将棋しょうぎ羽生はぶ善治よしはる棋聖きせい竜王りゅうおうせん七番ななばん勝負しょうぶせいして通算つうさん期目きめとなる竜王りゅうおうのタイトルを獲得かくとくし、永世えいせい竜王りゅうおう資格しかくました。これで現在げんざい7つある将棋しょうぎ永世えいせい称号しょうごう資格しかくをすべて獲得かくとくし、前人未到ぜんじんみとうの「永世えいせい七冠ななかん達成たっせいたしました。


将棋しょうぎ永世えいせい称号しょうごうは、おなじタイトルを一定いってい回数かいすう獲得かくとくした棋士きしあたえられ、羽生はぶ善治よしはる棋聖きせい現在げんざい7つある永世えいせい称号しょうごうのうちすでに6つのタイトルで資格しかくていて、のこ永世えいせい竜王りゅうおう獲得かくとく条件じょうけんとなる通算つうさんまであと1せまっていました。

その永世えいせい竜王りゅうおうをかけて渡辺わたなべ明二あきじかんいど竜王りゅうおうせん七番ななばん勝負しょうぶは、ここまで羽生はぶさんが3しょうはいとリードし、4にちから鹿児島県かごしまけん指宿市いぶすきしだいきょくおこなわれました。

渡辺わたなべさんは将棋界しょうぎかい最高峰さいこうほう竜王りゅうおうのタイトルを11獲得かくとくしてただ1にん永世えいせい竜王りゅうおう資格しかくていて、羽生はぶさんはこれまでにも2永世えいせい七冠ななかんをかけて渡辺わたなべさんとの竜王りゅうおうせんいどみましたが、いずれもやぶれていました。

対局たいきょくは5日午前にちごぜん再開さいかいされ、羽生はぶさんは優勢ゆうせいこますすめて渡辺わたなべさんのまもりをくずし、午後ごご23ふん、87までで渡辺わたなべさんが投了とうりょうしました。

羽生はぶさんは竜王りゅうおうのタイトルを奪還だっかんするとともに永世えいせい竜王りゅうおう資格しかく獲得かくとくし、7つの永世えいせい称号しょうごうをすべて獲得かくとくするという前人未到ぜんじんみとう永世えいせい七冠ななかん達成たっせいたしました。

さらに、通算つうさん獲得かくとくタイトルすうを99として、おなじく前人未到ぜんじんみとう大記録だいきろくとなる100大台おおだい王手おうてをかけました。


永世えいせい七冠ななかん達成たっせい「まだ実感じっかんがない」

羽生はぶさんは対局たいきょくのあと「シリーズがわってほっとしています。めていかないとぎゃく主導権しゅどうけんにぎられてしまうとおもって、おもいきっていきました」と対局たいきょくかえりました。

そして、前人未到ぜんじんみとう永世えいせい七冠ななかん達成たっせいについては、「まだわったばかりで、実感じっかんがないです」とはなしていました。


ずっと1にん時代じだいつくってきたあか

将棋しょうぎの「永世えいせい称号しょうごう」は、おなじタイトルを一定いってい回数かいすう獲得かくとくした棋士きしあたえられます。これはタイトルたいとるせんにおける「殿堂でんどうり」のようなもので、たとえばもっと歴史れきしなが名人戦めいじんせんでは、通算つうさん獲得かくとくした棋士きしに「永世えいせい名人めいじん」の称号しょうごうあたえられ、引退後いんたいごなどに木村きむら義雄よしお四世よんせい名人めいじん大山おおやま康晴やすはる五世ごせい名人めいじんなどとばれることになります。

かつて永世えいせい名人めいじん世襲制せしゅうせいとなっていた時代じだいがありましたが、いまはすべて実力じつりょくせいとなっていて、永世えいせい称号しょうごうあたえられる条件じょうけんは、「通算つうさん」のほか、「連続れんぞく」や「通算つうさん10」などとタイトルによってことなります。

これまでに実力じつりょくせい永世えいせい称号しょうごうを1つでも獲得かくとくした棋士きしはわずか10にんで、タイトルを一定いってい回数かいすう獲得かくとくしてやっとることができる永世えいせい称号しょうごうは、いわば「歴史れきしのこ名棋士めいきし」のあかしとえます。

羽生はぶさんと同世代どうせだい自身じしん永世えいせい棋聖きせい資格しかく日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめい会長かいちょう佐藤さとう康光やすみつだん羽生はぶさんの偉業いぎょうについて、「永世えいせい称号しょうごうは、1つでもられれば、一時代いちじだいつくったというあかしとなりますが、羽生はぶさんの『永世えいせい七冠ななかん』の場合ばあいは、はつタイトルをってから30ねんちかくにわたって、ずっと1にん時代じだいつくってきたというあかしだとかんじます。今後こんごあらわれるかどうかもわからないくらいの大変たいへん記録きろくです」とはなしています。

