガイドラインをまとめるほか、おおくの企業きぎょう参考さんこうにする「モデル就業しゅうぎょう規則きそく」の改定かいていおこなわれます。本腰ほんごしれる政府せいふうごきをとらえ、関係者かんけいしゃはことしを「副業ふくぎょう元年がんねん」と位置いちづけているのです。

企業きぎょう次々つぎつぎ

すでにうごはじめている企業きぎょうもあります。

3かげつほどまえ去年きょねん10がつ大手おおてIT企業きぎょうのDeNAと、携帯けいたい電話でんわ大手おおてのソフトバンクが相次あいついで、副業ふくぎょう許可きょかすると発表はっぴょうしました。

競合きょうごう他社たしゃはたらくことや、労働ろうどう時間じかんおおくなることなど本業ほんぎょう影響えいきょうあたえないことが条件じょうけんですが、ねらいはいずれも「副業ふくぎょう知識ちしきやノウハウを本業ほんぎょうかす」ことです。

これまでにDeNAでは、IT関連かんれん会社かいしゃこしたりベンチャー企業きぎょうをサポートしたりといった副業ふくぎょうで30にんちか社員しゃいんが、ソフトバンクでは、あたらしいアプリの開発かいはつや、大学だいがくでの非常勤ひじょうきん講師こうしなどの副業ふくぎょうにおよそ100にん社員しゃいんみとめられたということで、いずれも「社員しゃいん関心かんしんたかい」としています。副業ふくぎょうでの経験けいけん本業ほんぎょうでの技術革新ぎじゅつかくしんにつながることを期待きたいしているのです。

若手わかて社員しゃいん“スキルアップ”したい

社員しゃいんとくにこれから会社がいしゃなか中核ちゅうかくにな若手わかて中堅ちゅうけん副業ふくぎょう兼業けんぎょうについて、どうかんがえているのか。トヨタとよた自動車じどうしゃやパナソニック、NTTグループなど大手おおて企業きぎょう若手わかて社員しゃいんなどでつくる団体だんたい、「OneJAPAN」は1600にんあまりに意識いしき調査ちょうさおこないました。

その結果けっか現在げんざい副業ふくぎょう兼業けんぎょうをしているひとは6%にたなかった一方いっぽうで、「興味きょうみがある」とこたえたひとがおよそ75%にのぼりました。その理由りゆうとしては「収入しゅうにゅうたい」よりも「スキルアップ」をもとめる傾向けいこうつよかったということです。

「OneJAPAN」の担当者たんとうしゃは「本業ほんぎょう担当たんとうしている仕事しごとがいつなくなってもおかしくない、という『不確実性ふかくじつせい』がたか時代じだいで、若手わかて中堅ちゅうけん社員しゃいんは、武者むしゃ修行しゅぎょうをして本業ほんぎょうでイノベーションをこしたいという気持きもちがつよいとられる。また、本業ほんぎょうでは管理職かんりしょくになるまでまだ年数ねんすうかなめするが、副業ふくぎょうのベンチャー企業きぎょうなどでチームリーダーとしての経験けいけんにつけて、将来しょうらい本業ほんぎょうかす『仮想かそう管理職かんりしょく』をもとめる傾向けいこうもあるのではないか」と分析ぶんせきしています。

経団連けいだんれん推奨すいしょうしない”

ところが副業ふくぎょうへのうごきが活発化かっぱつかしてきた昨年末さくねんまつ経済けいざい団体だんたいのトップのある発言はつげん波紋はもんひろげました。

「いろいろな課題かだいがあるので経団連けいだんれんとしては旗振はたふやくをする立場たちばにはない」。

経団連けいだんれん榊原さかきばら会長かいちょうが「副業ふくぎょう兼業けんぎょう社員しゃいん能力のうりょく開発かいはつというポジティブな側面そくめんもあるが、一方いっぽうで、パフォーマンスの低下ていか情報じょうほうろうえいのリスク、両方りょうほうわせたそう労働ろうどう時間じかん管理かんりのしかたなど課題かだいおおい」として「各社かくしゃ判断はんだんでやるのは自由じゆう」としながらも、推奨すいしょうできないというかんがえをあきらかにしたのです。

先進せんしん企業きぎょうには優秀ゆうしゅう人材じんざいあつまる”

この発言はつげんについて専門家せんもんか見解けんかいきました。

リクルートワークス研究所けんきゅうじょ萩原はぎわら牧子まきこ主任しゅにん研究員けんきゅういんは、「企業側きぎょうがわからすると、副業ふくぎょう兼業けんぎょうのメリットをかんじられるかどうか会社かいしゃごとに見方みかたことなるため、一律いちりつ推奨すいしょうすることはけたのではないでしょうか」と推察すいさつしています。

背景はいけいには、労働ろうどう時間じかん通算つうさんのしかたなど、いま法律ほうりつ複数ふくすう企業きぎょう雇用こようされることを前提ぜんていとしていないことや、そもそも、「いまのルールがわからないからみとめられない」という企業きぎょうこえおおいと指摘してきしています。

また、萩原はぎわら主任しゅにん研究員けんきゅういんは「かく副業ふくぎょう」という課題かだいもあるといいます。副業ふくぎょう兼業けんぎょう禁止きんしする企業きぎょう依然いぜんとしておおなかかくれて副業ふくぎょうおこな社員しゃいんがすでに一定数いっていすういるとられています。

かく副業ふくぎょう”となると、健康けんこう管理かんり問題もんだいしょうじるなどといった課題かだいもあり「企業きぎょう副業ふくぎょう兼業けんぎょうみとめてかす発想はっそうつべきだ」と指摘してきしています。

そのうえで平成へいせい30ねんが「副業ふくぎょう元年がんねん」となるかどうかは「すべてが、一気いっきひろがるとまではいかないかもしれませんが議論ぎろん加速かそくするとおもいます。さきすす企業きぎょうすすまない企業きぎょうまれれば、先進的せんしんてき企業きぎょうには『柔軟じゅうなんはたらかたができる』として優秀ゆうしゅう人材じんざいあつまっていくのではないでしょうか」と予測よそくしています。

制度面せいどめん整備せいび

取材しゅざいとおしてかんじたのは、“副業ふくぎょう元年がんねん”の言葉ことばどおりまさに「元年がんねん」としてスタートラインにったばかり、とうことでした。ただ、副業ふくぎょうみとめるうごきは企業きぎょうにとどまらず、地方ちほう自治体じちたいにもひろがりつつあり、成功例せいこうれいえれば、官民かんみんわず、「これから副業ふくぎょうってきます」というひとが、たりまえになるるかもしれません。人手ひとで不足ぶそくすすなか、1にんひとがさまざまな場所ばしょ活躍かつやくするえることはのぞましいことだとおもいますが、それにともなう、制度面せいどめんでの整備せいびもとめられる1ねんにもなりそうです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。