うご年賀状ねんがじょう」スマホかざすと動画どうが再生さいせい AR技術ぎじゅつ活用かつよう

2017ねん12がつ14にち 2224ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

AR=とばれるIT技術ぎじゅつ活用かつようし、年賀状ねんがじょうにスマートフォンをかざすと動画どうが再生さいせいされる「うご年賀状ねんがじょう」が開発かいはつされ、15にちから松江市まつえし販売はんばいされます。

うご年賀状ねんがじょう」は、松江市まつえし日本にっぽん郵便ゆうびんやITサービスさーびす会社がいしゃ日本にほんユニシスゆにしす」などが共同きょうどう開発かいはつしたもので、松江まつえ歴史館れきしかん館内かんない設置せっちされた専用せんようのロボットにけられたカメラを使つかい、だれでもつくることができます。

利用者りようしゃがこのカメラでおもおもいに写真しゃしん動画どうが両方りょうほう撮影さつえいすると、写真しゃしんだけが印刷いんさつされた年賀状ねんがじょうがプリントアウトされます。

この年賀状ねんがじょうには一緒いっしょ撮影さつえいした動画どうが情報じょうほう記録きろくされ、スマートフォンをかざすと画面上がめんじょう動画どうが再生さいせいされる仕組しくみで、AR=拡張かくちょう現実げんじつばれるIT技術ぎじゅつ活用かつようされています。

うご年賀状ねんがじょう」は15にちから来年らいねんがつにちまで、2まいくみ500えん販売はんばいされる予定よていで、開発かいはつ参加さんかした松江市まつえし松浦まつうら市長しちょうは「年賀状ねんがじょう以外いがいにも季節きせつ便たよりなどさまざまな活用かつよう方法ほうほうかんがえられる。まずは今回こんかいおおくのひと体験たいけんしてもらい松江まつえ魅力みりょく発信はっしんしてほしい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。