26日午前にちごぜん北海道ほっかいどう留萌市るもいしおきにある灯台とうだい倒壊とうかいしているのがつかり、海上かいじょう保安部ほあんぶは、高波たかなみこわれた可能性かのうせいもあると調しらべています。
留萌市るもいし当時とうじつよ冬型ふゆがた気圧きあつ配置はいち影響えいきょうかぜゆきつよまっていました。


26日午前にちごぜん時半じはんごろ、北海道ほっかいどう留萌市るもいし漁業者ぎょぎょうしゃから「留萌るもいこうにある灯台とうだいれているようだ」とつうじて海上かいじょう保安部ほあんぶ通報つうほうがありました。

海上かいじょう保安部ほあんぶ調しらべたところ、留萌るもいこう沖合おきあいおよそ1.5キロにある、たかさ16メートルの灯台とうだい倒壊とうかいしていて、根元ねもとからおよそ3メートルの部分ぶぶんのこして、うえ部分ぶぶんくなっていたということです。

灯台とうだい鉄筋てっきんコンクリートこんくりーとせいで、昭和しょうわ50ねんてられたものだということで、ねんに1定期ていき点検てんけんでは異常いじょうつかっていなかったということです。

現場げんば付近ふきんでは当時とうじつよ冬型ふゆがた気圧きあつ配置はいち影響えいきょうかぜゆきつよまり、暴風雪ぼうふうせつ波浪はろう警報けいほうされていたということで、海上かいじょう保安部ほあんぶ高波たかなみこわれた可能性かのうせいもあると調しらべています。

関連かんれんニュース

今冬こんとうさむさに注意ちゅういを 「ラニーニャ現象げんしょう発生はっせい気象庁きしょうちょう発表はっぴょう

イージー・ニュース

北海道ほっかいどう みなと灯台とうだいこわれる おおきななみ原因げんいん可能性かのうせい