ノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきがノルウェーでおこなわれ、核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく採択さいたくちからくしたICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンが受賞じゅしょうするとともに、広島ひろしま被爆ひばくしたサーロー節子せつこさんが被爆者ひばくしゃとしてはじめて演説えんぜつし、核兵器かくへいきをめぐり緊張きんちょうたかまるなかでも核廃絶かくはいぜつ目指めざすべきだと、力強ちからづようったえました。


ことしのノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきは、10にち、ノルウェーの首都しゅと、オスロの市庁舎しちょうしゃおこなわれました。

冒頭ぼうとう選考せんこう委員会いいんかいのベリト・レイス・アンデシェン委員長いいんちょうは、北朝鮮きたちょうせんによる核開発かくかいはつなどにれ、「核兵器かくへいき使つかわれる危険性きけんせいはかつてなくしている。わたしたちがるべきみち廃絶はいぜつすることだけだ」とべ、核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく採択さいたく貢献こうけんしたICANの功績こうせきをたたえました。

このあとICANのベアトリス・フィン事務じむ局長きょくちょうと、カナダ在住ざいじゅう広島ひろしま被爆者ひばくしゃで、ICANとともに活動かつどうしてきたサーロー節子せつこさん(85)が、記念きねんのメダルと賞状しょうじょうりました。

フィン事務じむ局長きょくちょう受賞じゅしょう演説えんぜつで、すべての核保有国かくほゆうこく世界せかい危険きけんにさらしており、日本にっぽんなどかくかさのもとにあるくに破壊はかい行為こうい加担かたんすることになると批判ひはんし、「核兵器かくへいきわらせるか、わたしたち人類じんるいわるかの、選択せんたくをしなければならない」とべすべてのくに核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく参加さんかすべきだとうったえました。

つづいてサーローさんが、13さいのとき被爆ひばくした当時とうじ体験たいけんかたり、大好だいすきだった4さいのおいがわりてた姿すがたくなったとして、いまも世界中せかいじゅうどもたちの生存せいぞんおどかす核兵器かくへいき絶対ぜったいあくだと強調きょうちょうしました。

そして、みずからはがれきの下敷したじきになって暗闇くらやみなかからだうごかしつづたすされたことをいに、「がれきのなかいた言葉ことばをいまみなさんにかえします。“あきらめるな、つづけろ、ひかりほうにはっていくんだ”」とうったえ、きびしい状況じょうきょうなかでも核廃絶かくはいぜつけたみをつづけなければいけないと、びかけました。

にん演説えんぜつわると、会場かいじょうにいた参加者さんかしゃ次々つぎつぎがり、しみない拍手はくしゅおくっていました。

一方いっぽう核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく反対はんたいするアメリカやロシアなどの核保有国かくほゆうこく大使たいし授賞式じゅしょうしき参加さんかせず、核兵器かくへいきをめぐる各国かっこく対立たいりつりになり、今回こんかいのノーベル平和賞へいわしょう世界せかい核軍縮かくぐんしゅくながれにどのような影響えいきょうおよぼすことになるのか、注目ちゅうもくされます。


各国かっこくからも歓迎かんげいこえ

<ruby>各国<rt data-ruby-level=かっこくからも歓迎かんげいこえ" />

ICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンがノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうしたことについて、ICANと協力きょうりょくして核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく推進すいしんしてきた各国かっこくからも、歓迎かんげいするこえがっています。

このうち、おととし核兵器かくへいき法的ほうてき禁止きんしすることを目指めざすとする文書ぶんしょ各国かっこくおくり、ICANとともに核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく交渉こうしょう主導しゅどうしたオーストリアのクルツ外相がいしょうは、「ノーベルのーべるしょう受賞じゅしょうこころから祝福しゅくふくする。今回こんかい授賞じゅしょうは、核兵器かくへいきのない世界せかい必要ひつようだという緊急きんきゅうのシグナルだ。そのはじめの一歩いっぽ禁止きんし条約じょうやくで、おおくのくに参加さんかすべきだ」とツイッターにみ、ICANの受賞じゅしょうをきっかけによりおおくのくに禁止きんし条約じょうやく参加さんかすべきだとびかけました。

