エルサレム問題 地位変更は無効 国連総会で決議を採択

アメリカのトランプ大統領だいとうりょう中東ちゅうとうのエルサレムをイスラエルの首都しゅとみとめたことをけて、国連こくれん総会そうかい緊急きんきゅう会合かいごうひらかれ、エルサレムの地位ちい変更へんこう無効むこうだとする決議けつぎ賛成さんせい多数たすう採択さいたくされ、アメリカの決定けっていたいする国際こくさい社会しゃかい反発はんぱつ懸念けねんあらためてしめされました。


トランプ大統領だいとうりょうがエルサレムをイスラエルの首都しゅとみとめると宣言せんげんしたことをけて、国連こくれん総会そうかいでは21にち、パレスチナの要請ようせいけて緊急きんきゅう特別とくべつ会合かいごうひらかれ、トルコとイエメンが共同きょうどう提出ていしゅつしたエルサレムの地位ちい変更へんこう無効むこう撤回てっかいされるべきだとする決議案けつぎあん採決さいけつおこなわれました。

採決さいけつ先立さきだち、パレスチナ暫定ざんてい自治じち政府せいふのマリキ外相がいしょうが「トランプ大統領だいとうりょう決定けっていパレスチナぱれすちなじん権利けんり侵害しんがいしている」とべ、決議けつぎへの支持しじもとめたのにたいし、アメリカのヘイリー国連こくれん大使たいしは「アメリカに敬意けいいはらわないくにわたしたちはわすれないだろう」とべ、各国かっこくたい決議けつぎ賛成さんせいしないようくぎをしました。

しかし、採決さいけつ結果けっか日本にっぽんふくむ128かこく賛成さんせい、アメリカやイスラエルなど9かこく反対はんたい、カナダやオーストラリアなど35かこく棄権きけんして、決議けつぎ賛成さんせい多数たすう採択さいたくされ、その瞬間しゅんかん議場ぎじょうからはおおきな拍手はくしゅこりました。

国連こくれん総会そうかい決議けつぎ拘束力こうそくりょくはありませんが、アメリカの圧力あつりょくにもかかわらず、国連こくれん加盟国かめいこくのおよそ3ふんの2が賛成さんせいして決議けつぎ採択さいたくされたことで、エルサレムをめぐるアメリカの決定けっていへの国際こくさい社会しゃかい懸念けねん反発はんぱつしめされたかたちとなりました。


パレスチナ 「決議けつぎ歓迎かんげい

パレスチナ暫定ざんてい自治じち政府せいふのアッバス議長ぎちょう報道官ほうどうかんは、国連こくれん総会そうかいがエルサレムの地位ちい変更へんこう無効むこうだとする決議けつぎ賛成さんせい多数たすう採択さいたくしたことをけて声明せいめいし、「決議けつぎ採択さいたくは、パレスチナが国際こくさい社会しゃかい支持しじられていることをあらためてしめしてくれた」と歓迎かんげいしました。

また、「決議けつぎ採択さいたくは、だれがどんな決定けっていをしてもエルサレムの地位ちい変更へんこうすることはできず、エルサレムは国際法こくさいほうじょう占領せんりょう状態じょうたいにあることが再確認さいかくにんされた」として、アメリカがエルサレムをイスラエルの首都しゅと認定にんていしたことは無効むこうだと主張しゅちょうしました。

さらに、採決さいけつ先立さきだち、アメリカが決議けつぎ賛成さんせいするくにへの財政ざいせい支援しえんかまえをしめしていたことを念頭ねんとうに、「国際こくさい社会しゃかいパレスチナぱれすちなじんがわにあり、おどしにはくっしないことをしめしてくれた」として、決議けつぎ賛成さんせいした国々くにぐに感謝かんしゃひょうしました。


イスラエル「決議けつぎ拒否きょひ

国連こくれん総会そうかいがエルサレムの地位ちい変更へんこう無効むこうだとする決議けつぎ賛成さんせい多数たすう採択さいたくしたことをけて、イスラエルのネタニヤフ首相しゅしょうはビデオ声明せいめいし、「イスラエルは、このばかげた決議けつぎ絶対ぜったい拒否きょひする。エルサレムはイスラエルの首都しゅとであり、これまでも、これからもそうありつづける」とべ、抗議こうぎする姿勢しせい鮮明せんめいにしました。

一方いっぽうで、35かこく投票とうひょう棄権きけんしたことにれ、「おおくのくにがこの茶番ちゃばん拒否きょひしたことに感謝かんしゃしたい」とべました。

さらに、採決さいけつ先立さきだち、決議けつぎ賛成さんせいするくにへの財政ざいせい支援しえんかまえをしめし、圧力あつりょくをかけたアメリカにたいしては、「ヘイリー国連こくれん大使たいしとトランプ大統領だいとうりょうは、イスラエルをまもるために勇敢ゆうかん姿勢しせいしめしてくれた」として、かさねて感謝かんしゃしました。


トルコ外相がいしょう非常ひじょう満足まんぞく

決議案けつぎあん採択さいたくされたあと、トルコとパレスチナ暫定ざんてい自治じち政府せいふ外相がいしょうはそろってメディアのインタビューにおうじました。

このなかで、トルコのチャウシュオール外相がいしょうは「エルサレムをイスラエルの首都しゅととするアメリカの決定けってい国連こくれん総会そうかいにおいて実際じっさい否定ひていされた。アメリカからの圧力あつりょく脅迫きょうはく中傷ちゅうしょうにもかかわらず決議けつぎ採択さいたくされて非常ひじょう満足まんぞくしている。きょうをもって、パレスチナのひとたちの権利けんりまも活動かつどうつよめることができる」とべました。

