どもの名前なまえ人気にんき おとこは「はると」おんなは「さくら」

2017ねん11がつ28にち 1620ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

ことしまれたどもの名前なまえもっとおおかったのは、おとこが、太陽たいようの「」に飛翔ひしょうの「しょう」というわせて「はると」と名前なまえなどで、おんなは、「く」に「い」といて「さくら」と名前なまえなどになっているという調査ちょうさがまとまりました。

この調査ちょうさは、生命保険せいめいほけん大手おおての「明治めいじ安田生命やすだせいめい」が契約者けいやくしゃ対象たいしょう毎年まいとしおこなっていて、今回こんかいは、ことしまれた1まん6300にんあまりのどもの名前なまえ調しらべました。

このうち、おとこもっとおおかった名前なまえおなかずで3つがならび、太陽たいようの「」に飛翔ひしょうの「しょう」をわせて「はると」や「ひなと」などと名前なまえのほか、悠々ゆうゆうの「ゆう」に真実しんじつの「しん」をわせて「ゆうま」や「はるま」などと名前なまえ

それに、悠々ゆうゆうの「ゆう」と「ひと」をわせて「ゆうと」や「はると」などと名前なまえでした。

一方いっぽうおんなもっとおおかった名前なまえも2つがおなかずならび、「く」に「い」といて「さくら」や「さら」と名前なまえと、「むすぶ」にはなの「」をわせて「ゆいな」や「ゆな」などと名前なまえでした。

また、名前なまえかたでは、おとこが9ねん連続れんぞくで「はると」がもっとおおく、2番目ばんめが「そうた」と「ゆうと」でした。

おんなは、「さくら」がはじめてトップになり、2番目ばんめが「ゆい」、3番目ばんめが「あかり」でした。

調査ちょうさした生命保険せいめいほけん会社がいしゃは、「景気けいきあかるいきざしもえるなか着実ちゃくじつ力強ちからづよくおおらかにそだってほしいというおやねがいにくわえて、2020ねん東京とうきょうオリンピックにけて、日本にっぽん代表だいひょうするはなの1つである『さくら』が意識いしきされているのではないか」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。