楽天らくてんだい4の携帯けいたい電話でんわ会社がいしゃ設立せつりつ

2017ねん12がつ14にち 1914ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

IT大手おおて楽天らくてんは、みずから基地局きちきょく展開てんかいする携帯けいたい電話でんわ会社かいしゃ設立せつりつし、来年らいねんがつにも総務省そうむしょう電波でんぱてを申請しんせいすると発表はっぴょうしました。実現じつげんすれば“だい4の携帯けいたい電話でんわ会社がいしゃ”としてNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがせめぎ携帯けいたい電話でんわ市場しじょうあらたに参入さんにゅうすることになります。

楽天らくてんは、14にちひらいた取締役会とりしまりやくかいあらたに携帯けいたい電話でんわ会社かいしゃ設立せつりつし、来年らいねんがつにも総務省そうむしょう電波でんぱてを申請しんせいする方針ほうしんめました。

総務省そうむしょう警察けいさつ自治体じちたいなどにてている電波でんぱ民間みんかんけに順次じゅんじ開放かいほうしていて、楽天らくてん申請しんせいみとめられればNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがせめぎ市場しじょうに“だい4の携帯けいたい電話でんわ会社がいしゃ”としてあらたに参入さんにゅうすることになります。

2019ねんちゅうにサービスを開始かいしし、2025ねんまでをめどに最大さいだいで6000億円おくえんとうじて全国ぜんこく携帯けいたい電話でんわ基地局きちきょくなどを整備せいびしていく方針ほうしんです。

楽天らくてんは、現在げんざい、いわゆる“格安かくやすスマホ事業者じぎょうしゃ”として、NTTドコモの回線かいせんりてサービスを展開てんかいしていますが、価格かかく競争きょうそうはげしくなるなか、みずから回線かいせん基地局きちきょく携帯けいたい電話でんわ会社がいしゃとして本格的ほんかくてきってることにしたものです。

IT大手おおて楽天らくてん参入さんにゅう実現じつげんすれば、大手おおてしゃがシェアの9わりめ、寡占かせん状態じょうたいにある日本にっぽん携帯けいたい電話でんわ市場しじょうあらたな局面きょくめんむかえることになり、料金りょうきん低下ていかやサービスの向上こうじょうなどにつながるか注目ちゅうもくされます。

楽天らくてんねらいは

楽天らくてんが“だい4の携帯けいたい電話でんわ会社がいしゃ”として大手おおてしゃってはいるのは、低価格ていかかく料金りょうきんせばシェアをうばえるとかんがえているからです。

発表はっぴょう楽天らくてんは「より低廉ていれん利用りようしやすい携帯けいたい電話でんわ料金りょうきん実現じつげんする」として、低価格ていかかくのサービスを提供ていきょうし、大手おおてしゃ対抗たいこうしていく姿勢しせい鮮明せんめいにしています。そのうえで楽天らくてんは、国内外こくないがいおおくの会員かいいんかかえる通販つうはんサイトのポイントなどグループでがけているサービスとわせてさまざまな優遇策ゆうぐうさく顧客こきゃくかこんでいくかまえです。

そして携帯けいたい電話でんわ市場しじょうでおよそ10%にあたる1500まん人以上にんいじょうのユーザーの獲得かくとく目指めざすとしています。

一方いっぽう、「楽天らくてんモバイル」のブランドで展開てんかいしている格安かくやすスマホ事業じぎょうについて楽天らくてんは、ユーザーの選択肢せんたくしのこすため今後こんご事業じぎょう継続けいぞくする方針ほうしんです。

大手おおてしゃ圧倒的あっとうてきなシェア

総務省そうむしょうのまとめによりますと、ことし6月末がつまつ時点じてん携帯けいたい電話でんわやPHSなどの契約けいやく件数けんすうのシェアは、NTTドコモが39.7%、KDDIグループが27%、ソフトバンクグループが23.6%、格安かくやすスマホ事業者じぎょうしゃが9.7%となっています。

格安かくやすスマホ事業者じぎょうしゃのシェアは、平成へいせい26ねん月末がつまつには5%だったため、この3ねんでおよそ2ばいとなっていますが、依然いぜんとして大手おおて通信つうしんしゃ市場しじょう圧倒的あっとうてきなシェアをめる状況じょうきょうとなっています。

すすみにくかった価格かかく競争きょうそう

国内こくない携帯けいたい電話でんわは、昭和しょうわ60ねんにNTTが発売はつばいした肩掛かたかけタイプの「ショルダーホン」が登場とうじょうし、昭和しょうわ62年以降ねんいこう、「IDO」や「DDI」のグループなどが参入さんにゅうし、携帯けいたい電話でんわ各社かくしゃ競争きょうそう歴史れきしはじまりました。

その各社かくしゃ統廃合とうはいごうて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手おおてしゃ体制たいせいとなりました。

しかし、大手おおてしゃ実質的じっしつてき横並よこならびの料金りょうきん体系たいけいで、通信つうしん料金りょうきん高止たかどまりがつづいたことから、総務省そうむしょう平成へいせい26ねんに、ほかの事業者じぎょうしゃ回線かいせんさい使用料しようりょうげるよう業界ぎょうかいけの指針ししん見直みなおし、いわゆる「格安かくやすスマホ事業者じぎょうしゃ」が相次あいついで参入さんにゅうしました。

さらに総務省そうむしょう大手おおてしゃたいし、通信つうしん料金りょうきんげをもとめました。その結果けっか大手おおてしゃ格安かくやすスマホ事業者じぎょうしゃとのあいだ値下ねさげにつながる価格かかく競争きょうそうおこなわれましたが、去年きょねんがつ日本にっぽん通信つうしん個人こじん事業じぎょうから撤退てったい先月せんげつには、当時とうじ業界ぎょうかいだったフリーテルが業績ぎょうせき悪化あっか楽天らくてん事業じぎょう売却ばいきゃくするなど、格安かくやすスマホどうしの競争きょうそうはげしくなりました。

その結果けっか大手おおてしゃ格安かくやすスマホのあいだ価格かかく競争きょうそうすすみにくくなってきたことが課題かだいになっていました。

かん官房長官かんぼうちょうかん

かん官房長官かんぼうちょうかん午後ごご記者会見きしゃかいけんで、「携帯けいたい電話でんわ料金りょうきんについては、家計かけい支出ししゅつめる負担ふたん年々ねんねん増大ぞうだいしているほか、大手おおてしゃたようなプランや料金りょうきん設定せってい競争きょうそうはたらきにくくなっているなど、さまざまな問題もんだい指摘してきがあるとかんがえている」とべました。

そのうえですげ官房長官かんぼうちょうかんは、「現在げんざい総務省そうむしょうで、だい世代せだい携帯けいたい電話でんわけの周波数しゅうはすうてにけて指針案ししんあん検討中けんとうちゅうであり、個別こべつ事業者じぎょうしゃ動向どうこうについてコメントはひかえたいが、政府せいふとしては、市場しじょう公平こうへい公正こうせい競争きょうそうつうじて利用者りようしゃにとってプラスになるような料金りょうきん・サービスが実現じつげんしていくことを期待きたいしたい」とべました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。