また、パレスチナ暫定ざんてい自治じち政府せいふのマリキ外相がいしょうは、決議けつぎ採択さいたくについて「パレスチナとアラブ、イスラムいすらむ教徒きょうと、そして、世界せかいにとっておおきな勝利しょうりだ。エルサレムはパレスチナの首都しゅとであり、将来しょうらいにわたっても首都しゅとでありつづける。今後こんご中東なかひがし和平わへいについて、国際こくさい社会しゃかい責任せきにんって仲介ちゅうかいおこなうことを期待きたいしている」とべ、意義いぎ強調きょうちょうしました。


決議案けつぎあんめぐり はげしい応酬おうしゅう

今回こんかい決議案けつぎあんをめぐって、国連こくれん総会そうかい議場ぎじょうでは20以上いじょうくに地域ちいき代表だいひょう演説えんぜつし、賛成さんせい反対はんたい立場たちばからはげしい応酬おうしゅうひろげました。

演説えんぜつのほとんどは決議案けつぎあん賛成さんせいしエルサレムの地位ちい変更へんこう無効むこうだとするもので、決議案けつぎあん提案ていあんしたトルコのチャウシュオール外相がいしょうは「トランプ大統領だいとうりょう決定けってい国際法こくさいほうかえし、国際こくさい社会しゃかいたいするとんでもない攻撃こうげきだ。さらに、決議案けつぎあん賛成さんせいすれば援助えんじょると脅迫きょうはくする態度たいど到底とうていれられない。ひょう国々くにぐに尊厳そんげんきんうようなやりかた倫理的りんりてきゆるされない」とつよ非難ひなんしました。

また、パレスチナ暫定ざんてい自治じち政府せいふのマリキ外相がいしょうも「トランプ大統領だいとうりょう決定けっていは、パレスチナぱれすちなじん権利けんり侵害しんがいしている。われわれと国際こくさい社会しゃかい警告けいこく無視むしするもので、中東なかひがし和平わへい仲介役ちゅうかいやくつとめてきたアメリカの地位ちいにも影響えいきょうおよぼすだろう」とべ、今後こんご和平わへい交渉こうしょうへの影響えいきょうけられないと主張しゅちょうしました。

これにたいして、アメリカとイスラエルは、決議案けつぎあん反対はんたいする立場たちばから演説えんぜつしました。

このうち、アメリカのヘイリー国連こくれん大使たいしは、アメリカが国連こくれんたいする最大さいだい拠出きょしゅつこくであると強調きょうちょうしたうえで、「決議案けつぎあん賛成さんせい国々くにぐにが、今後こんご、アメリカの援助えんじょ影響力えいきょうりょく行使こうしもとめるたびに、われわれはきょう攻撃こうげきけたことをおもすだろう」とべ、決議案けつぎあん賛成さんせいした国々くにぐにへの支援しえんりもさない姿勢しせいをちらつかせました。

また、イスラエルのダノン国連こくれん大使たいしは、紀元前きげんぜん発行はっこうされた硬貨こうかせながら、エルサレムは歴史上れきしじょうユダヤゆだやじんにとって重要じゅうようじょでありつづけてきたと主張しゅちょうし、「アメリカはエルサレムがイスラエルの首都しゅとであるという事実じじつべただけだ。決議案けつぎあん破壊はかいをもたらし、パレスチナによる和平わへい妨害ぼうがいつづくことになる」などとつよ反発はんぱつしました。

演説えんぜつえたアメリカとイスラエルの国連こくれん大使たいしは、採決さいけつたずに議場ぎじょうから退席たいせきし、決議けつぎ抗議こうぎする姿勢しせいしめしました。


かん官房長官かんぼうちょうかん日本にっぽん 当事者とうじしゃかん解決かいけつすべきとの立場たちば

かん官房長官かんぼうちょうかん閣議かくぎのあとの記者会見きしゃかいけんで「わがくにはイスラエル・パレスチナはざま紛争ふんそうの2国家こっか解決かいけつ支持しじしている。エルサレムの最終的さいしゅうてき地位ちい問題もんだいふくめ、これまで採択さいたくされてきた関連かんれんする安保理あんぽり決議けつぎや、当事者とうじしゃかん合意ごういもとづいて、当事者とうじしゃかん交渉こうしょうによって解決かいけつすべきという立場たちばだ。こうした立場たちばをふまえて決議案けつぎあん賛成さんせいした」とべました。

関連かんれんニュース

トランプ大統領だいとうりょう エルサレムをイスラエル首都しゅと認定にんてい宣言せんげん

トランプ政権せいけん ユネスコ脱退だったい表明ひょうめいはんイスラエルてき」と批判ひはん

国連こくれん ピョンチャン五輪ごりん停戦ていせん決議けつぎ採択さいたく

国連こくれん安保理あんぽり べいちゅう立場たちばちが際立きわだ

イージー・ニュース

国連こくれん 「エルサレムが首都しゅと」とうアメリカをみとめない