実在じつざい企業きぎょうをかたってきんをだましろうとする不審ふしんなメールが相次あいついでいることから、情報じょうほうセキュリティーの専門せんもん機関きかんは、年末ねんまつ年始ねんしやすけにたまったメールを確認かくにんするさいは、送信元そうしんもとをよく確認かくにんし、不審ふしんなメールに添付てんぷされているファイルやホームページのアドレスをひらかないようびかけています。


IPA=情報処理じょうほうしょり推進すいしん機構きこうによりますと、ここすうねん銀行ぎんこうやカード会社がいしゃなど実在じつざい企業きぎょうをかたってにせのメールをおくりつける「ばらまきがた」とばれるサイバー攻撃こうげき相次あいついでいます。

これらのメールの添付てんぷファイルやホームページのアドレスをひらいてしまうと、ウイルスに感染かんせんして、パソコンのなか情報じょうほうぬすまれたりインターネットバンキングを悪用あくようしてきんぬすまれたりするほか、ぬすまれた情報じょうほうべつのサイバー攻撃こうげき悪用あくようされるおそれもあります。

IPAは、年末ねんまつ年始ねんしやすけに職場しょくばにたまったメールをひらさいは、送信元そうしんもとをよく確認かくにんし、不審ふしんおもった場合ばあい添付てんぷファイルやホームページのアドレスをひらかないようびかけています。

IPAセキュリティセンターの伊藤いとう博康ひろやすさんは「添付てんぷされているファイルが実際じっさい取引先とりひきさき先月分せんげつぶん請求書せいきゅうしょよそおった名前なまえになっているなど、手口てぐち巧妙化こうみょうかしている。不審ふしんおもったときにはすぐにシステム管理者かんりしゃ相談そうだんしてほしい」とはなしています。

関連かんれんニュース

ロシアなどで大規模だいきぼサイバー攻撃こうげき

イージー・ニュース

本当ほんとうにある会社かいしゃ名前なまえ使つかっておかねぬすむメールがおお