中国ちゅうごく北京ぺきんは、大気たいき汚染おせん物質ぶっしつPM2.5の去年きょねん年間ねんかん平均へいきん濃度のうどが5年前ねんまえの2013ねんくらべて30%あま減少げんしょうしたと発表はっぴょうし、大気たいき汚染おせん対策たいさくすすんだ成果せいかだと改善かいぜん強調きょうちょうしました。ただ依然いぜんとして日本にっぽん環境かんきょう基準きじゅんの4ばいちか数値すうちで、さらなる改善かいぜんつとめていくとしています。


中国ちゅうごくでは深刻しんこく大気たいき汚染おせんおおきな社会しゃかい問題もんだいとなっていて、中国ちゅうごく政府せいふは5年前ねんまえの2013ねん大気たいき汚染おせん物質ぶっしつPM2.5の濃度のうどを2017ねんまでに、北京ぺきん隣接りんせつする河北省かほくしょうなどで25%以上いじょうげるとする目標もくひょう発表はっぴょうし、汚染源おせんげんとなる工場こうじょう閉鎖へいさしたり、石炭せきたん消費しょうひらしたりするなど対策たいさくすすめてきました。

こうしたなか北京ぺきんは3にち北京ぺきん去年きょねん年間ねんかんのPM2.5の平均へいきん濃度のうどは1立方りっぽうメートルたり58マイクログラムとなり、5年前ねんまえくらべ35.6%減少げんしょうし、目標もくひょう達成たっせいしたとして、大気たいき汚染おせん対策たいさくすすんだ成果せいかだと改善かいぜん強調きょうちょうしました。
ただ依然いぜんとして日本にっぽん環境かんきょう基準きじゅんの4ばいちか数値すうちとなるなど深刻しんこく状況じょうきょうで、北京ぺきんはさらなる改善かいぜんつとめていくとしています。

一方いっぽう河北省かほくしょうでは大気たいき汚染おせん対策たいさくのため石炭せきたん使つか暖房だんぼう設備せつび使用しよう禁止きんしし、天然てんねんガスがす使つかうものにえるみをすすめてきましたが、天然てんねんガスがす供給きょうきゅう不足ふそくするなどして暖房だんぼう使つかえない住民じゅうみん相次あいつぎ、当局とうきょく一転いってんして石炭せきたん使用しようする暖房だんぼうみとめるなど混乱こんらんきています。


北京ぺきん市民しみん青空あおぞらひろがっている」

北京ぺきんの28さい女性じょせいは「以前いぜんは、マスクをしなければいけませんでしたが、最近さいきん天気てんきわたっていて空気くうきもすがすがしいです」とはなしていました。
さいむすめにマスクをつけさせていた40さい母親ははおやは「ことしはまだスモッグにつつまれることがなく、青空あおぞらひろがっています。空気くうき継続けいぞくして改善かいぜんし、いまよりもさらによくなってほしい」とはなし、大気たいき汚染おせん改善かいぜんけた政府せいふみに期待きたいしていました。

関連かんれんニュース

大気たいき汚染おせんなど公害こうがい原因げんいんやく900万人まんにん死亡しぼう 米英べいえい専門家せんもんか発表はっぴょう

2022ねん北京ぺきん五輪ごりん・パラのエンブレム発表はっぴょう

汚染水おせんすい対策たいさく凍土とうどかべおおむね完成かんせい 福島ふくしまだい原発げんぱつ

中国ちゅうごく 広州こうしゅうモーターショー開幕かいまく EVモデルきそ

イージー・ニュース

中国ちゅうごく北京ぺきん PM2.5の濃度のうどがって「そらがきれい」