ノーベルのーべるしょう授賞式じゅしょうしきにも参加さんかしたメキシコのビデガライ外相がいしょうは、「メキシコがICANとともに活動かつどうしてきたことをほこりにおもう。禁止きんし条約じょうやく署名しょめいするかどうかは、核兵器かくへいきわらせるか、わたしたち人類じんるいわるかの選択せんたくだ」とツイッターにみ、すべてのくに条約じょうやくへの署名しょめいびかけました。


ローマろーま法王ほうおう評価ひょうか

ローマ・カトリック教会きょうかいのフランシスコ法王ほうおうは10にち、バチカンのサンピエトロ広場ひろばあつまった信者しんじゃまえに、「ICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンへのノーベルのーべるしょう授与じゅよは、人権じんけんまもられるために核軍縮かくぐんしゅく必要ひつようであることをあきらかにした」とべ、核兵器かくへいき人道じんどうせい着目ちゃくもく禁止きんし条約じょうやく実現じつげん貢献こうけんしたICANがノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうしたことを評価ひょうかしました。

そのうえで、「かみわたしたちがともにらすまいをつくるため、ちからをあわせる能力のうりょくさずけてくださる」とべ、各国かっこく英知えいちくして核兵器かくへいき廃絶はいぜつむよう、びかけました。


被爆者ひばくしゃ授賞式じゅしょうしき見守みまも

<ruby>被爆者<rt data-ruby-level=ひばくしゃも授賞式じゅしょうしき見守みまもる" />

一方いっぽう、ノルウェーでおこなわれたノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしき会場かいじょうちかくにある博物館はくぶつかんには、現地げんち訪問中ほうもんちゅう広島ひろしま長崎ながさき被爆者ひばくしゃあつまり、インターネットの生中継なまちゅうけい式典しきてん様子ようす見守みまもりました。

ノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしき見届みとどけようと、広島ひろしま長崎ながさき被爆者ひばくしゃ20にんがノルウェーのオスロをおとずれていて会場かいじょうちかくの博物館はくぶつかんでICANの関係者かんけいしゃ観光客かんこうきゃくなどおよそ200にんとともにインターネットの生中継なまちゅうけい式典しきてん様子ようす見守みまもりました。

会場かいじょうには大型おおがたのスクリーンが設置せっちされ、あつまった被爆者ひばくしゃたちは、ICANのベアトリス・フィン事務じむ局長きょくちょう広島ひろしま被爆者ひばくしゃでカナダ在住ざいじゅうのサーロー節子せつこさんの演説えんぜつ拍手はくしゅおくりながら熱心ねっしんっていました。

日本にっぽん被団協ひだんきょうまき智之ともゆき代表だいひょう理事りじは「国連こくれん核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく採択さいたくされた以上いじょうに、今回こんかいのノーベル平和賞へいわしょう世界せかいけてつよいメッセージがおくられたとおもいます。日本にっぽんだけでなく世界中せかいじゅうでこのながれがおおきくなっていくことをわたしたちはねがっています」とはなしていました。

また、現地げんちおとずれた被爆者ひばくしゃなかで93さい最高齢さいこうれい齋藤さいとう政一まさいちさんは「ノーベルのーべるしょうというおおくのひと注目ちゅうもくする現場げんばることができたので、今後こんごおもいをあらたに証言しょうげん署名しょめいなどの活動かつどうつづけ、核兵器かくへいき廃絶はいぜつ実現じつげん世界せかいもとめていきたいです」とはなしていました。


サーロー節子せつこさんと日本にっぽん被団協ひだんきょう会見かいけん

ノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきおこなわれたあと、演説えんぜつった被爆者ひばくしゃ、サーロー節子せつこさんと、式典しきてん出席しゅっせきした日本にっぽん被団協ひだんきょう日本にっぽん原水爆げんすいばく被害者ひがいしゃ団体だんたい協議会きょうぎかい田中たなかひろし代表だいひょう委員いいん、それに藤森ふじもり俊希としき事務じむ局次長きょくじちょうが、そろって記者会見きしゃかいけんしました。

このなかでサーローさんは、授賞式じゅしょうしきでの演説えんぜつについて「長年ながねん核兵器かくへいき廃絶はいぜつかって活動かつどうしてきましたが、おおきな拍手はくしゅけておなおもいをするひとえたと、満足感まんぞくかん達成感たっせいかんかんじています」とかえりました。

