南米なんべいおき太平洋たいへいようでことし7月以降がついこう海面かいめん水温すいおんひく状態じょうたいとなっていることから、気象庁きしょうちょうは11にち、「ラニーニャ現象げんしょう発生はっせいしているとられる」と発表はっぴょうしました。


「ラニーニャ現象げんしょう」は、南米なんべい・ペルーおき赤道せきどう付近ふきんひがし太平洋たいへいよう海面かいめん水温すいおんひくくなる現象げんしょうで、日本にっぽんふく世界せかい天候てんこう影響えいきょうおよぼすとかんがえられています。

気象庁きしょうちょう解析かいせきによりますと、この海域かいいきでは、ことし7がつから先月せんげつまでの5か月間げつかん海面かいめん水温すいおん平均値へいきんちが、基準きじゅんよりも0.5以上いじょうひくくなっていて、この状態じょうたい今後こんごつづくとられるということです。

このため、気象庁きしょうちょうは11にち、「ラニーニャ現象げんしょう発生はっせいしているとられる」と発表はっぴょうしました。

前回ぜんかい、「ラニーニャ現象げんしょう」が発生はっせいしたのは、7年前ねんまえ平成へいせい22ねんなつから翌年よくねんはるにかけてで、今回こんかい来年らいねんはるまでつづ可能性かのうせいがあるということです。

この現象げんしょうきると、日本にっぽんでは上空じょうくう偏西風へんせいふう蛇行だこうして寒気かんきながみやすくなり、ふゆ気温きおん平年へいねんよりひくくなる傾向けいこうがあるということです。

気象庁きしょうちょう気候きこう情報じょうほう廣澤ひろさわ純一じゅんいちエルニーニョ情報じょうほう管理官かんりかんは「このふゆ気温きおんがってさむさがつづき、ところによって大雪おおゆきになる可能性かのうせいがあるので、最新さいしん気象きしょう情報じょうほう注意ちゅういしてほしい」とはなしています。


「ラニーニャ現象げんしょう」になると…

気象庁きしょうちょうによりますと、「ラニーニャ現象げんしょう」が発生はっせいすると、日本にっぽんでは上空じょうくう偏西風へんせいふう蛇行だこうして寒気かんきながみやすくなって冬型ふゆがた気圧きあつ配置はいちつよまり、ふゆ気温きおん平年へいねんよりひくくなる傾向けいこうがあるということです。

このうち、11年前ねんまえの「平成へいせい18ねん豪雪ごうせつ」では、まえとし平成へいせい17ねん12がつから平成へいせい18ねんがつにかけてつよ冬型ふゆがた気圧きあつ配置はいちつづき、日本海側にほんかいがわ記録的きろくてき大雪おおゆきとなって150にんあまりが死亡しぼうしました。この原因げんいんの1つとされているのが「ラニーニャ現象げんしょう」で、気象庁きしょうちょう日本にっぽん付近ふきん偏西風へんせいふうみなみ蛇行だこうしたため、つよ寒気かんきながみやすくなり、冬型ふゆがた気圧きあつ配置はいちつよめる結果けっかとなったと分析ぶんせきしています。

「ラニーニャ現象げんしょう」が発生はっせいしたとられることしも、偏西風へんせいふう平年へいねんくらべて日本にっぽん付近ふきんみなみ蛇行だこうしていて、きたから寒気かんきながみやすい状態じょうたいとなっています。

このため気象庁きしょうちょうは、ふゆ気温きおん平年へいねんよりひくくなる傾向けいこうがあるとして、吹雪ふぶき大雪おおゆきによる交通こうつうへの影響えいきょうや、雪下ゆきおろしのさい転落てんらく落雪らくせつ注意ちゅういするとともに、最新さいしん気象きしょう情報じょうほう注意ちゅういしてはやめに対策たいさくるようびかけています。

関連かんれんニュース

九州きゅうしゅう四国しこく中国地方ちゅうごくちほう 各地かくち初雪はつゆき 交通こうつう影響えいきょうなど注意ちゅうい

しんきろうで“四角しかく太陽たいよう出現しゅつげん 北海道ほっかいどう 別海町べつかいちょう

うみ酸性化さんせいか地球ちきゅう全体ぜんたい急速きゅうそく進行しんこう 温暖化おんだんか拍車はくしゃ懸念けねん

イージー・ニュース

気象庁きしょうちょう「ラニーニャ現象げんしょうつづいてさむふゆになりそう」