世界初せかいはつ れてもすぐなおるガラス開発かいはつ 東大とうだい研究けんきゅうグループ

2017ねん12がつ15にち 0512ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

れても、断面だんめんしつけるだけでもとどおりに修復しゅうふくできるガラス材料ざいりょう開発かいはつに、東京大学とうきょうだいがく研究けんきゅうグループが世界せかいはじめて成功せいこうしました。

れてもなおるガラスは東京大学とうきょうだいがく相田あいだ卓三たくぞう教授きょうじゅ博士はくし課程かてい大学院生だいがくいんせい柳沢やなぎさわゆうやさんらの研究けんきゅうグループが開発かいはつしました。

研究けんきゅうグループはあらたな接着剤せっちゃくざい開発かいはつすすめていましたが、偶然ぐうぜんかたくさらさらした手触てざわりの物質ぶっしつ自然しぜんもとどおりになる自己じこ修復しゅうふく機能きのうがあることを発見はっけんしました。

この物質ぶっしつは「ポリエーテルチオ尿素にょうそ」とばれるもので、これを材料ざいりょうつくったガラスはれても数十すうじゅう秒間びょうかん断面だんめんしつければもとどおりに修復しゅうふくできます。
また数時間すうじかんあればもとつよさにもどることも確認かくにんできたということです。

こうした室温しつおん環境かんきょうこわれても自己じこ修復しゅうふくできる物質ぶっしつはゴムのようなやわらかい材料ざいりょうではつかっていましたが、ガラスのようなかた材料ざいりょうでは実現じつげんむずかしいとされていました。

柳沢やなぎさわさんは「つけたときは自分じぶん半信半疑はんしんはんぎだったし、論文ろんぶんもさまざまな指摘してき何度なんど実験じっけんかえした。なおるガラスは、こわれたらてるというサイクルとはことなる環境かんきょうやさしい材料ざいりょうになればうれしい」とはなしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。