そのうえで、「核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく反対はんたいするくに人々ひとびとにもメッセージをってもらい条約じょうやくへの参加さんか真剣しんけん検討けんとうしてほしいとおもいます。また受賞じゅしょうよろこびとともに、核廃絶かくはいぜつけて活動かつどうするおも責任せきにんかんじています」と、今後こんご活動かつどうつづける決意けついしめしました。

そして、かくかさのもとにある日本にっぽん姿勢しせいについて「アメリカへの密着みっちゃくぶりがつよくなっており、軍事的ぐんじてき強化きょうかされる方向ほうこうすすむのではないかとふるえるほどこわがっています。政府せいふ市民しみんがもっと対話たいわして核廃絶かくはいぜつへのみちさぐってほしい」と変化へんかうながしました。

また、日本にっぽん被団協ひだんきょう田中たなか代表だいひょう委員いいん授賞式じゅしょうしきについて「核兵器かくへいき禁止きんしして核兵器かくへいきのない世界せかいつくろうと、おなおもいで頑張がんばってきた仲間なかまねがいがいまここで実現じつげんしているとおもいました。被団協ひだんきょう名前なまえこそないものの、運動うんどうたか評価ひょうかされているんだなというおもいがした」とべました。

さらに、藤森ふじもり事務じむ局次長きょくじちょうは「演説えんぜつした2にんはなし出席しゅっせきしたひとたちのこころさぶりました。ノーベル平和賞へいわしょう今後こんご活動かつどう土台どだいにして、核兵器かくへいきのない世界せかい目指めざすために努力どりょくしたいとおもいます」と、今回こんかいノーベルのーべるしょう今後こんご活動かつどうかしたいというかんがえをしめしました。


サーロー節子せつこさん

サーロー<ruby>節子<rt data-ruby-level=せつこさん" />

カナダ在住ざいじゅう広島ひろしま被爆者ひばくしゃ、サーロー節子せつこさんは(85)13さいのとき広島ひろしま爆心地ばくしんちから1.8キロで被爆ひばくし、建物たてもの下敷したじきになり、たすされました。
原爆げんばくによって、あねや4さいのおいなど、親族しんぞくにんくしたほか、おな学校がっこう生徒せいと、351にんくなりました。

その半世紀はんせいき以上いじょうにわたって世界せかい各国かっこくおとず核兵器かくへいき廃絶はいぜつうったつづけ、近年きんねんではICANとともに国際こくさい会議かいぎなどで活動かつどうするようになり、ことし3がつ核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく交渉こうしょう会議かいぎでのスピーチは、条約じょうやく採択さいたく後押あとおししたと交渉こうしょう参加国さんかこくなどから評価ひょうかされています。

今回こんかい、ノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきでも、核廃絶かくはいぜつ機運きうんたかめたいというICANからの依頼いらい演説えんぜつおこなうことになり、ICANのメンバーと連絡れんらくをとりあいながら、1かげつ以上いじょうかけ演説えんぜつ内容ないようげてきました。

くるまいすで会場かいじょうはいったサーローさんは、広島ひろしまいえにあった着物きもの仕立したなおした衣装いしょう演説えんぜつのぞみ、すこしでも核廃絶かくはいぜつけたうごきにつなげたいと、原爆げんばくによる壊滅的かいめつてき被害ひがいについてかたりました。

サーローさんは手元てもと原稿げんこう一語いちご一語いちごたしかめるようにちからめて演説えんぜつし、原爆げんばく大好だいすきだった4さいのおいをくした体験たいけんかたったさいには、なみだなが参加者さんかしゃもいました。

サーローさんが20ふんちかくの演説えんぜつえると、会場かいじょう参加者さんかしゃ次々つぎつぎがり、しみない拍手はくしゅおくっていました。


平和へいわねがうパレード

<ruby>平和<rt data-ruby-level=へいわねがうパレード" />

ノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきのあと、オスロ市内しない中心部ちゅうしんぶでは、人々ひとびとがたいまつをもって平和へいわねがうパレードがおこなわれました。

パレードには、オスロ市民しみんのほか、広島ひろしま長崎ながさき被爆者ひばくしゃなども参加さんかし、市内しない中心部ちゅうしんぶ数百すうひゃくメートルをあるきました。参加者さんかしゃたちは、平和賞へいわしょう受賞じゅしょうしたICANにちなんで、「Yes、ICan」などと口々くちぐちさけびながら、核兵器かくへいき廃絶はいぜつねがっていました。


