日系にっけい企業きぎょう進出しんしゅつ相次あいつぐミャンマーで、日本語にほんご能力のうりょくはか試験しけんおこなわれ、現地げんち日系にっけい企業きぎょう日本にっぽんでの就職しゅうしょく希望きぼうする1万人まんにんえるひとたちが試験しけんのぞみました。


この試験しけん日本語にほんご母国語ぼこくごとしないひと対象たいしょうに、国際こくさい交流こうりゅう基金ききん毎年まいとしかい世界せかい各地かくちおこなっているもので、ミャンマーの最大さいだい都市としヤンゴンでは過去かこ最大さいだいのおよそ1まん6000にんもうみました。

会場かいじょうには日本語にほんご教科書きょうかしょにした受験者じゅけんしゃ次々つぎつぎあつまり、緊張きんちょうした表情ひょうじょう問題もんだい用紙ようしると、合図あいずとともに一斉いっせい問題もんだいはじめました。

ミャンマーでは2011ねん軍事ぐんじ政権せいけんから民政みんせい移管いかんしたあと、日系にっけい企業きぎょう進出しんしゅつ相次あいついでいるほか、最近さいきんではよりたか賃金ちんぎんもとめて日本にっぽんでの就職しゅうしょく希望きぼうするひとえているということです。このため日本語にほんご試験しけん受験じゅけんもうひとかずは、6年前ねんまえの10倍以上ばいいじょうえていて、主催しゅさいする団体だんたいでは、今後こんご試験しけん回数かいすうやすことも検討けんとうしているということです。

試験しけんけたヤンゴンにある日系にっけい企業きぎょうはたらく27さい男性だんせいは「仕事しごとのあとや日曜日にちようび勉強べんきょうしています。日本語にほんご上達じょうたつさせることで経営けいえいなどにもかかわりたいです」とはなしていました。