インフルエンザの患者かんじゃ突然とつぜんはししてマンションから転落てんらくしたりあばれたりする異常いじょう行動こうどうが8年間ねんかんに400けんあまきていたことが厚生労働省こうせいろうどうしょう調査ちょうさでわかりました。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、患者かんじゃ極力きょくりょくにんにせず、高層階こうそうかいんでいる場合ばあいまど玄関げんかん施錠せじょうするなどの注意点ちゅういてんをまとめ、全国ぜんこく自治体じちたい通知つうちしました。


厚生労働省こうせいろうどうしょうによりますと、インフルエンザの患者かんじゃ突然とつぜんはししたりあばれたりする異常いじょう行動こうどうは、さくシーズンしーずん54けん報告ほうこくされ、平成へいせい21年以降ねんいこうのおよそ8年間ねんかんではすくなくとも404けんのぼっています。なかでも未成年みせいねん異常いじょう行動こうどう目立めだち、317けん全体ぜんたいの78%をめています。

また死亡しぼうしたひとは、ことし2がつ東京とうきょう品川区しながわく治療薬ちりょうやく服用後ふくようごにマンションの4かいから転落てんらくした男子だんし中学生ちゅうがくせいなど、8年間ねんかんわせて8にんのぼっています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、インフルエンザが流行りゅうこうはいるのをまえに、患者かんじゃ事故じこふせぐための注意点ちゅういてんをまとめ、27にち全国ぜんこく自治体じちたい通知つうちしました。このなかでは、インフルエンザと診断しんだんされてからすくなくとも2日間にちかん極力きょくりょくにんにしないよう注意ちゅういするほか、マンションやアパートの場合ばあいまど玄関げんかん施錠せじょうし、ベランダにめんしていない部屋へやかせるようびかけています。また、戸建こだ住宅じゅうたく場合ばあい、できるだけ1かい部屋へや療養りょうようしてほしいとびかけています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうによりますと、インフルエンザの患者かんじゃが「タミフル」や「リレンザ」などの治療薬ちりょうやく服用ふくようしたあとに異常いじょう行動こうどうこすケースが相次あいついで報告ほうこくされていますが、くすりとの因果いんが関係かんけいはわかっておらず、服用ふくようしていなくても異常いじょう行動こうどうきたケースもあるということです。このため厚生労働省こうせいろうどうしょうは、くすり服用ふくようのあるなしにかかわらず注意ちゅうい必要ひつようだとしています。


息子むすこくした母親ははおや

12年前ねんまえ平成へいせい17ねんがつ当時とうじ中学ちゅうがく年生ねんせいだった愛知県あいちけん知立市ちりゅうし秦野はたの皓平こうへいさん(当時とうじ14さい)はインフルエンザにかかったあと、マンションの9かいから転落てんらくしてくなりました。

母親ははおや竜子たつこさんによりますと、皓平こうへいさんは高熱こうねつてインフルエンザと診断しんだんされ、病院びょういんからかえってきたあと、こうウイルスういるすやくの「タミフル」を服用ふくようし1にん自分じぶん部屋へややすんでいました。

母親ははおや竜子たつこさんはべつ部屋へやにいて、玄関げんかんのドアがひらおとがしたため皓平こうへいさんの部屋へやきましたが姿すがたはなく、そとはじめて転落てんらくしたことにづいたということです。

皓平こうへいさんは、はだしで玄関げんかんき、10メートルほど通路つうろすすんだあとに、たかさ1メートル20センチのすりをえて転落てんらくしたとられています。

皓平こうへいさんは中学校ちゅうがっこう野球部やきゅうぶ所属しょぞくし、あかるい性格せいかく友達ともだちおおく、母親ははおや竜子たつこさんは自分じぶん意思いしりたとは絶対ぜったいかんがえられないとしています。

竜子たつこさんは当時とうじ、インフルエンザの患者かんじゃ異常いじょう行動こうどうこすことがあることをまったりませんでした。竜子たつこさんは「異常いじょう行動こうどうのことをっていればひとりぼっちにさせなかったとおもいます。息子むすこ大切たいせついのち犠牲ぎせいになったのにもかかわらず、毎年まいとしおなじような被害ひがいていることはとてもつらい」とはなしています。


専門家せんもんかだれにでもきうる」

インフルエンザにくわしい川崎市かわさきし健康けんこう安全あんぜん研究所けんきゅうじょ岡部おかべ信彦のぶひこ所長しょちょうは「患者かんじゃまどからすなどの異常いじょう行動こうどうは、発熱はつねつして24時間じかんから48時間じかん以内いないることがおおい。とくに10歳前後さいぜんごおとこおおるという特徴とくちょうはあるが、だれにでもきる可能性かのうせいはある。治療薬ちりょうやく服用ふくようしたらあぶなくて使つかわなければ大丈夫だいじょうぶということではないので、家族かぞくなかでインフルエンザにかかったひと場合ばあいは、まどかぎをかけるなど事故じこふせ対策たいさくかならってほしい」とはなしています。


ワクチンとどくまで時間じかんかかる見通みとお

いまシーズンは、インフルエンザワクチンの製造せいぞう開始かいし例年れいねんよりもおくれ、一部いちぶ医療いりょう機関きかんからは「必要ひつようかずのワクチンがとどいていない」というこえがっています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうによりますと、ワクチンの製造量せいぞうりょう当初とうしょさくシーズンしーずん使用量しようりょう100万本ひゃくまんぼんあま下回したまわるおそれがありましたが、そのかくメーカーが製造量せいぞうりょうやし、さくシーズンしーずんとほぼおなりょう供給きょうきゅうできる見通みとおしがたったということです。

ただ、一部いちぶ地域ちいきでは、希望者きぼうしゃにワクチンがとどくまでに時間じかんがかかるおそれもあり、厚生労働省こうせいろうどうしょうおおくのひとはやめにワクチンを接種せっしゅできるよう、13歳以上さいいじょうひと原則げんそく、1かいだけの接種せっしゅにしてほしいとびかけています。

イージー・ニュース

インフルエンザになったひと異常いじょう行動こうどうねんで404けん