東京とうきょうらす外国人がいこくじんとの交流こうりゅうふかめようと、さまざまなくにおどりや衣装いしょう紹介しょうかいするイベントが、東京とうきょう千代田区ちよだくひらかれています。


東京とうきょう多文化たぶんかフェス」と名付なづけられたこのイベントは、都内とないにおよそ52万人まんにんらす外国人がいこくじん文化ぶんかってもらおうと東京都とうきょうとはじめて企画きかくし、秋葉原駅あきはばらえきちかくにある会場かいじょうには、さまざまなくに文化ぶんか体験たいけんできるコーナーがもうけられています。

このうち、ステージではインドいんどじんグループによる民族みんぞく舞踊ぶよう披露ひろうされ、音楽おんがくわせてうでこしおおきくりながらおど姿すがた会場かいじょうからおおきな拍手はくしゅおくられていました。

また、民族衣装みんぞくいしょう試着しちゃくできるコーナーでは、ベトナムやエジプトなどの15種類しゅるい衣装いしょう用意よういされ、おとずれた家族かぞくれが中国ちゅうごく雲南省うんなんしょう少数民族しょうすうみんぞく衣装いしょう記念きねん撮影さつえいをしていました。

さいむすめ一緒いっしょ試着しちゃくした練馬区ねりまくの37さい女性じょせいは「ふだんることができないすてきな衣装いしょうなので、いいおもになりました」とはなしていました。

このもよおしは26日午後にちごごまで、千代田区ちよだく外神田そとかんだのベルサール秋葉原あきはばらひらかれています。