京都 祇園 舞妓らが年末恒例の事始め

京都きょうと祇園ぎおんで、芸妓げいぎ舞妓まいこ師匠ししょうなどに一足早ひとあしはや新年しんねんのあいさつをする年末ねんまつ恒例こうれいの「事始ことはじめ」がおこなわれました。


京都 祇園 舞妓らが年末恒例の事始め

京都きょうとでは、12がつ13にち正月しょうがつむかえる準備じゅんびはじめる「事始ことはじめ」のとされていて、芸妓げいぎ舞妓まいこ師匠ししょうやなじみのみせ一足早ひとあしはや新年しんねんのあいさつにならわしがあります。

花街はなまちの1つ、祇園甲部ぎおんこうぶでは、京舞きょうまい井上いのうえりゅう家元いえもと井上いのうえ八千代やちよさんの稽古場けいこばはなやかな着物きものをまとった芸妓げいぎ舞妓まいこおとずれました。

鏡餅かがみもちならべられた部屋へやで、芸妓げいぎ舞妓まいこが「おめでとうさんどす。そうわりませず おたのもうします」とあいさつすると、井上いのうえさんは「おめでとうさんどす。きばってや」などとこえをかけて、おいわいの扇子せんす手渡てわたしていました。

舞妓まいこおうぎ(かつせん)さん(20)は「舞妓まいこ後輩こうはいあらたにはいったことでプレッシャーもあるかもしれませんが頑張がんばってくださいとこえをかけてもらいました。気持きもちをあらたに頑張がんばろうとおもいました」とはなしていました。

関連かんれんニュース

「あきた舞妓まいこ」6期生きせいのお披露目ひろめ

イージー・ニュース

京都きょうと 舞妓まいこたちがおどりの先生せんせい正月しょうがつのあいさつをする