国宝こくほう犬山城いぬやまじょう年末ねんまつ恒例こうれいのすすはら愛知あいち

2017ねん12がつ13にち 1458ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

「しゃちほこ」が、かみなりこわれた愛知県あいちけん犬山市いぬやまし国宝こくほう犬山城いぬやまじょうで、年末ねんまつ恒例こうれいのすすはらいがおこなわれました。

犬山城いぬやまじょうのすすはらいは、1年間ねんかんのほこりをとそうと毎年まいとしこの時期じきおこなわれていて、13日午前にちごぜんごろから観光かんこう協会きょうかい職員しょくいんにん作業さぎょうたりました。

職員しょくいんたちは、ながいものでは、7メートルにもなる先端せんたんに、ささをつけたたけ使つかって、屋根やね軒下のきしたはらったり、はりのうえなどにたまったほこりやくものとしたりしていました。

犬山城いぬやまじょうは、ことし天守てんしゅの「しゃちほこ」が落雷らくらいこわれましたが、写真しゃしんりたくなる「インスタえ」する場所ばしょもの発信はっしんちかられたこともあって、来場者らいじょうしゃすうは12にち時点じてんで54まん7204にんと、もっとおおかった去年きょねんをすでにおよそ1万人まんにん上回うわまわり、過去かこ最多さいたとなりました。

犬山城いぬやまじょう管理かんりする財団法人ざいだんほうじん成瀬なるせ淳子あつこ理事長りじちょうは「すすはらいがわりほっとしています。ことしは、しろ一部いちぶこわれるなど大変たいへんとしでした。来年らいねんも、いいことで注目ちゅうもくしてもらえるようにいろいろなことにみたいです」とはなしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。