北朝鮮きたちょうせんがアメリカ本土ほんど射程しゃていれる可能性かのうせい指摘してきされる弾道だんどうミサイルを発射はっしゃしたことをけて、国連こくれん安全保障あんぜんほしょう理事会りじかい緊急きんきゅう会合かいごうひらかれ、アメリカがすべての国連こくれん加盟国かめいこくたい北朝鮮きたちょうせんとのあらゆる関係かんけいつようびかけたのにたいして、中国ちゅうごくとロシアは北朝鮮きたちょうせん人道じんどう状況じょうきょう考慮こうりょすべきなどと主張しゅちょうし、双方そうほう立場たちばちがいが際立きわだかたちとなりました。


北朝鮮きたちょうせんによる弾道だんどうミサイルの発射はっしゃけて、国連こくれん安保理あんぽりでは日本にっぽん時間じかんの30にちあさ日本にっぽん、アメリカ、韓国かんこく要請ようせいもとづいて緊急きんきゅう会合かいごう公開こうかいひらかれました。

アメリカのヘイリー国連こくれん大使たいしは「すべてのくに北朝鮮きたちょうせんとのあらゆる関係かんけいつことをもとめる」とべ、すべての国連こくれん加盟国かめいこくたい北朝鮮きたちょうせんとの外交がいこう経済上けいざいじょう関係かんけいつようびかけました。
さらに、「北朝鮮きたちょうせん今回こんかいのミサイル発射はっしゃ世界せかい戦争せんそうちかづけた。かり戦争せんそうきれば、北朝鮮きたちょうせん体制たいせい完全かんぜん破壊はかいされる」とべ、北朝鮮きたちょうせんつよくけんせいしました。

これにたいして、中国ちゅうごくくれ海涛かいど国連こくれん次席じせき大使たいしは、制裁せいさい北朝鮮きたちょうせん市民しみん生活せいかつ人道じんどう支援しえん悪影響あくえいきょうおよぼすべきではないとべ、ロシアのネベンジャ国連こくれん大使たいしも、北朝鮮きたちょうせん経済けいざい圧迫あっぱく人道じんどう状況じょうきょう悪化あっかさせてはならないとべました。

北朝鮮きたちょうせん弾道だんどうミサイルがアメリカ本土ほんど射程しゃていれる可能性かのうせい指摘してきされるなか、アメリカが国際こくさい社会しゃかいにかつてなくきびしく北朝鮮きたちょうせん対応たいおうするようもとめたのにたいし、中国ちゅうごくとロシアがけんせいして立場たちばちがいが際立きわだかたちとなり、国際こくさい社会しゃかい結束けっそくして北朝鮮きたちょうせんへの圧力あつりょく強化きょうかできるのか、なお予断よだんゆるさない状況じょうきょうです。


日本にっぽん 国連こくれん大使たいし最大限さいだいげん圧力あつりょくを」

国連こくれん安保理あんぽり緊急きんきゅう会合かいごうで、日本にっぽん別所べっしょ国連こくれん大使たいしは「今回こんかい挑発ちょうはつは、北朝鮮きたちょうせん核開発かくかいはつあきらめる用意よういまったくないことにくわえ、意味いみのある対話たいわもどることにも関心かんしんないことをこれまでになく明確めいかくにした。わたしたちには、北朝鮮きたちょうせん最大限さいだいげん圧力あつりょくをかけて政策せいさく変更へんこうさせ、非核化ひかくかかわせるために協力きょうりょくする以外いがい選択肢せんたくしはない」とべ、国際こくさい社会しゃかい結束けっそくして圧力あつりょくをさらにつよめるべきだというかんがえを強調きょうちょうしました。


ちゅう 対話たいわ自制じせいもとめる

国連こくれん安保理あんぽり緊急きんきゅう会合かいごうで、中国ちゅうごくくれ海涛かいど国連こくれん次席じせき大使たいしは「最優先さいゆうせん課題かだいは、各国かっこく自制じせいたもつとともに完全かんぜんかつ厳格げんかく安保理あんぽり制裁せいさい履行りこうし、北朝鮮きたちょうせんとの早期そうき対話たいわ再開さいかいけて努力どりょくすることだ。現状げんじょうでは、安保理あんぽり平和的へいわてき外交的がいこうてき手段しゅだんとおして問題もんだい解決かいけつし、朝鮮半島ちょうせんはんとう平和へいわ安定あんていたもつことをうながすという歴史的れきしてき責任せきにんたす必要ひつようがある」とべ、軍事的ぐんじてき圧力あつりょくではなく対話たいわつうじた事態じたい打開だかいあらためてもとめました。

ロシアのネベンジャ国連こくれん大使たいしは「北朝鮮きたちょうせんによるあらたな安保理あんぽり決議けつぎ違反いはんふか失望しつぼうをもたらすものだ」とべたうえで、「すべての関係国かんけいこくたがいに挑発ちょうはつすることをやめ、緊張きんちょうをさらにたかめないためにできることすべてを実行じっこうしなければならない。北朝鮮きたちょうせんにはミサイルと核実験かくじっけん停止ていしすることをつよ要請ようせいするとともに、アメリカと韓国かんこくには、すでに一触即発いっしょくそくはつ状況じょうきょう刺激しげきすることにつながる大規模だいきぼ合同ごうどう軍事ぐんじ演習えんしゅうつつしむようもとめる」とべ、米朝べいちょうそれぞれに自制じせいもとめました。

さらに、ちゅう両国りょうこくは、北朝鮮きたちょうせんへの制裁せいさい人道じんどう支援しえん悪影響あくえいきょうおよぼしたり人道じんどう状況じょうきょう悪化あっかさせてはならないとして、共通きょうつう立場たちばしめ制裁せいさい強化きょうかけたうごきをけんせいしました。


官房長官かんぼうちょうかん日米韓にちべいかん主導しゅどうちゅうとも連携れんけい

かん官房長官かんぼうちょうかん午前ごぜん記者会見きしゃかいけんで、「わがくにとしては、しょ懸案けんあん包括的ほうかつてき解決かいけつけてどのような圧力あつりょく強化きょうかもっと効果的こうかてきかという観点かんてんからかんがえ、日米韓にちべいかん主導しゅどうし、中国ちゅうごく・ロシアとも連携れんけい協力きょうりょくをしながら真剣しんけん検討けんとうしていきたい。わがくには12がつ安保理あんぽり議長国ぎちょうこくになる予定よていであり、この機会きかいをしっかり活用かつようしていきたい」とべました。

また、アメリカのトランプ大統領だいとうりょう中国ちゅうごく習近平しゅうきんぺい国家こっか主席しゅせきたいして北朝鮮きたちょうせんたいする原油げんゆ供給きょうきゅう停止ていしもとめたことについて、「きのうの日米にちべい電話でんわ首脳しゅのう会談かいだんにおいても、日米にちべい両国りょうこく北朝鮮きたちょうせん圧力あつりょくをかけていくうえで中国ちゅうごくがさらなる役割やくわりたすよううながすことで一致いっちしている。わがくにとしてはつづ中国ちゅうごくみを注視ちゅうしするとともに中国ちゅうごくやロシアに建設的けんせつてき役割やくわりもとめていきたい」とべました。

イージー・ニュース

ミサイルを発射はっしゃした北朝鮮きたちょうせんについて国連こくれん会議かいぎひら