ノーベル平和賞授賞式 被爆者も演説

そして最後さいご到着とうちゃくした広場ひろばにあるホテルのテラスに、ICANのベアトリス・フィン事務じむ局長きょくちょう授賞式じゅしょうしき演説えんぜつした被爆者ひばくしゃのサーロー節子せつこさんが姿すがたせると、おおきな拍手はくしゅ歓声かんせいがわきこりました。

パレードに参加さんかした広島ひろしま被爆者ひばくしゃまき智之ともゆきさんは(75)「これから日本にっぽんかえってもっと核廃絶かくはいぜつうったえ、きているうちに核廃絶かくはいぜつ実現じつげんしたい」とはなしていました。

また、オスロ市民しみん男性だんせいは「わたしたちが政治家せいじかうごかして核兵器かくへいきのない世界せかいつくっていきたい」とはなしていました。


河野こうの外相がいしょう核廃絶かくはいぜつのゴールは共有きょうゆう

河野こうの外務がいむ大臣だいじんは、10にちよる談話だんわ発表はっぴょうし、「国際こくさいNGO、ICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンが推進すいしんした核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくは、日本にっぽん政府せいふのアプローチとはことなるが、核廃絶かくはいぜつというゴールは共有きょうゆうしている。今回こんかい受賞じゅしょう契機けいきに、国際こくさい社会しゃかい核軍縮かくぐんしゅく不拡散ふかくさんけた認識にんしき機運きうんたかまることをよろこばしくおもう」としています。

そのうえで、「日本にっぽん安全保障あんぜんほしょう環境かんきょうきびしさをなか国民こくみん生命せいめい財産ざいさんまも政府せいふ責務せきむはますますおもいものとなっている。北朝鮮きたちょうせんによるかくやミサイル開発かいはつをはじめとした安全保障あんぜんほしょうじょう脅威きょうい適切てきせつ対処たいしょしながら、地道じみちに、現実的げんじつてき核軍縮かくぐんしゅく前進ぜんしんさせる道筋みちすじ追求ついきゅうしていく必要ひつようがある」としています。

そして、河野こうの大臣だいじんは「核軍縮かくぐんしゅくすすかたをめぐっては、国際こくさい社会しゃかい立場たちばちがいが顕在化けんざいかしている。日本にっぽんは、核兵器かくへいき保有国ほゆうこく保有国ほゆうこく安全保障あんぜんほしょう環境かんきょうことなる保有国ほゆうこくあいだ信頼しんらい関係かんけい再構築さいこうちくし、保有国ほゆうこくんで、現実的げんじつてきかつ実践的じっせんてきみをねばづよすすめていく。先月せんげつ広島市ひろしまし開催かいさいした、核兵器かくへいき廃絶はいぜつけた『賢人けんじん会議かいぎ』などをつうじて、核兵器かくへいきのない世界せかい実現じつげんけて着実ちゃくじつ前進ぜんしんしていく決意けついだ」としています。


官房長官かんぼうちょうかん核軍縮かくぐんしゅく機運きうんたかまるのはよろこばしい」

かん官房長官かんぼうちょうかん午前ごぜん記者会見きしゃかいけんで、「日本にっぽん政府せいふのアプローチとはことなるが、核廃絶かくはいぜつというゴールは共有きょうゆうしている。ノーベル平和賞へいわしょう契機けいき国際こくさい社会しゃかい核軍縮かくぐんしゅく不拡散ふかくさんけた認識にんしき機運きうんたかまることはよろこばしい」とべました。
そのうえですげ官房長官かんぼうちょうかんは「被爆者ひばくしゃ方々かたがた核兵器かくへいきのない世界せかい実現じつげん被爆ひばく実情じつじょう世界せかいつたえる活動かつどうまれており、その努力どりょくたいあらためて敬意けいいひょうしたいし、今回こんかい授賞式じゅしょうしき被爆者ひばくしゃ方々かたがた参加さんかされたことは意義深いぎぶかいとおもう」とべました。

