台湾たいわんでは、東京電力とうきょうでんりょく福島ふくしまだい原発げんぱつ事故じこのあと6年以上ねんいじょうがたったいま福島県ふくしまけんなどの食品しょくひんたいする輸入ゆにゅう規制きせいつづいていますが、復興ふっこうけた福島ふくしま人々ひとびとみを理解りかいしてもらおうというもよおしがひらかれ、入場者にゅうじょうしゃが1万人まんにん突破とっぱするなどおおきな反響はんきょうんでいます。


このもよおしは、台湾たいわん原発げんぱつ事故じこのあと福島ふくしまなど5けん食品しょくひん輸入ゆにゅう規制きせいつづなか現在げんざい福島ふくしま県内けんない様子ようす復興ふっこうけたみなどが十分じゅうぶんつたえられていないとして社会しゃかい問題もんだい台湾たいわん団体だんたいひらいたものです。

台北たいぺい会場かいじょうには、もよおしに協力きょうりょくした台湾たいわんの6つの団体だんたいのメンバーが福島県ふくしまけん富岡町とみおかまち川内村かわうちむらなど県内けんない各地かくち実際じっさいおとずれて撮影さつえいした写真しゃしん動画どうがなどおよそ70てんならべられています。

このうち、動画どうがでは、まち帰還きかんしたひと津波つなみおっとくした高齢者こうれいしゃ女性じょせいのインタビューのほか、現地げんちおとずれたメンバーが福島ふくしま人々ひとびと姿すがた台湾たいわんつたえたいとなみだをこぼしながらかた様子ようすおさめられています。

おとずれた60だい女性じょせいは「自信じしんって福島ふくしまきる人々ひとびと姿すがた本当ほんとう感動かんどうした。一度いちどってみたいとおもった」とはなしていました。

今回こんかいもよおしは、展示てんじ開始かいしから5にちかん入場者にゅうじょうしゃが1万人まんにん突破とっぱするなどおおきな反響はんきょうんでいます。

主催者しゅさいしゃは、今後こんご動画どうがをインターネットで公開こうかいし、福島ふくしま復興ふっこうについてつづ発信はっしんしていくことにしていて、台湾たいわん原発げんぱつ事故じこ復興ふっこうたいする理解りかいすすむきっかけになることを期待きたいしているということです。

イージーニュース