また、羽生はぶさんのつよさについては、「羽生はぶさんくらいの年齢ねんれいになると豊富ほうふ経験けいけんをもとに勝負しょうぶしようとする棋士きしおおいのですが、羽生はぶさんからは、つねあたらしい手法しゅほうれて若手わかてともおうという気持きもちをつよかんじます。もともと基本的きほんてき技術ぎじゅつがほかの棋士きしよりひとけていた印象いんしょうはありますが、なによりも、そのちから持続じぞくさせるための努力どりょくおこたらなかったことがいま羽生はぶさんをつくっているとおもいます」と理由りゆう分析ぶんせきしていました。


棋士きしたちから祝福しゅくふくのコメント

将棋しょうぎ羽生はぶ善治よしはるさんが前人未到ぜんじんみとう永世えいせい七冠ななかん達成たっせいしたことについて、棋士きしたちから祝福しゅくふくのコメントがせられています。

自身じしん永世えいせい棋聖きせい資格しかくつ、日本にっぽん将棋しょうぎ連盟れんめい会長かいちょう佐藤さとう康光やすみつだんは、「前人未到ぜんじんみとう偉大いだい記録きろくあらためて敬意けいいひょうします。どんなきびしい環境かんきょう状況下じょうきょうかにおかれてもそれをれ、たたかつづける姿勢しせいには畏敬いけいねんにたえません。これからも体調たいちょうにご留意りゅういされ、ますますのご活躍かつやく祈念きねんいたします」とコメントしています。

永世えいせい名人めいじん資格しかくつ、谷川たにがわ浩司こうじだんは、「永世えいせい称号しょうごうひとつだけでも大変たいへんなのに、ななつすべてとはしんじられません。羽生はぶさんのくなき好奇心こうきしん探究心たんきゅうしんが、47さいになっても若手わかて最新型さいしんがたでぶつかり姿勢しせいにつながっているのでしょう。相手あいて得意とくいかたちみ、相手あいてもよい内容ないよう将棋しょうぎなかで、結果けっかつづけるのがすごいとおもいます。こころよりおよろこびもうげます」とコメントしています。

羽生はぶさんにいでおおい5つの永世えいせい称号しょうごう中原なかはらまこと六世ろくせい名人めいじんは、「永世えいせい七冠ななかんおめでとうございます。羽生はぶさんのたゆまぬ努力どりょく敬意けいいひょうします。45さいをすぎてからは、さすがの羽生はぶさんもタイトルたいとるせん苦労くろうすることがおおいようですが、そのなかでの大記録だいきろく達成たっせい立派りっぱだとおもいます。これからの一年いちねん一年いちねんにも注目ちゅうもくしたいとおもっています」とコメントをせました。

また、史上しじょう最多さいたの29連勝れんしょう達成たっせいした中学ちゅうがくねん藤井ふじい聡太そうた四段よだんは、「竜王りゅうおう奪取だっしゅそして永世えいせい七冠ななかん獲得かくとく、おめでとうございます。『永世えいせい七冠ななかん』という言葉ことばおもみに羽生はにゅう先生せんせいげてこられたもののおおきさをあらためてかんじています。今後こんごますますのご活躍かつやく期待きたいしています」とコメントしています。

さらに、ことし6がつ現役げんえき引退いんたいした加藤かとう一二三ひふみだんは「覇者はしゃとして将棋界しょうぎかいをけんいんつづけて30余年よねん。たぐいまれなる才能さいのうをたゆまぬ努力どりょくにより開花かいかさせた羽生はぶさんが、ついに前人未到ぜんじんみとう金字塔きんじとうてられたことに最大限さいだいげん賛辞さんじおくりたいとおもいます。今後こんご活躍かつやくをますますたのしみにしております」としています。

このほか、囲碁いごかいでただ1にん七冠ななかん独占どくせんを2かいにわたってげている井山いやま裕太ゆうた七冠ななかんからもコメントがせられ、「ながきにわたり結果けっかのこつづけられるそのお姿すがたに、敬服けいふくいたしております。今後こんご健康けんこう留意りゅういされ、わたしふくめたおおくの人々ひとびと目標もくひょうでありつづけていただければとおもいます」とメッセージをおくっています。

イージー・ニュース

将棋しょうぎ羽生はぶ善治よしはるさんが「永世えいせい」の称号しょうごうを7つ全部ぜんぶもらう