地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさく国際的こくさいてき枠組わくぐみ「パリ協定きょうてい」は、ことし12がつにルールづくりの交渉こうしょう期限きげんむかえます。アメリカのトランプ政権せいけんがパリ協定きょうていから脱退だったい表明ひょうめいするなか各国かっこく実効性じっこうせいのあるルールで合意ごういできるのか交渉こうしょう正念場しょうねんばむかえます。


2020年以降ねんいこうはじまるパリ協定きょうてい具体的ぐたいてきなルールについて、各国かっこくはことし12がつにポーランドでひらかれる国連こくれん会議かいぎ、COP24で合意ごういすることにしています。

これまでの交渉こうしょうでは温室おんしつ効果こうかガスの削減さくげん目標もくひょうをどう報告ほうこくし、検証けんしょうするかや、どのようなかたち資金しきん支援しえんおこなうかなどをめぐり議論ぎろんわしていますが、一部いちぶ発展はってん途上国とじょうこく先進国せんしんこく途上国とじょうこくあいだみにをつけるべきだとつよもとめているのにたいし、先進国せんしんこく反対はんたいするなど意見いけんへだたりはまっていません。

また、アメリカのトランプ政権せいけんがパリ協定きょうていから脱退だったい表明ひょうめいし、途上国とじょうこく温暖化おんだんか対策たいさく支援しえんする基金ききんへの拠出きょしゅつりやめる方針ほうしんしめなか途上国とじょうこくからは先進国せんしんこくによる資金しきん支援しえん先行さきゆきに懸念けねんしめされ対立たいりつまねいています。

国連こくれん報告書ほうこくしょによりますと、現状げんじょうのままでは世界せかい平均へいきん気温きおん今世紀こんせいきまつに3以上いじょう上昇じょうしょうする可能性かのうせいたかく、温暖化おんだんかめるみをつよめていくことがかせません。パリ協定きょうてい実効性じっこうせいたせるための交渉こうしょうは、ことし正念場しょうねんばむかえます。

関連かんれんニュース

習近平しゅうきんぺい主席しゅせき新年しんねん祝辞しゅくじ 国際的こくさいてき影響力えいきょうりょく拡大かくだい意欲いよく

世界せかい温室おんしつ効果こうかガス濃度のうど 去年きょねん過去かこ最高さいこう

トランプ政権せいけん ユネスコ脱退だったい表明ひょうめいはんイスラエルてき」と批判ひはん

トランプ大統領だいとうりょう エルサレムをイスラエル首都しゅと認定にんてい宣言せんげん

ロヒンギャ支援しえん各国かっこくが390億円おくえん拠出きょしゅつ