ローマ法王がクリスマスメッセージ 中東情勢の和平を呼びかけ

クリスマスをむかえた25にち、ローマ・カトリック教会きょうかいのフランシスコ法王ほうおう恒例こうれいのクリスマスメッセージをげ、アメリカのトランプ大統領だいとうりょうがエルサレムを一方的いっぽうてきにイスラエルの首都しゅとみとめたことで緊張きんちょうたかまっている中東ちゅうとう情勢じょうせいについて、イスラエルとパレスチナによる対話たいわつうじた和平わへい実現じつげんあらためてびかけました。


フランシスコ法王ほうおうは25にち、バチカンのサンピエトロ広場ひろばあつまった大勢おおぜいのカトリック信者しんじゃまえ恒例こうれいのクリスマスメッセージをげました。

このなかで、アメリカのトランプ大統領だいとうりょうがエルサレムを一方的いっぽうてきにイスラエルの首都しゅとみとめたことをきっかけに、緊張きんちょうたかまっているイスラエルとパレスチナの関係かんけいについて「双方そうほう対話たいわ再開さいかいしようとする意思いし大切たいせつであり、2つの国家こっか平和的へいわてき共存きょうぞんみとめる解決策かいけつさく可能かのうだ」とべ、あらためて対話たいわつうじた和平わへい実現じつげんびかけました。

また先月せんげつから今月こんげつにかけてみずからミャンマーとバングラデシュを訪問ほうもんし、イスラムいすらむ教徒きょうと少数派しょうすうは、ロヒンギャの避難民ひなんみん面会めんかいしたことにれ「少数派しょうすうは尊厳そんげん十分じゅうぶんまもられるよう、国際こくさい社会しゃかい努力どりょくおこたらないことがわたしねがいだ」とべ、国際こくさい社会しゃかい少数派しょうすうは人々ひとびと支援しえんにあたる重要性じゅうようせいうったえました。

さらにフランシスコ法王ほうおうは、北朝鮮きたちょうせんによるかく・ミサイル開発かいはつ朝鮮半島ちょうせんはんとう緊張きんちょうたかまっていることについて「対立たいりつ解消かいしょうし、相互そうご信頼しんらい醸成じょうせいされることをねがう」とべ、平和的へいわてき事態じたい収拾しゅうしゅうされることにつよ期待きたいしめしました。

関連かんれんニュース

トランプ大統領だいとうりょう エルサレムをイスラエル首都しゅと認定にんてい宣言せんげん

エルサレム問題もんだい 地位ちい変更へんこう無効むこう 国連こくれん総会そうかい決議けつぎ採択さいたく

トランプ政権せいけん ユネスコ脱退だったい表明ひょうめいはんイスラエルてき」と批判ひはん

トランプ大統領だいとうりょう最大限さいだいげん圧力あつりょく各国かっこくびかけ

イージー・ニュース

ローマろーま法王ほうおうがクリスマスのメッセージを