11にち博多はかたから東京とうきょうかっていた東海道とうかいどう山陽新幹線さんようしんかんせん車両しゃりょう台車だいしゃ亀裂きれつはいっていたことがわかり、くに運輸うんゆ安全あんぜん委員会いいんかい重大じゅうだい事故じこにつながるおそれがあったとして、新幹線しんかんせんでははじめて重大じゅうだいインシデントに指定していし、調査ちょうさはじめました。


東海道とうかいどう山陽新幹線さんようしんかんせん博多はかたはつ東京とうきょうきの「のぞみ34ごう」は11にち途中とちゅう名古屋なごやえき車両しゃりょう台車だいしゃ亀裂きれつはいっているのがつかったほか、モーターの回転かいてん車輪しゃりんつたえる継手つぎて(つぎて)とばれる部品ぶひんげたように変色へんしょくしているのも確認かくにんされました。

このため、くに運輸うんゆ安全あんぜん委員会いいんかい重大じゅうだい事故じこにつながるおそれがあったとして重大じゅうだいインシデントに指定していし、12にち夕方ゆうがた事故じこ調査官ちょうさかんにん車両しゃりょうがある名古屋なごやえき派遣はけんし、調査ちょうさはじめました。

新幹線しんかんせんまっているJR名古屋なごやえきのホームでは、12にちよるくに運輸うんゆ安全あんぜん委員会いいんかい事故じこ調査官ちょうさかんとJRの担当者たんとうしゃらが、亀裂きれつつかった13号車ごうしゃ台車だいしゃなどにライトをててくわしい状況じょうきょう調しらべていました。

運輸うんゆ安全あんぜん委員会いいんかいによりますと、平成へいせい13ねん事故じこ調査ちょうさ委員会いいんかいができてから、新幹線しんかんせん事故じこは、新潟県にいがたけん中越ちゅうえつ地震じしんきた上越新幹線じょうえつしんかんせん脱線だっせん東日本ひがしにほん大震災だいしんさいでの東北新幹線とうほくしんかんせん脱線だっせんなどわせて5けんありますが、重大じゅうだい事故じこにつながるおそれがあったとして重大じゅうだいインシデントに指定していされたのははじめてだということです。


トラブルの経緯けいい

JR西日本じぇーあーるにしにほんによりますと、トラブルがあったのは博多駅はかたえきを11にち午後ごご33ふん出発しゅっぱつした東京駅とうきょうえきかう「のぞみ34ごう」でした。

「N700けい」の16りょう編成へんせいで、先頭せんとう部分ぶぶんが16号車ごうしゃ最後部さいこうぶが1号車ごうしゃです。博多駅はかたえき出発しゅっぱつし、最初さいしょ停車駅ていしゃえき小倉駅こくらえき出発しゅっぱつしたさいに、客室きゃくしつ乗務員じょうむいんなどから7号車ごうしゃか8号車ごうしゃ付近ふきんで「げたようなにおいがする」との申告しんこくがありました。

これをけて、車掌しゃしょう車内しゃない点検てんけんしたほか、岡山おかやまえき車両しゃりょう保守ほしゅ担当たんとう社員しゃいん乗車じょうしゃ調しらべたところ、13号車ごうしゃから14号車ごうしゃで、「うなりおん」が確認かくにんされました。この時点じてんでは走行そうこう支障ししょうがあるおとではないとして、のぞみごう運転うんてん継続けいぞく東京とうきょうかいました。

その京都駅きょうとえき付近ふきん車掌しゃしょう異臭いしゅうかんじたため名古屋なごやえき社員しゃいん車両しゃりょう床下ゆかした点検てんけんしたところあぶられを発見はっけんし、走行そうこう不可ふか判断はんだん名古屋なごやえき東京駅とうきょうえき区間くかん運休うんきゅうとなりました。

およそ1000にん乗客じょうきゃくべつ列車れっしゃえたということです。運転うんてんりやめた「のぞみ」は現在げんざい名古屋なごやえき停車ていしゃしたままになっていて、JR西日本じぇーあーるにしにほん今後こんご、この列車れっしゃ移動いどうしたうえで、くわしい原因げんいん調しらべることにしています。

JR西日本じぇーあーるにしにほんは「お客様きゃくさま大変たいへん迷惑めいわくをおかけしてもうわけございません」としています。

関連かんれんニュース

旅客機りょかっきのパネル落下らっか 走行中そうこうちゅうくるまにぶつかる 大阪おおさか

外国人がいこくじん旅行者りょこうしゃのレンタカー事故じこ増加ぞうか 各社かくしゃ対策たいさく強化きょうか

イージー・ニュース

新幹線しんかんせん車両しゃりょうしたにひびがつかる