日本の労働生産性 主要7か国で最下位

政府せいふ経済けいざい再生さいせいけて生産性せいさんせい向上こうじょう推進すいしんするなか日本にっぽん労働者ろうどうしゃがどれだけ効率的こうりつてきはたらいたかをしめす「労働ろうどう生産性せいさんせい」がG7=主要しゅよう7かこく最下位さいかいになったという調査ちょうさ結果けっかがまとまりました。


労働ろうどう生産性せいさんせいは1にん従業員じゅうぎょういんが1時間じかんにどのくらいのモノやサービスをしたかをしめ指標しひょうです。

公益こうえき財団法人ざいだんほうじん日本にっぽん生産性せいさんせい本部ほんぶがOECD=経済けいざい協力きょうりょく開発かいはつ機構きこう加盟かめいする35かこく去年きょねん労働ろうどう生産性せいさんせい分析ぶんせきした結果けっか日本にっぽんは20で、G7=主要しゅよう7かこくでは最下位さいかいでした。

これについて生産性せいさんせい本部ほんぶは、みじか時間じかん成果せいかげるはたらかた浸透しんとうせず長時間ちょうじかん労働ろうどうになりがちなことや、手間暇てまひまをかけた高品質こうひんしつ製品せいひんやサービスを比較的ひかくてきやす価格かかく提供ていきょうしていることなどが要因よういんだと分析ぶんせきしています。

主要しゅよう7かこくではアメリカが6、ドイツが8などとなっていて、1はIT大手おおてなどグローバル企業きぎょう誘致ゆうち成功せいこうしたアイルランドでした。

日本にっぽん生産性せいさんせい本部ほんぶは「はたらかた改革かいかく人手ひとで不足ぶそく生産性せいさんせい向上こうじょう課題かだいとなるなか日本にっぽん労働ろうどう生産性せいさんせいは1970年以降ねんいこう、G7で最下位さいかいつづいている。AI=人工じんこう知能ちのう活用かつようした自動化じどうかなどによる生産性せいさんせい向上こうじょう期待きたいしたい」とはなしています。

関連かんれんニュース

人工じんこう知能ちのう社員しゃいんデータ分析ぶんせき 最適さいてき人事じんじ人手ひとで不足ぶそく対応たいおう

イージー・ニュース

日本にっぽんの「労働ろうどう生産性せいさんせい」は7つの先進国せんしんこくなかでいちばんひく