ねこバンバン」ひろがる ねこいのちとドライバーの安全あんぜんまも

2017ねん12がつ21にち 2037ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

さむつづくこの時期じきあったかさをもとめてくるまのボンネットにはいんでしまうねこいのちまもろうというみ、「ねこバンバン」がひろがっています。

ねこバンバン」は、くるまのエンジンをかけるまえにボンネットをかるくたたいてくるままわりにいるねこはらい、ねこいのちたすけようというみで、大手おおて自動車じどうしゃメーカー、日産にっさんでは、去年きょねんからプロジェクトを展開てんかいしています。

プロジェクトでは、ねこがボンネットちゅう隙間すきまはいんでしまっている様子ようすなど、ねこくるまいたところにいて危険きけんがあることをらせる動画どうが作成さくせいし、インターネットで公開こうかいしています。

また、マグネットステッカーを作成さくせいしてびかけたところ、インターネットじょうおおきな反響はんきょうとなり、日産にっさんでは、21にちから抽選ちゅうせんあたらしいデザインのステッカーを配布はいふはじめ、よりおおくのひとたちに協力きょうりょくびかけています。

また、都内とないのJAFには、この時期じきドライバーからの通報つうほうえるといます。おおいときはつきに2~3けん通報つうほうはいることもあり、つかまえようとしても、ねこがボンネットないまわり、ときには、捕獲ほかくするのに2時間じかんちかくもかかることがあるということです。
ドライバーが気付きづかずにエンジンを始動しどうさせてしまうと、くるま故障こしょうし、重大じゅうだい事故じこ原因げんいんにもなるということで、「ねこバンバン」はねこいのちまもるとともに、ドライバーの安全あんぜんにもつながります。

JAF東京とうきょう支部しぶロードサービスたい柴田しばた泰則やすのりさんは「年末ねんまつにもなってきたので、交通量こうつうりょうえます。事故じこにもつながる可能性かのうせいがあるので、まえは『ねこバンバン』とかならずやってみてください」とはなしていました。

くるま周辺しゅうへんねこがいたひとは14%

日産にっさんのプロジェクトがインターネットじょうで200にん対象たいしょうおこなった調査ちょうさでは、「ねこバンバン」したときくるま周辺しゅうへんねこがいたとこたえたひとは30にん全体ぜんたいのおよそ14%で、このうち3にんはボンネットのなかねこはいんでいたといます。

日産にっさん日本にっぽんマーケティング本部ほんぶ冨井とみい祐樹ゆうきさんは「ボンネットをきずつけないように、かるなか付近ふきんをたたくだけでねこ気付きづいてしたからてくる。このような簡単かんたんなことでねこいのちまもれるので、おおくのひと実践じっせんしてほしい」とはなしています。

ボンネットは、エンジンをってからも5時間じかんから6時間じかん人肌ひとはだ程度ていどあたたかいということで、東京とうきょう港区みなとくにあるねこ専門せんもん動物どうぶつ病院びょういん「Tokyo CatsのSpecialists」の山本やまもとそうしん院長いんちょうによりますと、ねこあたたかくてしずかなところがきで、からだやわらかいためボンネットのなかはいんでしまうということです。山本やまもと院長いんちょうは、まえあしをエンジンルームにまれ、切断せつだんしてしまったねこっているということで、病院びょういん往診おうしんしゃにステッカーをって啓発けいはつびかけています。

山本やまもと院長いんちょうは「『ねこバンバン』などこころがけひとつでたすけられるいのちがあればたすけてあげたい」とはなしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。