一方いっぽうすげ官房長官かんぼうちょうかんは「核兵器かくへいき人道じんどうせいきびしい安全保障あんぜんほしょう環境かんきょうたいする冷静れいせい認識にんしきのもと、核兵器かくへいきくに核兵器かくへいきくに双方そうほうはたらきかけ、『核兵器かくへいきのない世界せかい』という理想りそうけて1着実ちゃくじつちかづく現実的げんじつてきなアプローチが必要ひつようだ。核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくはこうしたわがくにのアプローチとことなるものであり、署名しょめい批准ひじゅんおこなわないかんがえだ」とべました。


広島ひろしま 核兵器かくへいき廃絶はいぜつけた機運きうんたかまりに期待きたいこえ

ノルウェーのオスロでおこなわれたノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしき被爆者ひばくしゃ出席しゅっせきしたことについて、広島市ひろしまし平和公園へいわこうえんでは、核兵器かくへいき廃絶はいぜつけた機運きうんがさらにたかまることへの期待きたいこえかれました。

このうち2さいとき広島ひろしま被爆ひばくした75さい男性だんせいは「被爆者ひばくしゃ演説えんぜつをはじめ、広島ひろしま悲惨ひさん状態じょうたい遺品いひんなり写真しゃしんなりでてもらったこともよかったとおもいます。わたしちいさかったので被爆ひばく記憶きおくはありませんが、なかには80さい、90さい健在けんざい被爆者ひばくしゃもいるので、これからも広島ひろしまから発信はっしんつづけていくことが大切たいせつだとおもいます」とはなしていました。

また広島市ひろしまし中区なかくの40だい女性じょせいは「アメリカのオバマ前大統領ぜんだいとうりょう広島ひろしま訪問ほうもんして以来いらい外国人がいこくじん観光客かんこうきゃくえていますが、今回こんかい受賞じゅしょうをきっかけにさらにたくさんのかた広島ひろしまおとずれてもらい、平和へいわにつながればいいとおもいます。核兵器かくへいきをなくす方向ほうこうすこしでもすすむことを期待きたいしています」とはなしていました。

広島市ひろしまし中区なかくの32さい女性じょせいは「ICANの関係者かんけいしゃだけでなく被爆者ひばくしゃ参加さんかしたことに意義いぎがあるとおもいます。被爆地ひばくち広島ひろしまでしかできないことがあるので、核兵器かくへいき廃絶はいぜつをこれからもうったつづけないといけないとかんじました」とはなしていました。


長崎ながさき 核兵器かくへいきなくすスタートに

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく採択さいたくちからくしたICAN=核兵器かくへいき廃絶はいぜつ国際こくさいキャンペーンがノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうするとともに、広島ひろしま被爆ひばくしたサーロー節子せつこさんが被爆者ひばくしゃとしてはじめて授賞式じゅしょうしき演説えんぜつしたことについて、母親ははおや被爆者ひばくしゃだという長崎市ながさきしの66さい男性だんせいは「広島ひろしま長崎ながさき原爆げんばく投下とうかされた被爆国ひばくこくとしてかく悲惨ひさんさ、かく使用しようしないという精神せいしん世界せかいひろめていく意味いみ被爆者ひばくしゃ演説えんぜつ意義いぎあるもので核兵器かくへいきをなくすためのスタートになるとおもいました。ただ、授賞式じゅしょうしきかく保有ほゆうする国々くにぐに大使たいし参加さんかしなかったのは、核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやくをめぐる国際こくさい情勢じょうせいきびしさをかいまがしました」とはなしていました。

また、長崎市ながさきし平和公園へいわこうえんおとずれていた23さい男性だんせいは「ぼくらが核兵器かくへいき使用しようをやめろとうより、被爆者ひばくしゃ国際こくさい舞台ぶたいうったえるほうがかたちがうので、授賞式じゅしょうしきでの演説えんぜつおおきな前進ぜんしんだとかんじました。被爆地ひばくち長崎ながさきおとずれ、これ以上いじょう身近みぢかひと家族かぞくうしなうような核兵器かくへいきはなくしていかなければいけないとかんじています」とはなしていました。

関連かんれんニュース

核禁条約かくきんじょうやく不参加ふさんか裏切うらぎり」ノーベル平和賞へいわしょうのICAN

核兵器かくへいき禁止きんし条約じょうやく 国連こくれん署名しょめいしき 50のくに地域ちいき署名しょめい

イージー・ニュース

ノーベル平和賞へいわしょうしき広島ひろしま被爆ひばくしたひとはな